スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

言い出しっぺが後始末をしないふがいなさ~ジョルジュ・ルオーの名前を10回言うCM問題第3弾

2019年6月15日から7月21日まで、宮崎県立美術館で開催されている『ジョルジュ・ルオー展』。

美術館館長自らが出演して、ジョルジュ・ルオーの名前を10回、早口言葉で連呼するCM。

 何かの罰ゲームかのように必死でジョルジュ・ルオーの名前を言うも、最後辺りで名前を間違えてしまうという大失態を演じて、顔がゆがむ館長。

 最後に、館長が「心に響く魂の色彩、ジョルジュ・ルオー展」と言って終わる。

 すでにこのCMはテレビでは流れなくなってしまいましたが、ご覧になられた方も多いのではないかと思います。


前回、第2弾記事では、作品をお借りしているパナソニック汐留美術館(東京都)は、このジョルジュ・ルオーの名前を10回言うCMは知らなかったということをお伝えしました。


 その後、7月10日にジョルジュ・ルオー展の実行委員会が開催され、今回の件についてどう対応するかが協議されたようです。

 恥ずかしながら私は第5腰椎滑り分離症が再発し、2日間ほどをベッドの上で過ごしました。その間に、宮崎県立美術館から電話が何度もかかっていました(申し訳ございません。)


 本日7月12日、宮崎県立美術館に電話をしました。


 その冒頭の通話内容を書き起こしました。


---------------------------------------------
(前略)

お伝えしていたとおり、関係者で実行委員会の関係者で集まって、協議したところでした。

パナソニック汐留美術館さんのほうには、大谷様がご連絡していたとおりのことで、パナソニック汐留美術館としてもCMについては良いと思っていないのでということで、そこについては対処してください。こちらでの申し入れもございまして、予定していたものについては放映を取りやめた、ということと

今回、いろいろ、パナソニック汐留美術館様にご心配とご迷惑をおかけしているといったこととか、お話し申し上げまして、ご対応いただいたのは川上副館長さんですけれども、承知いたしました、というようなことで、一回お伝えしました。

今後、ルオー展に関するいろいろな告知、紙媒体とか映像に関わらず、しっかりとお互いに確認していきましょう。ということでご了解いただいたところでございます。

今回、いろいろ大谷様のほうからご指摘をいただいている内容等についてですね、おかしいと思われる部分であるとか、…
最近の投稿

パナソニック汐留美術館は 知らなかった。~ジョルジュ・ルオーの名前を10回言うCM問題第2弾

2019年6月15日から7月21日まで、宮崎県立美術館で開催されている『ジョルジュ・ルオー展』。

 美術館館長自らが出演して、ジョルジュ・ルオーの名前を10回、早口言葉で連呼するCM。

 何かの罰ゲームかのように必死でジョルジュ・ルオーの名前を言うも、最後辺りで名前を間違えてしまうという大失態を演じて、顔がゆがむ館長。

 最後に、館長が「心に響く魂の色彩、ジョルジュ・ルオー展」と言って終わる。

 すでにこのCMはテレビでは流れなくなってしまいましたが、ご覧になられた方も多いのではないかと思います。

 前回の記事『ジョルジュ・ルオーを10回言う~心に響かない宮崎県立美術館のCM』にも書きましたが、

①ジョルジュ・ルオーを10回言うことによる効果が不明瞭
②20世紀フランス絵画の巨匠に対して敬意を払っているのか
③このCMに教育的配慮、美術館としてのセンス、芸術性があるのか

の3点を指摘しました。
 その結果なのかは分かりませんが、前回の記事(7月5日)以降、このCMは流れなくなりました。
 これまでの宮崎県立美術館への電話取材で、美術館の職員は、「出来上がったCMについては、何の異議も出なかった。四本館長もOKを出した。当然パナソニック汐留美術館にも観てもらったが、何もなかった」と話していました。
 そのことを確認するために、パナソニック汐留美術館に尋ねたところ、驚くべき回答が。
 パナソニック汐留美術館の担当の方によると、事前に提出があったCMについては確認しているが、

この『ジョルジュ・ルオーを10回言うCM』については確認していない

とのことでした。
 また、

名前を間違えること自体あってはならないこと


として、宮崎県立美術館へ事実を確認するとのことです。

 ジョルジュ・ルオーの作品をお借りしているにもかかわらず、なぜか、『ジョルジュ・ルオーを10回言うCM』については、パナソニック汐留美術館には見せてはいなかったようです。
 それが意図的だったのかどうかについては、今後取材を行っていきますが、教育的な配慮を行わなければならない宮崎県立美術館および宮崎県教育委員会生涯学習課の対応には、大いにおかしいと言わざるを得ません。
 宮崎県教育委員会生涯学習課は、「今後は、このようなことがないようにしていきます」と話していますが、まだ、今回の件は終わりではありません。

ジョルジュ・ルオーを10回言う~心に響かない宮崎県立美術館のCM

2019年6月15日から7月21日まで、宮崎県立美術館で『パナソニック汐留美術館コレクション ジョルジュ・ルオー展 ~心に響く魂の色彩~』が開催されています。

-----------------------------
 ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault, 1871年5月27日 - 1958年2月13日)は、フォーヴィスムに分類される19世紀~20世紀期のフランスの画家。

 ルオーは、パリの美術学校でアンリ・マティスらと同期だったこともあり、フォーヴィスムの画家に分類されることが多いが、ルオー本人は「画壇」や「流派」とは一線を画し、ひたすら自己の芸術を追求した孤高の画家であった。(ウィキペディアより)
-----------------------------

20世紀フランス絵画の巨匠として紹介されるジョルジュ・ルオーの作品の多くはパナソニック汐留美術館に収蔵され、その代表作である油彩画の『キリスト』など103点が公開されています。

そのような芸術作品に多くの宮崎県民に触れてもらうために、毎日のように『ジョルジュ・ルオー展』のCMが流れています。

後援の一つである地元テレビ局のアナウンサーによるジョルジュ・ルオー作品の解説CMを観ると、ジョルジュ・ルオー展に行きたくなるのですが、中には目を疑うCMも・・・。


ジョルジュ・ルオーを10回言うCM
それはなんと、宮崎県立美術館のCMです。

15秒程度の短いCMで、宮崎県立美術館の四本 孝館長が自ら出演するというものです。その流れがは以下の通り。


スタッフ「館長、ジョルジュ・ルオー10回言ってください。」
     (何を言っているか分からなかったので、あとで字幕が付く。)


四本館長「ジョルジュ・ルオー、ジョルジュ・ルオー、・・・」

    「・・・、ジョルジュ・ジオー」

(少し間があって)

四本館長「心に響く魂の色彩、ジョルジュ・ルオー展」


というもの。

このCM、「四本館長に親しみが持てる」などの感想が県立美術館に寄せられているとのことですが、元公立小学校教員である私にしてみれば、おおいに「?」が付くCMです。

それは、

①ジョルジュ・ルオーを10回言うことによる効果が不明瞭
②20世紀フランス絵画の巨匠に対して敬意を払っているのか
③このCMに教育的配慮、美術館としてのセンス、芸術性があるのか


そこで、県立美…

【宮崎発未解決事件】2003(平成15)年6月4日宮崎市橘通MRTミック前における爆発物使用事件

宮崎県にもいくつか未解決事件がありますが、2003(平成15)年6月4日に発生しました「宮崎市橘通MRTミック前における爆発物使用事件」も未解決のままです。


 あれから16年が経とうとしています。

 この事件について、県民の間で語られることが少なくなり、地元メディアでも伝えなくなってしまいました。

 平成から令和に年号が変わりましたが、宮崎県警察本部は、現在も捜査を続けています。


 犯人がネットカフェで、爆弾製造に関する情報を入手でしていたことまでは追跡できたとのことですが、それ以上は分からなかったようです。


  日付が6月4日なだけに、当時は、「中国人の仕業か?」とも噂されていましたが、今となっては分かりません。


 宮崎県警察本部では、情報提供を呼びかけています。


宮崎市橘通MRTミック前における爆発物使用事件


 情報提供をよろしくお願いいたします。

『選挙割』にはご注意ください。

統一地方選も後半。宮崎市でも宮崎市議会議員選挙が行われています。そのようななかで、宮崎青年会議所が『宮崎センキョ割』を発表。宮崎市内の100を超える店舗が参加するとのこと。

私も過去に『選挙割』を考えて、選挙管理委員会と相談したことがありますが、断念した経緯があります。何が問題なのか、お話をしたいと思います。

【参考資料】
宮崎市議選に合わせ「センキョ割」


お得なサービス「宮崎センキョ割」4月21日は宮崎市議会議員選挙に投票しよう!


宮崎市で始まったセンキョ割とは?お得なサービスを受けられるお店も紹介


宮崎市議選で「センキョ割」 市内の100以上の加盟店で実施へ


日本国憲法第15条


秘密投票


投票済証明書


















 センキョ割には関係なく、投票には出かけましょう。



宮崎市高岡町一里山地区のシバザクラ

2019年4月18日。見頃を過ぎたような感じですが、宮崎市高岡町一里山地区のシバザクラです。

どうぞご覧ください。

道順付きです。


YouTube Premium に学割プラン導入!

Google傘下のYouTubeは、2019年4月2日、YouTube Musicの有料プランYouTube Music Premiumと、YouTube Musicに加えてYouTubeの動画も広告なしで楽しめるYouTube Premiumで、学割プランの提供を開始しました。

オーストラリア、ブラジル、カナダ、日本、英国、メキシコ、ニュージーランド、ロシアの各国。

学割プランの場合、YouTube Music Premiumの月額は通常980円(税込)のところ480円(税込)に、YouTube Premiumの月額は通常1180円(税込)のところ680円(税込)です。

学割プランの対象となるのは、認証システム『SheerID』に対応する高等教育機関(高校や大学など)に在籍する学生です。

詳細な情報は、下記をご覧ください。

YouTube Premium と YouTube Music Premium の学割プランのお知らせ



SheerdIDのサイトは英語ですが、学校等で確認されると良いかと思います。


私も YouTube Premium を利用していますが、現時点では、YouTube Music 以外にも Google Play Music も利用できています。

今のところ、利用に際しては問題はありません。

学生の皆さん、どうぞ学割をご利用ください。


平成31年 宮崎神宮 神事流鏑馬

2019年4月3日。宮崎神宮(宮崎市)におきまして、毎年恒例の「神事流鏑馬」が行われました。約230メートルの馬場に、3つの的が置かれています。およそ1200人が訪れ、的が射抜かれると大きな歓声が起きました。 神事流鏑馬は鎌倉武士の装束に身を固めた騎馬武者たちが、馬を疾駆して大弓で的を射る古神事です。新緑の神苑にくり広げられる勇壮華麗な春のこの神事は、さながら一幅の絵を見るように、なつかしい国振りの歴史を再現しくれます。    古く、日向の国は  真蘇我よ、蘇我の子等は 馬ならば日向の駒よ  太刀ならば呉の真刀 諾哉 蘇我の子等を  大君の使はすらしき(日本書紀)  と推古天皇の御代の豊明に謳われ、良駿の産地でありました。流鏑馬の発祥は詳らかではありませんが、神武天皇さま御東遷前の故地で、古来敬神尚武の気風篤く、古武道精神の精髄ともいうべき流鏑馬が盛大に催されたことは当然でありました。  神武さまの流鏑馬は、昭和15年紀元2600年を慶祝して復興されましたが、中世の頃には、秋のみのりの豊穣に湧き立つ農民たちが、大勢集って「ヤクサミ」という競べ馬を催す神事に変化しておりました。天保年間に高木正朝という紀伊の国人が著した「日本古義」に  日向國宮崎神武天皇御祭禮の流鏑馬を見物せり。  凡馬数千七八百騎に餘れり。二十騎或三十騎ばかり、  馬の鼻を隻べて相図を聞くと等しく一度に駆出す。  其の 疾き事矢の飛ぶが如く、雄々しき事又比ばむものなし。 是吾が神武國のいさをしなるべし。 とあって、すでに草競馬に変化していたことがうかがわれますが、花の武道精神と土の匂いのする農耕の御祭とがめでたく結びついた、我が国ぶりの神事であるといわなければなりません。 ・出典「宮崎神宮『神事流鏑馬』」


本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年度が始まりました。  また、新しい元号が『令和』に決まりました。  良い響きの言葉ですね。個人的には『和』が入って良かったと思います。  さて、新年度、私も新しいことに挑戦していきたいと思います。  これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Google+が終わる前にBloggerのプロフィール変更を!

すでにご存知のように、2019年4月2日以降、Google+(グーグルプラス)を利用することができなくなります。もうすぐですね。

Google+に保存していたコンテンツ等のダウンロードは終わっても、他に忘れていることはありませんか?
そうです。Google+と紐付けされている他のGoogleサービスのことです。

YouTube等では、特にユーザーが設定する必要はありませんが、Googleのブログサービスである『Blogger』のプロフィールをGoogle+からBloggerに切り替える必要があります。

今回はそのお話をしたいと思います。

---------------------------------------------

ということで、このブログのことです。

すでに、プロフィールをGoogle+からBloggerに変更しましたが、変更しないでそのままにしているとどうなるんでしょうね?

ま、自動的にBloggerのプロフィールに切り替わるのかもしれませんが。

Bloggerをご利用の方は、対応されておいたほうがよさそうですね。

どうぞよろしくお願いいたします。