スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

安倍晋三首相 米議会上下院合同会議 演説

議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべての皆様、1957年6月、日本の首相としてこの演台に立った私の祖父、岸信介は、次のように述べて演説を始めました。
「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります」。以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国首相として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。
申し上げたいことはたくさんあります。でも「フィリバスター」(長時間演説による議事妨害)をする意図、能力ともに、ありません。皆様を前にして胸中を去来しますのは、日本が大使としてお迎えした偉大な議会人のお名前です。
マイク・マンスフィールド、ウォルター・モンデール、トム・フォーリー、そしてハワード・ベーカー。民主主義の輝くチャンピオンを大使として送って下さいましたことを、日本国民を代表して、感謝申し上げます。
キャロライン・ケネディ大使も、米国民主主義の伝統を体現する方です。大使の活躍に、感謝申し上げます。私ども、残念に思いますのは、ダニエル・イノウエ上院議員がこの場においでにならないことです。日系アメリカ人の栄誉とその達成を、一身に象徴された方でした。

私個人とアメリカとの出会いは、カリフォルニアで過ごした学生時代にさかのぼります。家に住まわせてくれたのは、キャサリン・デル・フランシア夫人。寡婦でした。亡くした夫のことを、いつもこう言いました、「ゲイリー・クーパーより男前だったのよ」と。心から信じていたようです。
ギャラリーに、私の妻、昭恵がいます。彼女が日ごろ、私のことをどう言っているのかはあえて聞かないことにします。デル・フランシア夫人のイタリア料理は、世界一。彼女の明るさと親切は、たくさんの人をひきつけました。その人たちがなんと多様なこと。「アメリカは、すごい国だ」。驚いたものです。

のち、鉄鋼メーカーに就職した私は、ニューヨーク勤務の機会を与えられました。
上下関係にとらわれない実力主義。地位や長幼の差に関わりなく意見を戦わせ、正しい見方ならちゅうちょなく採用する。
この文化に毒されたのか、やがて政治家になったら、先輩大物議員たちに、アベは生意気だと随分言われました。




私の名字ですが、「エイブ」ではありません。アメリカの方に時たまそう呼ばれると…

【Kファイル】三浦万尚氏とはこんな人

2015年4月29日。

 日向市で行われています「名誉毀損及び営業妨害による損害賠償請求事件」(平成26年­(ワ)第86号、第89号)で、これは「名誉毀損、営業妨害ではない!環境問題だ!」­とリアル及びネット上で情報を発信している日向製錬所産廃問題ネットワーク代表の三浦­万尚氏です。

 三浦氏は、日本財団の100万円請求要請から逃れ、日本各地を転々とし、2015年2­月初旬まで、宮崎県日南市酒谷に住んでいました。

 その後、こつ然と姿を消しています。

 三浦氏を見かけましたら、ご連絡をいただけると幸いです。

 どうぞ、ご覧ください。



【Kファイル】裁判だけではなく、「マイコプラズマ肺炎」に関してもトンチンカンな支援者たち

何度でも書きますが、この裁判の「主」は原告側の訴えであり、その趣旨は、



名誉毀損 及び 営業妨害 による 損害賠償請求事件



なのですが、どーしても支援者の皆さんは



環境問題 第2の土呂久公害 第2の水俣病 スラップ訴訟

にしたいようですね。

 原告が訴えを起こした以上、被告はその訴状に従って、「名誉毀損ではない」「営業妨害ではない」ことを、証拠をもって反論していかなければなりません。

 しかし、これまでの口頭弁論を見る限りでは、被告から出される反論書、証拠資料はそれなりのもので、具体的に「名誉毀損ではない」「営業妨害をしていない」と分かるようなモノは一切出ていません。

 米のヒ素も、ツイッターやブログで


日向の米は汚染されている!


と言いつつも、実際、無機ヒ素は米には含まれていて、被告側の検査結果も基準値を下回る「0.16ppm」でしかありませんでした。


被告はデマを流していたのです。


 全くもって論外です。


 このことを支援者はどう考えているのでしょうか。

 現時点で誰もこのことについて言及しないのは、都合が悪いのか、何か理由があるのでしょう。


 そして、これまた驚いたのが、医師の「診断書」に対する支援者の反応です。


「マイコプラズマ肺炎」って分かりますか?


 支援者の皆さんは、裁判だけではなく病気のこともお分かりではないのですね。


 マイコプラズマ肺炎は、All Aboutによりますと、





 また、






 ということで、一般的なマイコプラズマ肺炎の説明の中に、「スラグによる発症」という記載はどこにもありません。

 もし、仮にスラグで発症するようなことがあれば、それは至近距離でしかも長時間に渡って集中的にスラグを吸い込んだ場合に限られるでしょうね。

 以前、動画でもご紹介しましたが、現場と被告の自宅アパートまで直線距離で3Kmはあります。







 その間には学校も住宅地もあります。
 もし、フェロニッケルスラグ由来で「マイコプラズマ肺炎」が発症したとすれば、そこに住んでいるほとんどの子どもたちも発症しているはずです。


 前述しましたように、マイコプラズマ肺炎は、学校における集団感染が多いのですが、日向市内の小学校で集団感染が起きたという報告はどこにも上がっていません。


 診断書の通り、被告の子がマイコプラズマ肺炎であるなら、それはフェロニッケルスラグ由来のものではなく、フツーに微生物由来のフツーのマイコプラズマ肺炎です。


 また、健康被害…

【九州リーグ第4戦】テゲバジャーロ宮崎vs.佐賀LIXIL FC ~キャプテン&監督へのインタビュー~

2015年4月26日。

 サッカー九州リーグ第4戦。テゲバジャーロ宮崎vs.佐賀LIXIL FCの試合が、鹿嶋市陸上競技場(佐賀県)で行われました。

 前半、佐賀LIXILの攻勢で防戦一方のテゲバジャーロ宮崎でしたが、前半36分、テゲバジャーロ宮崎の神田(14番)選手が、PKでキーパーに弾かれた球を、自ら拾ってシュート。

 この1点を守りぬいたテゲバジャーロ宮崎が、1-0で佐賀LIXILに勝利しました。

 試合終了後、キャプテン・東宏樹選手、柳田和洋監督へインタビューしました。

 これでテゲバジャーロ宮崎は、開幕から無傷の4連勝!

 次回第5戦は、宮崎ダービー!!!
 J.FC MIYAZAKIと戦います。

・日時 2015年4月26日(日)13:00KICK OFF
・会場 宮崎県総合運動公園第3競技場

 Jリーグ入りを目指す2チームを応援しましょう!




【九州リーグ第4戦】テゲバジャーロ宮崎vs.佐賀LIXIL FC

2015年4月26日。

 サッカー九州リーグ第4戦。テゲバジャーロ宮崎vs.佐賀LIXIL FCの試合が、鹿嶋市陸上競技場(佐賀県)で行われました。

 前半、佐賀LIXILの攻勢で防戦一方のテゲバジャーロ宮崎でしたが、前半36分、テゲバジャーロ宮崎の神田(14番)選手が、PKでキーパーに弾かれた球を、自ら拾ってシュート。

 この1点を守りぬいたテゲバジャーロ宮崎が、1-0で佐賀LIXILに勝利しました。

 これがテゲバジャーロ宮崎は、開幕から無傷の4連勝!

 次回第5戦は、宮崎ダービー!!!
 J.FC MIYAZAKIと戦います。

・日時 2015年4月26日(日)13:00KICK OFF
・会場 宮崎県総合運動公園第3競技場

 Jリーグ入りを目指す2チームを応援しましょう!




第4回口頭弁論レポート追記「地権者のことが書かれていない!」

昨日の私の「第4回口頭弁論レポート」に、「被告が証人として地権者を出したい旨のことが書かれていない!」「何か都合が悪いんだ!」というようなことがツイッターで書かれています

 が、昨日のレポートの冒頭にも書いていますが、単純に聞き逃しただけです。

 何の都合も悪くはございません。


 それよりも、裁判所は徹底して法廷で決着を付ける方針を固めましたね。


 これまで、弁護士を付けていない被告に配慮している温厚な裁判長というイメージがあり、証拠がすべて出揃った時点で、双方に対して「和解」を求めるのではないかと予想していました。


 と言いますのも、この裁判は、当初のとおり、





名誉毀損

営業妨害



が争点であり、被告が主張しているような環境問題、産廃問題ではないからです。


 一般的に、訴えを起こした原告が「主」であり、その「主」である原告が名誉毀損、営業妨害による損害賠償請求事件としているわけで、被告はそれを受けて、「名誉毀損、営業妨害ではない。争う」ということで裁判は進行しているのです。



 これは、



被告が主人公の裁判ではない


ということなのです。




悲劇のヒロインでもない



ということです。




 裁判所側は、被告本人の尋問を予定しているとのことです。

 これは何を意味しているのか。

 被告は冷静に考えたことがあるのでしょうか?



 また、被告は地権者を証人として出廷の申し出を行うようですが、原告側はもっとインパクトがある証人、この裁判の結審を決定付けるような証人を出してくるでしょう。



 つまり、





裁判所も原告も、「本気である」



ということです。



 それが今回の第4回口頭弁論を傍聴して分かった大きなポイントです。



 傍聴席にいた私の態度や目つきが悪いとか、私がストーカーだとか、そんなことを分析する余裕があれば、被告が置かれている立場をもう少し自己分析することですね。



 被告が、「これは名誉毀損でも営業妨害でもない。環境問題、産廃問題である!」と証言できる証人を出さない限り、何も変わらないでしょう。


 最後に、このブログをご覧くださっています全国の被告の支援者・応援者、野次馬の皆さんへ。






そろそろ、目を覚ましてください。



 本当にこの裁判が「環境問題、産廃問題である」と主張するのであれば、なぜ、この裁判を傍聴したり、裁判所前で抗議行動をしたり、具体的な動きをとらないのでしょうか?

 ただ、「自分たちの手を汚したくない」だけのことなのでしょう…

第4回口頭弁論レポート

本日、4月24日午前11時より、宮崎地方裁判所延岡支部第1法廷にて、「第4回口頭弁論」が行われました。
 今回は珍しく地元の報道機関が1社来ていましたが、傍聴人は前回とほぼ同じの11人でした。
 いつもと同じ席に座ったのですが、ところどころ裁判長の声が聞き取りにくかったこともありましたが、今回の傍聴記録を下記にまとめました。

 どうぞ、ご覧ください。 ---------------------------------------------------- 平成26年(ワ)第86号、第89号損害賠償請求等事件 原告 日向製錬所、サンアイ 被告 黒木睦子 裁判長 塚原 聡 裁判官 長嶺志織 裁判官 百瀬 梓 書記官 廣中 久 傍聴人 11人 報道   1社

○準備書面及び証拠資料の確認 ・被告からだ出された4月16日付け準備書面について 日向製錬所に対して、サンアイに対しての内容
・同日付け、宮崎県環境科学協会から受け取った計量証明書の内容説明書について
・証拠資料乙8号証、9号証の写真について  裁判所から被告に対して、それぞれの写真の「撮影年月日」「撮影場所」を1枚毎に書面で次回までに提出するようにとのことが言い渡された。
・証拠資料乙7号証までの原本を確認
○原告から出された「文書送付嘱託の申し出」について ・被告は必要性がないので、同意はしない。
・原告は、被告が同意しないのであれば、今後この取り扱いをどうするかを検討したい。裁判所に対しては、今回の件を裁判記録に残してほしい。
・被告は、4月23日付けの文書で同意しない旨の内容を記載している(注:大谷は現時点では未確認)。
・裁判所から原告に対して、文書送付嘱託について取り下げも含めて検討してほしい。
・原告から裁判所に対して、今回の件は裁判記録にきちんと残してほしい。

【Kファイル】準備書面等閲覧報告4月23日

表題のとおり、本日4月23日午後1時から、宮崎地方裁判所延岡支部におきまして、前回の口頭弁論(3月4日)以降に出されました準備書面及び証拠資料等の閲覧を行いました。
 前回、裁判所から被告に出された宿題の5点の提出だけはクリアしていますが、そのいくつかの内容は到底裁判所の宿題レベルを満たすものではありません。
 また、被告から出されました「準備書面」もこれまでの主張の繰り返しですが、被告からの証拠資料は今回で全て出揃ったのではないかと思います。やっと出揃った、という感じです。



 さらに、明日付けの裁判関係資料も閲覧することができました。
 それは、被告から出されました病院からの「診断書」に関するものです。このレポートの最後にまとめていますので、どうぞ、そちらもご覧ください。

 明日4月24日は、午前11時より開廷です。  閉廷後、なるべく早くレポートしたいと思います。

 では、本日の閲覧レポートをご覧ください。

---------------------------------------- 【前回の「調査嘱託」の回答】
○宮崎県環境科学協会からの「回答書」(平成27年3月26日付け) ・検査依頼人 被告の主人 ・協会側   立会人なし ・検査場所  検査依頼書に記載されていた場所を転記した。
【被告準備書面(平成27年4月16日付け)】  原告の平成27年2月27日付け準備書面に反論する。
○「子どもが咳をして困るからやめてください」と言っても聞き入れなかったのは原告である。よって争う。