スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

平成31年 新春のみそぎ 青島神社 裸まいり

毎年恒例の神事、『新春の禊 青島神社 裸まいり』が、宮崎市青島で行われました。 【裸まいりとは】 裸まいりは、毎年旧暦の12月17日(現在は1月の成人の日)に行われる冬の例祭です。 この風習は、その昔に山幸彦が海神宮からご帰還されたおり、村人があわててお出迎えの衣類をまとう暇がなく、普段着を脱ぎ裸のままお出迎えしたという古事記から起こったものです。 毎年400人を超える老若男女が青島神社の前の海岸で禊ぎを行い、身を清めて参拝するこの裸まいりは、全国的にもきわめて珍しいもので、貴重な祭りです。 平成24(2012)年から青島神社の「神事」としての原点回帰が行われ、また、記紀編さん1300年を記念して「前夜祭」も行われるようになりました。 裸まいりに1回参加しますと、「千日益がある」と言われています。 【平成最後の裸まいり】 今年2019年は、3歳から74歳までの男女499人が参加しました。最遠方は群馬県からの参加ですす。 海外のジャーナリストさんが、YouTube Liveでこの裸まいりのことを伝えていました。 気温12℃、水温12℃(午前9時)、北寄りの風が吹いていましたが、その後気温が上がり、体感気温は暖かく、天気に恵まれた裸まいりでした。 21世紀になり私たちの生活はますます便利になっていきますが、そのなかで失われてきたモノも少なくありません。 このような私たち日本人としての伝統的な文化、神事等は後世に伝えていかなければなりません。 今後も地域の伝統的な文化、神事等を積極的に記録し、広く皆さんにお届けしたいと思います。 今年も良いみそぎができました。  どうぞ、動画をご覧ください。 【お詫び】 気温上昇のため、使用していましたSONYのアクションカムの防水ハウジング内に熱がこもり、レンズが曇っています。見えにくい映像となっていることをお詫びいたします。

最近の投稿

平成31年 新春のみそぎ 青島神社 裸まいり前夜祭「神楽祭」

宮崎市青島の青島神社で、「新春のみそぎ 青島神社裸まいり」の前夜祭として、神楽が奉納されました。 【これまでの流れ】 青島裸まいりの前夜には、青島神社において、神楽が奉納されていました。しかしながら、ここ数十年、青島裸まいりの前夜の神楽は途絶えています。 平成24(2012)年、記紀編さん1300年を記念して、約40年ぶりに青島裸まいりの前夜に神楽が奉納されるようになりました。 青島神社の神楽は、伊勢神楽で工藤祐経の六代の子孫伊東祐持が日向の都於郡に下向したときに、長友家の先祖阿倍弥三郎がこれに従って伝えました。その後、一時衰えていたのを、天正15(1587)年伊東藩が成立した際、長友玄藩が復興したと伝えられています。 浦島太郎の伝説が残る野島神社に伝わる「野島神楽」は、宮崎市無形文化祭に指定されていて、500年の伝統を誇ります。 野島神楽は、伊勢神楽の系統で「降臨の舞」と「里舞」とで成り立ちます。四方を踏むことが基本とされ、太鼓の音も六拍子のリズムが基本で勇壮活発な舞です。古くより加江田神社と共演していましたが、寛文2(1662)年の外所(とんところ)地震以降、野島に残し舞い継がれ、33番のうち22番が伝承されています。 また、野島神社の神楽面は、他地方のものとは違う風貌を備えていて、500年ほど前、明国より入手したものと伝えられています。 【収録内容】 ~修祓~ 第1部 ・雅楽「越天楽」 ・神前神楽「朝日舞」 ・神前神楽「寿の舞」 ・神前神楽「浦安の舞」 第2部 ・野島神楽「入れん鬼神」 ・野島神楽「星降ろし」 21世紀になり私たちの生活はますます便利になっていきますが、そのなかで失われてきたモノも少なくありません。 このような私たち日本人としての伝統的な文化、神事等は後世に伝えていかなければなりません。 今後も地域の伝統的な文化、神事等も積極的に記録し、広く皆さんにお届けしたいと思います。 そして、平成最後となります。  どうぞ、ご覧ください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

旧年はいろいろとお世話になりました

 今年もどうぞよろしくお願いいたします



「沖縄・辺野古 土砂投入中止署名」私も署名しました。

R.K氏が2018年12月8日に開始した「沖縄・辺野古 土砂投入中止署名」運動。

 30日以内に10万筆が集まると、アメリカ政府が内容を検討し、60日以内に何らかの返答をします。

 日本でも有名人、著名人をはじめ多くの方が署名し、12月18日午後に10万筆に達しました。

 30日までにはまだまだ日数があるので、もっと多くの署名をアメリカ政府へ届けましょう。

 もちろん、私も署名しました。 【署名サイト】 Stop the landfill of Henoko / Oura Bay until a referendum can be held in Okinawa





渦中のとろサーモン、宮崎県知事選コマーシャルに!!

お笑いタレント・とろサーモンの久保田かずのぶさんによる上沼恵美子さんへの批判が、芸能界で問題になっている。

 そのようななか、とろサーモンとして、12月23日投開票の宮崎県知事選のコマーシャルに出ている。

 久保田さんは宮崎市(旧宮崎県宮崎郡清武町)出身、同じく相方の村田さんも宮崎市出身。

 宮崎ブーゲンビリア空港、宮崎物産館等に2人の銅像ができるなど、宮崎県では言わずと知れた有名人である。





 宮崎県選挙管理委員会の話によれば「若者の選挙離れ、投票離れを食い止めるために、知名度のあるとろサーモンにお願いした」とのこと。

 しかし、宮崎県知事選の告示日(12月6日)以前の今月2日に問題は起きた。

 「問題が起きたことは、把握しているが、そのことに対して県選管があれこれと言える立場ではない」と県選管。

 さらに、

 「現時点では、このまま(とろサーモンが出ている)CMを流す」としている。


 選挙と言えば、「清き一票を!」とか「清廉潔白」という言葉がつきもので、これは立候補者だけではなく、選挙運動にかかわる人々にも言えることである。

 とろサーモンの久保田さんの問題は把握していると県選管は話すものの、「公職選挙」という性格上、とろサーモン出演のCMを取り下げるか、そのまま流すかについては、現時点では対応は考えていないとのことである。

 記者の考えすぎなのかも知れないが、このままCMを流しても確かに問題はないのかもしれない。

 宮崎県選挙管理委員会によると、現時点ではネットメディアからの問い合わせは来ていないとのことである。

 もしかすると、これがとろサーモンの最後の仕事かもしれない。



 なお、CMはYouTubeでも公開され、上記以外に2パターンがある。


【前日篇】





【当日篇】





 果たして、これらの動画を観た若者たちが、投票所へ足を運ぶのだろうか。


交通マナーの悪いホワイト急便

11月6日午後4時30分、大淀、福島町から大塚町方面へ向かう道路で、私の直後で車間距離を詰め、ハンドルを左右に切って車体を揺らせ、早く行けと煽っただけではなく、不規則な車線変更、幅寄せ、速度超過とやりたい放題の車が・・・。

この運転手、いつもこのような運転をしているのでしょうか?

交通事故を招きかねない状況でした。交通事故を未然に防ぐという観点から、公表します。

ホワイト急便・小松工場の「ち・320」です。

このような運転をしている車に積まれている洗濯物、クリーニング物がかわいそうですよね。

このナンバーの車に出会った方は、どうぞ、近寄らないでください。

一応、ホワイト急便・小松工場及びホワイト急便のフランチャイズ本部へは連絡済みです。


連日、交通マナー、交通事故に関するニュースが流れている中で、会社の看板を背負って走っている車が、交通マナーに反するような運転をすること自体、自分で会社の信頼を失墜させているようなものですね。

ホワイト急便の全ての運転手が悪いわけではなく、一部の問題が会社全体に影響を及ぼすということを、組織人は認識すべきです。

でも、交通事故に巻き込まれなくて良かったです。

平成30年度宮崎神宮大祭「神武さま」(復路)

2018年10月28日、宮崎の秋の風物詩、宮崎神宮大祭の復路が執り行われました。通称「神武さま」の愛称で親しまれている宮崎神宮大祭御神幸祭は、明治9年から始まった140年あまりの歴史を誇る宮崎を代表する祭りです。 【宮崎神宮御神幸祭】  神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることができないため、「せめて一年に一度御神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したことが始まりです。明治9年から始まり、明治42年頃から今のような形式になったと言われています。 今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継がれてきた神武さまを、これからも絶やすことなく後世へ残していきたいものです。(「宮崎神宮 神武さま」パンフレットより) 【御神幸行列】 ・御獅子 ・稚児行列 ・御鳳輦 ・稚児行列 ・流鏑馬 ・宮崎神宮摂社皇宮神社こども神輿 【神賑行列】 ・宮崎学園高等学校吹奏楽部 ・アマテラス(天照大御神) ・日向木剣踊り ・神武天皇東征「おきよ丸」 ・神武こども太鼓こども獅子 ・神々のパレード ・姉妹都市・奈良県橿原市 ・三股町立三股中学校吹奏楽部 ・細島みなと祭り・太鼓台 ・ミスシャンシャン馬 ・人力車レディ ・宮崎市立久峰中学校吹奏楽部 ・宮崎まつり百景「青島臼太鼓踊り」 ・宮崎県立宮崎農業高等学校吹奏楽部 ・宮崎まつり百景「小園臼太鼓踊り」 ・南部九州高校総体2019 PR隊 ・JC太鼓

平成30年度宮崎神宮大祭「神武さま」(往路)

2018年10月27日、宮崎の秋の風物詩、宮崎神宮大祭の往路が執り行われました。通称「神武さま」の愛称で親しまれている宮崎神宮大祭御神幸祭は、明治9年から始まった140年あまりの歴史を誇る宮崎を代表する祭りです。

【宮崎神宮御神幸祭】
 神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることができないため、「せめて一年に一度御神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したことが始まりです。明治9年から始まり、明治42年頃から今のような形式になったと言われています。

今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継がれてきた神武さまを、これからも絶やすことなく後世へ残していきたいものです。(「宮崎神宮 神武さま」パンフレットより)


【御神幸行列】
・御獅子
・稚児行列
・流鏑馬
・御鳳輦
・稚児行列
・流鏑馬

【神賑行列】
・宮崎学園高等学校吹奏楽部
・アマテラス(天照大御神)
・日向木剣踊り
・神武天皇東征「おきよ丸」
・神武こども太鼓こども獅子
・神々のパレード
・小林市立小林中学校吹奏楽部
・有縁交流都市・秋田県大仙市
・高岡町たかふさ保育園
・細島みなと祭り・太鼓台
・青島臼太鼓踊り
・宮崎市立本郷中学校吹奏楽部
・下長飯ジャンカン馬
・日向ひょっとこ踊り
・ミスシャンシャン馬
・人力車レディ
・宮崎県立宮崎西高等学校・附属中学校吹奏楽部
・JC太鼓




神武さま前の準備中のテントが強風に煽られるもけが人なし。

2018年10月27日12時40分ごろ、宮崎神宮大祭『神武さま』関連のイベントの準備をしていたテントが、テントを押さえていた「おもし」ごと5メートルほど飛ばされました。テントは、車道の右折レーンに落ちましたが、幸いにもけが人はありませんでした。


私が横断歩道を渡った直後に、交通事故か!と思うような大きな音とともに飛ばされたようです。宮崎の秋の風物詩、宮崎神宮大祭、通称『神武さま』の往路の御神幸行列が行われる前で、かなり人は多かったのですが、幸いにもけが人はありませんでした。





日向十五夜まつり2018~2日目のパレード~

2018年10月6、7日、宮崎県日向市で行われました「日向十五夜まつり」の2日目のパレードの模様の一部です。

タイムラプスでお祭りの様子も撮影しています。

どうぞご覧ください。



県北三大祭りのひとつに数えられる日向十五夜祭りは、富高八幡宮の祭礼がルーツといわれています。その創建の由来は約800年前、壇ノ浦の戦いにまでさ かのぼります。椎葉に逃げ落ちた平家の落人を追って日向富高までやってきた、那須与一、工藤祐経の二人の武将が、士気を鼓舞するために鎌倉の鶴ケ岡八幡宮 から勧請してこの地に創建したもの。その後、五穀豊穣の祈願と収穫感謝のためのお祭りが続けられ、中秋の名月の日に行われていたことから「十五夜さん」と 呼ばれるようになったようです。(日向商工会議所HPより)

日向商工会議所