スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2019の投稿を表示しています

【宮崎発未解決事件】2003(平成15)年6月4日宮崎市橘通MRTミック前における爆発物使用事件

宮崎県にもいくつか未解決事件がありますが、2003(平成15)年6月4日に発生しました「宮崎市橘通MRTミック前における爆発物使用事件」も未解決のままです。


 あれから16年が経とうとしています。

 この事件について、県民の間で語られることが少なくなり、地元メディアでも伝えなくなってしまいました。

 平成から令和に年号が変わりましたが、宮崎県警察本部は、現在も捜査を続けています。


 犯人がネットカフェで、爆弾製造に関する情報を入手でしていたことまでは追跡できたとのことですが、それ以上は分からなかったようです。


  日付が6月4日なだけに、当時は、「中国人の仕業か?」とも噂されていましたが、今となっては分かりません。


 宮崎県警察本部では、情報提供を呼びかけています。


宮崎市橘通MRTミック前における爆発物使用事件


 情報提供をよろしくお願いいたします。

『選挙割』にはご注意ください。

統一地方選も後半。宮崎市でも宮崎市議会議員選挙が行われています。そのようななかで、宮崎青年会議所が『宮崎センキョ割』を発表。宮崎市内の100を超える店舗が参加するとのこと。

私も過去に『選挙割』を考えて、選挙管理委員会と相談したことがありますが、断念した経緯があります。何が問題なのか、お話をしたいと思います。

【参考資料】
宮崎市議選に合わせ「センキョ割」


お得なサービス「宮崎センキョ割」4月21日は宮崎市議会議員選挙に投票しよう!


宮崎市で始まったセンキョ割とは?お得なサービスを受けられるお店も紹介


宮崎市議選で「センキョ割」 市内の100以上の加盟店で実施へ


日本国憲法第15条


秘密投票


投票済証明書


















 センキョ割には関係なく、投票には出かけましょう。



宮崎市高岡町一里山地区のシバザクラ

2019年4月18日。見頃を過ぎたような感じですが、宮崎市高岡町一里山地区のシバザクラです。

どうぞご覧ください。

道順付きです。


YouTube Premium に学割プラン導入!

Google傘下のYouTubeは、2019年4月2日、YouTube Musicの有料プランYouTube Music Premiumと、YouTube Musicに加えてYouTubeの動画も広告なしで楽しめるYouTube Premiumで、学割プランの提供を開始しました。

オーストラリア、ブラジル、カナダ、日本、英国、メキシコ、ニュージーランド、ロシアの各国。

学割プランの場合、YouTube Music Premiumの月額は通常980円(税込)のところ480円(税込)に、YouTube Premiumの月額は通常1180円(税込)のところ680円(税込)です。

学割プランの対象となるのは、認証システム『SheerID』に対応する高等教育機関(高校や大学など)に在籍する学生です。

詳細な情報は、下記をご覧ください。

YouTube Premium と YouTube Music Premium の学割プランのお知らせ



SheerdIDのサイトは英語ですが、学校等で確認されると良いかと思います。


私も YouTube Premium を利用していますが、現時点では、YouTube Music 以外にも Google Play Music も利用できています。

今のところ、利用に際しては問題はありません。

学生の皆さん、どうぞ学割をご利用ください。


平成31年 宮崎神宮 神事流鏑馬

2019年4月3日。宮崎神宮(宮崎市)におきまして、毎年恒例の「神事流鏑馬」が行われました。約230メートルの馬場に、3つの的が置かれています。およそ1200人が訪れ、的が射抜かれると大きな歓声が起きました。 神事流鏑馬は鎌倉武士の装束に身を固めた騎馬武者たちが、馬を疾駆して大弓で的を射る古神事です。新緑の神苑にくり広げられる勇壮華麗な春のこの神事は、さながら一幅の絵を見るように、なつかしい国振りの歴史を再現しくれます。    古く、日向の国は  真蘇我よ、蘇我の子等は 馬ならば日向の駒よ  太刀ならば呉の真刀 諾哉 蘇我の子等を  大君の使はすらしき(日本書紀)  と推古天皇の御代の豊明に謳われ、良駿の産地でありました。流鏑馬の発祥は詳らかではありませんが、神武天皇さま御東遷前の故地で、古来敬神尚武の気風篤く、古武道精神の精髄ともいうべき流鏑馬が盛大に催されたことは当然でありました。  神武さまの流鏑馬は、昭和15年紀元2600年を慶祝して復興されましたが、中世の頃には、秋のみのりの豊穣に湧き立つ農民たちが、大勢集って「ヤクサミ」という競べ馬を催す神事に変化しておりました。天保年間に高木正朝という紀伊の国人が著した「日本古義」に  日向國宮崎神武天皇御祭禮の流鏑馬を見物せり。  凡馬数千七八百騎に餘れり。二十騎或三十騎ばかり、  馬の鼻を隻べて相図を聞くと等しく一度に駆出す。  其の 疾き事矢の飛ぶが如く、雄々しき事又比ばむものなし。 是吾が神武國のいさをしなるべし。 とあって、すでに草競馬に変化していたことがうかがわれますが、花の武道精神と土の匂いのする農耕の御祭とがめでたく結びついた、我が国ぶりの神事であるといわなければなりません。 ・出典「宮崎神宮『神事流鏑馬』」


本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年度が始まりました。  また、新しい元号が『令和』に決まりました。  良い響きの言葉ですね。個人的には『和』が入って良かったと思います。  さて、新年度、私も新しいことに挑戦していきたいと思います。  これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Google+が終わる前にBloggerのプロフィール変更を!

すでにご存知のように、2019年4月2日以降、Google+(グーグルプラス)を利用することができなくなります。もうすぐですね。

Google+に保存していたコンテンツ等のダウンロードは終わっても、他に忘れていることはありませんか?
そうです。Google+と紐付けされている他のGoogleサービスのことです。

YouTube等では、特にユーザーが設定する必要はありませんが、Googleのブログサービスである『Blogger』のプロフィールをGoogle+からBloggerに切り替える必要があります。

今回はそのお話をしたいと思います。

---------------------------------------------

ということで、このブログのことです。

すでに、プロフィールをGoogle+からBloggerに変更しましたが、変更しないでそのままにしているとどうなるんでしょうね?

ま、自動的にBloggerのプロフィールに切り替わるのかもしれませんが。

Bloggerをご利用の方は、対応されておいたほうがよさそうですね。

どうぞよろしくお願いいたします。

ドメイン取得で再開!

これまであまり更新してこなかった公式サイトですが、このたび新しくドメインを取得して再開させました。

 ドメインは、『otani.support』です。

 私のメインの仕事であるパソコンサポート、YouTubeサポートを印象付けるようなドメインにしました。

 今後、YouTubeのオフ会&イベント情報等は、このサイトから発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


市民メディアみやざきCMM


ファンクラブ『大人の部活動☆ゆーちゅー部』を開設

クラウドファンディングで有名なCAMPFIREさんの場所をお借りして、ファンクラブ『大人の部活動☆ゆーちゅー部』を開設しました。
ここでは、
〇YouTubeに関する最新情報のご提供
〇YouTubeをこれから始めようと考えている方へのアドバイス
〇すでにYouTubeをされている方へのスキルアップ
〇収益化に関すること
〇オフ会、各種イベントのご案内、ご優待
〇その他、YouTubeを楽しめるエトセトラ
などの活動を行う予定にしています。
YouTubeで活動していると、周囲になかなかYouTubeをやっている人がいないということで、相談や情報交換もなかなかできないかと思います。不安に思うこともあるかと思います。
このファンクラブ『大人の部活動☆ゆーちゅー部』では、Facebookの非公開グループを使って、お互いの顔が見える関係の中、YouTubeに関する情報交換やコラボレーションを行ったり、リアルのオフ会やイベントに参加したりして、ファンクラブに参加している皆さんで大人の部活動として盛り上げていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
ファンクラブ『大人の部活動☆ゆーちゅー部』は、下記からご確認いただけます。
ファンクラブ『大人の部活動☆ゆーちゅー

西都原古墳公園の菜の花

お天気は悪かったのですが、宮崎県西都市の西都原古墳公園の菜の花は満開でした。

 もうすぐで、桜とのコラボが観られそうです。

 楽しみですね。


チキン南蛮「タイ産鶏肉」問題~塚田農場に課徴金980万円

本メディアで取材を継続し、いち早く宮崎県に通報したものの県によって放置されてきた塚田農場のチキン南蛮タイ産鶏肉問題ですが、一応の決着をみるカタチとなったようです。

 3月1日、消費者庁は、居酒屋「塚田農場」などを展開するエー・ピーカンパニー(東京)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で約980万円の課徴金納付を命じました。

 このような命令を受けたことで、この件は決着に向かうものと思われますが、果たして、完全決着ということで良いのでしょうか?

 これまで塚田農場の社長を兄貴分と仰ぐ、宮崎県日南市の崎田恭平市長。

 日南市のふるさと納税のページには、堂々と塚田農場だけ別扱いでお食事券を取り扱っていました。




 サイトを確認したところ、

平成30年10月31日(水)をもちまして、お食事券の取扱いを終了させていただきました。
との表記が。

 こちらは少し先に終わっていたのですね。

 宮崎県、日南市における塚田農場の快進撃は、これで終わり、ということでしょうか。

 もうしばらく、調べてみたいと思います。

【過去記事】 この件は、昨年からみやざき市民メディアCMMでも追及記事を掲載してきた。
安心・安全を保証するはずの食のブランドで起きている問題 ~あなたが食べているのは、「みやざき地頭鶏」ですか?~

宮崎の食は大丈夫か?チキン南蛮は「タイ産」鶏肉! 第2弾記事「塚田農場は、なぜ本当のことが言えないのか?」

私たちはこれからも「ほんもの」を食べることができるのだろうか? 第3弾記事「東京駅の塚田農場の新店舗のチキン南蛮はブラジル産」

宮崎の食は大丈夫か?チキン南蛮は「タイ産」鶏肉! 第4弾記事「ついに消費者庁による措置命令が出る!

宮崎の食は大丈夫か?チキン南蛮は「タイ産」鶏肉! 第5弾記事「日南市、タイミング良くYouTubeに塚田農場とのタイアップ動画を掲載!」(その後削除)(追記あり)

平成31年 新春のみそぎ 青島神社 裸まいり

毎年恒例の神事、『新春の禊 青島神社 裸まいり』が、宮崎市青島で行われました。 【裸まいりとは】 裸まいりは、毎年旧暦の12月17日(現在は1月の成人の日)に行われる冬の例祭です。 この風習は、その昔に山幸彦が海神宮からご帰還されたおり、村人があわててお出迎えの衣類をまとう暇がなく、普段着を脱ぎ裸のままお出迎えしたという古事記から起こったものです。 毎年400人を超える老若男女が青島神社の前の海岸で禊ぎを行い、身を清めて参拝するこの裸まいりは、全国的にもきわめて珍しいもので、貴重な祭りです。 平成24(2012)年から青島神社の「神事」としての原点回帰が行われ、また、記紀編さん1300年を記念して「前夜祭」も行われるようになりました。 裸まいりに1回参加しますと、「千日益がある」と言われています。 【平成最後の裸まいり】 今年2019年は、3歳から74歳までの男女499人が参加しました。最遠方は群馬県からの参加ですす。 海外のジャーナリストさんが、YouTube Liveでこの裸まいりのことを伝えていました。 気温12℃、水温12℃(午前9時)、北寄りの風が吹いていましたが、その後気温が上がり、体感気温は暖かく、天気に恵まれた裸まいりでした。 21世紀になり私たちの生活はますます便利になっていきますが、そのなかで失われてきたモノも少なくありません。 このような私たち日本人としての伝統的な文化、神事等は後世に伝えていかなければなりません。 今後も地域の伝統的な文化、神事等を積極的に記録し、広く皆さんにお届けしたいと思います。 今年も良いみそぎができました。  どうぞ、動画をご覧ください。 【お詫び】 気温上昇のため、使用していましたSONYのアクションカムの防水ハウジング内に熱がこもり、レンズが曇っています。見えにくい映像となっていることをお詫びいたします。

平成31年 新春のみそぎ 青島神社 裸まいり前夜祭「神楽祭」

宮崎市青島の青島神社で、「新春のみそぎ 青島神社裸まいり」の前夜祭として、神楽が奉納されました。 【これまでの流れ】 青島裸まいりの前夜には、青島神社において、神楽が奉納されていました。しかしながら、ここ数十年、青島裸まいりの前夜の神楽は途絶えています。 平成24(2012)年、記紀編さん1300年を記念して、約40年ぶりに青島裸まいりの前夜に神楽が奉納されるようになりました。 青島神社の神楽は、伊勢神楽で工藤祐経の六代の子孫伊東祐持が日向の都於郡に下向したときに、長友家の先祖阿倍弥三郎がこれに従って伝えました。その後、一時衰えていたのを、天正15(1587)年伊東藩が成立した際、長友玄藩が復興したと伝えられています。 浦島太郎の伝説が残る野島神社に伝わる「野島神楽」は、宮崎市無形文化祭に指定されていて、500年の伝統を誇ります。 野島神楽は、伊勢神楽の系統で「降臨の舞」と「里舞」とで成り立ちます。四方を踏むことが基本とされ、太鼓の音も六拍子のリズムが基本で勇壮活発な舞です。古くより加江田神社と共演していましたが、寛文2(1662)年の外所(とんところ)地震以降、野島に残し舞い継がれ、33番のうち22番が伝承されています。 また、野島神社の神楽面は、他地方のものとは違う風貌を備えていて、500年ほど前、明国より入手したものと伝えられています。 【収録内容】 ~修祓~ 第1部 ・雅楽「越天楽」 ・神前神楽「朝日舞」 ・神前神楽「寿の舞」 ・神前神楽「浦安の舞」 第2部 ・野島神楽「入れん鬼神」 ・野島神楽「星降ろし」 21世紀になり私たちの生活はますます便利になっていきますが、そのなかで失われてきたモノも少なくありません。 このような私たち日本人としての伝統的な文化、神事等は後世に伝えていかなければなりません。 今後も地域の伝統的な文化、神事等も積極的に記録し、広く皆さんにお届けしたいと思います。 そして、平成最後となります。  どうぞ、ご覧ください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

旧年はいろいろとお世話になりました

 今年もどうぞよろしくお願いいたします