スキップしてメイン コンテンツに移動

Googleトップレベルユーザープログラム




【2016年8月15日更新】


 2016年8月3日から5日まで、東京のGoogle日本本社で「TCMeetupTokyo2016」が行なわれました。


 Googleの「トップレベルユーザープログラム」に参加しているTC(トップレベルユーザー)、RS(注目ユーザー)が2年に1回、Google日本本社で研修や情報交換などを行うイベントです。


 私も2回目(前回は2014年)の参加です。


 「Googleトップレベルユーザープログラム」とは、GoogleProduct(製品)について豊富な知識や技術をもって、Googleプロダクトフォーラム(GPF)で、ユーザーの質問に的確に回答するユーザーを支援するものです。



 詳しくは、下記のリンクをご覧ください。
Google トップレベル ユーザー プログラム


 研修の内容はお話できませんが、濃い内容の研修であることは間違いなしです。


 私は、公式YouTubeヘルプフォーラムのRS(ライジングスター)です。

 YouTubeヘルプフォーラムには、まだTC(トップレベルユーザー)がいません。





「困っているユーザーさんを助けたい」

「人に教えることが好き」

「Googleが好き!」

「YouTubeが好き!!」な方、

 ぜひ、このトップレベルユーザープログラムにご参加ください。


 特典として、この動画で紹介しましたように2年に1回、「TCMeetup」イベントに招待されます。








驚きは、食堂が2つあることで、それぞれの食堂にテーマあります。

 初日に出かけた食堂は和食がメインで、2日めに出かけた食堂は世界の料理が味わえます。

 




会社がワールドワイドで、いろいろな国出身の方が仕事をされているので、このようになっているのでしょうね。

 私は東南アジア料理をいただきました。





 また、ランチの時間を利用して、様々なGoogleProductの担当の方とお話をさせていただきました。

 私は「GoogleMaps」担当の方と、「ローカルガイド」について情報交換をさせていただきました。研修以外でもお話をお伺いすることができ、とても良かったです。

 それにしても、お洒落な食堂です。





 今回は、社内ツアーはなかったのですが、ランチ後、研修室へ戻りながら少しだけ社内を見させていただきました。







もちろん、研修だけではなく、楽しいこともあります。











 船でハーゲンダッツのアイスクリームを売りに来たので、ちょっと盛り上がりましたね。で、結構、アイスクリームは売れていました(笑)。



 ホテルは前回は「グランドハイアットホテル東京」で、今回は「ANAインターコンチネンタルホテル東京」でした。







 日頃は泊まらない、いや、泊まれないホテルなので、唯一の楽しみの朝食は、2日ともガッツリ食べました。





 充実したホテルライフでした。







次回は、どこのホテルかな?







 で、アメリカに行けるチャンスも!?



 そうです。

 
 「Googleトップレベルユーザープログラム」に参加してトップレベルユーザーになると、アメリカのGoogle本社で開催される「TCサミット」に参加できるのです。


 こちらも2年に1回、開催されます。


 そう、交互に東京とアメリカで開催されますので、年に1回はイベントに参加できるのです!



 私はまだ注目ユーザーのRS(ライジングスター)なので行けなかったのですが、なんとかしてTC(トップレベルユーザー)になって参加したいですね。



 この「Googleトップレベルユーザープログラム」は、かなり面白くて勉強になるプログラムです。



 現在、GoogleProductを利用していて、教えることが好きな方、TCの素質十分です。



 また、「どんなプログラムかな?」と興味をお持ちの方、下記のリンクから様々なProductのヘルプフォーラムをご覧ください。




Googleプロダクトフォーラム







 インターネットで見たけど、あまり分からない・・・

 実際に活動している人の声を聞きたい・・・







 そのような声にお応えしまして、「Googleトップレベルユーザープログラム」に関するイベントを開催します。




 宮崎のような地方都市で、どのくらいの参加者が集まるか分かりませんが、田舎だからこそ、地方からGoogleと接点を持つことも意味があるのではないのかな、と考えています。


 今後、具体的な開催内容に付きましては、このブログでお知らせしますので、どうぞご覧ください。






ということで、「Googleトップレベルユーザープログラム」をどうぞよろしくお願いいたします。





このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…