スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

自民党武井俊輔衆院議員の私設秘書が酒気帯び運転の疑い

こちらは別の意味での国会議員関係のトラブルです。

------------------------------------------------
 宮崎県1区選出の自民党の武井俊輔衆院議員の私設秘書の男性が乗用車を飲酒運転し、警視庁の車に衝突する事故を起こしていたそうです。

 酒気帯び運転、過失運転致傷などの疑いで、同庁が任意で事情を聴いているとのこと。

 以下、朝日新聞の報道からです。 

 築地署によると、男性秘書は9月29日午前8時10分ごろ、東京都千代田区内で乗用車を運転していた際、前方を走っていた警視庁の警部補が運転する軽ワゴン車に追突。警部補は首に軽いけがをした。男性秘書の呼気からは1リットルあたり0・44ミリグラムのアルコールが検出された。

 事故当時、武井氏は同乗していなかった。男性秘書は、任意の調べに「29日未明まで知人と酒を飲んだ。その後に議員を羽田空港に送り、都心に戻ったところだった」と説明しているという。

 武井氏は「車内では全く(酒気帯び状態に)気付かなかった」とし、「範を示すべき立場の代議士の事務所の職員としてあるまじき行為であるとともに、被害者の方に深くおわび申し上げます」とコメントした。(出典:朝日新聞)
------------------------------------------------

 うーん、武井議員が同じ車に同乗しておきながら、

車内では気付かなかった
 って、なんか変な感じですね。飲酒後に武井議員を送っているのであれば、相当のアルコール臭があるはず。気付かないって不自然ですね。

 さて、捜査はどのようになっていくのでしょうか。

 こういうところから足をすくわれてしまうんですよね。






ジェノサイド立花をぶっ壊す!

どうしてこうも差別的な発言、ヘイトスピーチに関する事案が次々と起きるのでしょうか?

 今回は、あのNHKから国民を守る党 党首の立花孝志国会議員の登場です。どうぞご覧ください。


クラウドファンディング、ご支援のお願い

現在、クラウドファンディング・プラットフォームのCAMPFIRE(Good Morning)さんで、ヘイトスピーチ、ヘイトクライムをなくすプロジェクトを展開しております。10月中旬にイギリスへ取材に出かけます。その取材費の一部、取材をまとめた小冊子の作成費に充てたいと思います。多くの皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
詳しくは下記をお読みください。

【クラウドファンディング】
イギリスの活動を日本で紹介してヘイトスピーチ、ヘイトクライムについて考えたい!















『言葉』が仕事の道具であるお笑い芸人がヘイトスピーチで笑いをとる

ヘイトスピーチは一向に少なくなるような気配はないようです。

 J-CASTニュースによると、  お笑いコンビ・Aマッソの漫才で、テニスの大坂なおみ選手を扱ったネタが「差別的ではないか」と批判を集めた問題で、Aマッソの所属事務所のワタナベエンターテイメントから大坂選手の所属事務所IMGに2019年9月25日までに、謝罪があったことがわかった、とのことです。

 また、BuzzFeedの報道によると、2018年12月16日に東京・新宿のルミネtheよしもとであった「余韻」というイベントで、お笑いコンビ・金属バットが披露した『人種』ネタについて、現在、ツイッター上で炎上しているようです。

 『言葉』が仕事の道具である芸人が、ヘイトスピーチで笑いをとる・・・。あってはならないことです。コンプライアンスと同様、ヘイトスピーチに関する教育も行ったほうが良いのではないでしょうか。

【関連記事】
Aマッソ、所属事務所が大坂なおみ側に謝罪 「漂白剤」漫才に批判相次ぐ

「大坂なおみに必要なものは?」「漂白剤」人気芸人のネタに批判殺到 事務所は「配慮に欠く」と謝罪

「黒人が触ったもの座れるか!」吉本芸人のネタに批判 「Aマッソよりひどい」


『クラウドファンディング、ご支援のお願い』

 現在、クラウドファンディング・プラットフォームのCAMPFIRE(Good Morning)さんで、ヘイトスピーチ、ヘイトクライムをなくすプロジェクトを展開しております。

 10月中旬にイギリスへ取材に出かけます。その取材費の一部、取材をまとめた小冊子の作成費に充てたいと思います。多くの皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 詳しくは下記をお読みください。

【クラウドファンディング】
イギリスの活動を日本で紹介してヘイトスピーチ、ヘイトクライムについて考えたい!

















息子に伝えたいこと

今回もAvaaz.orgからの情報です。

 どうぞご覧ください。





力を合わせ歴史を変える
世界中のAvaazメンバーの皆さま

子どもや若者たちと共に、世界各国数百万人の人々が気候対策を求めマーチやストライキに参加、過去最大規模の気候マーチが繰り広げられました。街頭にあふれ出す人波を目の当たりにした僕は、希望で胸がいっぱいになりました。

でも同時に、僕の胸は張り裂けそうでした。

すでに気候変動による壊滅的被害を受けた地域に暮らす人々のことを想って。子どもたちが街頭を練り歩くその最中にも、燃え続けるアマゾン熱帯雨林のことを想って。そして本来ならば、学校にいるべき子どもたちがマーチに参加していることを想って、やりきれなさを感じました。

1歳になる僕の息子も、生まれて初めて街頭マーチに参加しました。息子が理解できる年頃になったら、これらのことをどう伝えようかと考えていたところ、シンプルな言葉が頭に浮かびました:

それは、Avaazです。

子どもたちのためにより良い未来を築こうと、あらゆる壁を乗り越え世界中の人々と手を取り合う何百万の人々、つまり僕たち、Avaazのことを息子に話したいと思いました。僕たち人間は、自然から切り離された存在などではなく、自然の一部であるという認識のもと、地球とそこに暮らす人々がお互い調和して暮らしていけるよう、僕たちは団結し、さまざまな奇跡を起こしてきたのです。

未来を守るためAvaazムーブメントが成し遂げてきたストーリー。それが僕が息子に伝えたいことです。その一部を、ぜひ下記からご覧ください:


自然エネルギー100%の実現に向け全力投球 -- 街頭マーチに数百万人が参加!
この10年以上、Avaazメンバーたちは安全かつ持続可能な気候を求め闘ってきました。先週金曜日に開催された気候マーチや、その直後に開催された国連気候行動サミットも例外ではありません。世界中の皆にマーチへの参加を呼びかけた結果、各地の街頭には大勢の人々が集まりました。さらに、その街頭の熱気と人々の声を、各国政府に繰り返し伝えました。これらの取り組みが実を結び、気候行動サミット開催の数日前、ドイツ政府は新たな気候計画を打ち出したのです。そして現在、世界77カ国が2050年までに炭素排出を実質ゼロにすることを表明、また銀行130社がパリ協定に則った投資を行うことに合意しました。まだまだやるべきこと…

全国危ない交差点ランキング2018~ワースト5 宮崎市役所前交差点

日本損害保険協会の『全国危ない交差点ランキング』最新版で、宮崎市の宮崎市役所前交差点がワースト5に入りました。

南方面から橘橋を下りて直ぐに右折する車線での追突事故や、長い横断歩道で人身事故が発生。昨年15件の交通事故が起きました。 その宮崎市役所前交差点を走ってみました。

どうぞご覧ください。





【危険運転】怖い!弁当を食べながらの運転!

2019年9月19日。
 弟が休みだったので、墓参りへ出かけました。

 その途中、午前11時30分すぎ、宮崎西環状線の新相生橋の手前付近で、不審な車が・・・。

 弟が運転していたので、助手席にいた私はその運転手の様子を見ると、なんと!


弁当を食べながら運転

していました。

 これまでにもいろいろな運転手を見ましたが、まさか、運転中に弁当を食べているとは驚きでした。

 その右手にはしっかりと箸が握られていました。

 前方の車との車間距離を気にしながら、助手席に置いているであろう弁当に目をやりがら、器用に右手に握った箸でおかずをつかみ、そのまま口へ・・・。

 ちょっと唖然としましたが、可能な限りでスマートフォンで撮影したのが上記の動画です。

 光の関係でハッキリとは映っていませんが、映像を拡大すると、やはりその右手にはしっかりと箸が握られていました。

 インターネット経由で宮崎県警察本部へ通報しました。添付ファイルが10MBまでだったので、このYouTubeのリンクを貼っておきました。

 高齢ドライバーによる交通事故、あおり運転など、車や交通事故を巡る様々な問題が起きているなか、まさかこのような運転手がいるとは・・・。


 かなり器用に弁当を食べているところをみると、ベテランさんではないでしょうか。

 時間に追われている営業マンなのでしょうか。

 いずれにせよ、重大な事故に発展することがないように、警察にはきちんと指導してほしいものです。






いよいよ、グローバル気候マーチ

今回もavaaz.orgからの情報です。どうぞお読みください。

-------------------------------------------

みなさん

明日は、いよいよグローバル気候マーチです!

9月20日、世界中の子どもや若者、数百万人が教室を飛び出し、街頭から気候対策を求めます。若い世代による史上最大の気候アクションとなるでしょう。

そして若者たちは、わたしたち皆にアクションへの参加を呼びかけています!

とはいえ、世界各地の大規模マーチに、わたしたち全員が参加できるわけではありません。そんな方のために、この歴史的瞬間に参加する別の方法があります。どこからでも、何かをしながらでも参加できる、その方法を下記からご覧ください:

1離れた場所からマーチに参加! 金曜日は、家族や友だちや同僚を誘って集まり、気候対策を求める子どもや若者たちへの連帯の意思表示をしましょう。もし誰かと集まることができなくても、ご自分一人でその時間を作りましょう。世界中に広がった子どもたちによる気候ストライキも、最初はグレタ・トゥーンベリさんたった一人による抗議行動から始まったのですから。

その際、気候対策を求めるプラカードなどを掲げることも忘れずに^_^

2世界中の皆が見られるよう、知り合いと一緒に、もしくはご自分お一人で行なった、1の「遠方マーチ」の写真を撮影した上、Avaazの気候マーチ・ハブのページにアップしてください!ご自宅にいるあなたお一人の写真、同僚と一緒に職場で撮った写真、市役所前などの屋外で撮影した写真。さまざまな写真をお待ちしています。

ソーシャルメディアにアップロードする場合、次のハッシュタグを使用してください: #グローバル気候マーチ #ClimateStrike #ClimateHope



3最後に、この美しい地球への希望と団結のメッセージをお送りください。寄せられたメッセージと写真は、Avaazが各国代表に提出、いっそう強く意欲的な気候対策を求めていきます。

グローバル気候マーチに参加する
ニューヨーク市長は、学生が学校を休み、グレタさんと一緒にマーチに参加することを公式に認めました。国連気候サミットに出席するためニューヨークに到着する各国首脳を、巨大マーチで迎えるなんて、素晴らしいことです。

けれど、ニューヨークをはじめとした主要都市で巨大マーチが開催されるだけでは、十分では…

これは緊急事態…キャンペーン拡散にご協力を

今回もAvaaz.orgからの情報です。どうぞご覧ください。

--------------------------------------------



重要な国際気候サミット直前、16歳のグレタ・トゥーンベリさんは、子どもたちによる世界一巨大な気候アクションを開催します!彼女と共に行動を起こす、勇気あふれる若者たちは、わたしたち皆の応援を求めています。クリックし、気候を守る子どもたちと共に立ち上がり、自然エネルギー100%の実現を要請しましょう。集まったご署名は、サミットにさきがけ各国代表に提出されます!
ワンクリックで署名 皆さま

アマゾン熱帯雨林は焼け野原と化し、グリーンランドの氷河は融解、そして今度は、カリブ海の島国バハマが超強力ハリケーンによる壊滅的被害を受けました!気候変動は、はるか遠くの脅威などではなく、今ここで起きている現実なのです。

だからこそ、重要な国際気候サミットにさきがけ、16歳のグレタ・トゥーンベリさんは、教室を飛び出して街頭で「気候ストライキ」に参加するよう、世界中の子どもたちに呼びかけているのです。このストを通じて、各国代表に、気候の緊急事態に対応するには大至急自然エネルギー100%に切り替えることが必要だと世界が思っていることをしっかり伝え、彼らの行動を促すのが狙いです。

そして子どもたちは今、両親、祖父母、親戚の叔父や叔母、兄弟姉妹をはじめとした、わたしたち皆に、一緒に声を上げるよう求めています。地球上の生命の未来を守るために闘う、勇気ある子どもたちに、世界中から巨大なサポートを送りましょう。

賛同の輪が大きく広がったら、Avaazはサミットにさきがけ、集まったご署名を主要国代表に提出します。その上で、子どもたち、そして幾世代にもわたる人々のため、安全で持続可能な未来を求める、さまざまなキャンペーンを展開していきます。
わたしたち世界中の市民は、気候を守るため行動する子どもや若者たちと共に立ち上がり、国連および各国政府に対し、気候非常事態を宣言した上で、自然エネルギー100%の世界に移行するため緊急対策を講じるよう求めます。

ワンクリックで署名

サミットに合わせ、さらに巨大な気候ストライキを開催(日本では「グローバル気候マーチ」の名で開催)するため、グレタさんはヨットで大西洋を横断しました。昨年夏、グレタさんがたった一人で始めた気候ストライキに…

気候を守る子どもたち

久しぶりにAvaaz.orgからの情報です。どうぞお読みください。

-------------------------------------------


重要な国際気候サミット直前、16歳のグレタ・トゥーンベリさんは、子どもたちによる世界一巨大な気候アクションを開催します!彼女と共に行動を起こす、勇気あふれる若者たちは、わたしたち皆の応援を求めています。クリックし、気候を守る子どもたちと共に立ち上がり、自然エネルギー100%の実現を要請しましょう。集まったご署名は、サミットにさきがけ各国代表に提出されます!
ワンクリックで署名 皆さま

アマゾン熱帯雨林は焼け野原と化し、グリーンランドの氷河は融解、そして今度は、カリブ海の島国バハマが超強力ハリケーンによる壊滅的被害を受けました!気候変動は、はるか遠くの脅威などではなく、今ここで起きている現実なのです。

だからこそ、重要な国際気候サミットにさきがけ、16歳のグレタ・トゥーンベリさんは、教室を飛び出して街頭で「気候ストライキ」に参加するよう、世界中の子どもたちに呼びかけているのです。このストを通じて、各国代表に、気候の緊急事態に対応するには大至急自然エネルギー100%に切り替えることが必要だと世界が思っていることをしっかり伝え、彼らの行動を促すのが狙いです。

そして子どもたちは今、両親、祖父母、親戚の叔父や叔母、兄弟姉妹をはじめとした、わたしたち皆に、一緒に声を上げるよう求めています。地球上の生命の未来を守るために闘う、勇気ある子どもたちに、世界中から巨大なサポートを送りましょう。

賛同の輪が大きく広がったら、Avaazはサミットにさきがけ、集まったご署名を主要国代表に提出します。その上で、子どもたち、そして幾世代にもわたる人々のため、安全で持続可能な未来を求める、さまざまなキャンペーンを展開していきます。
わたしたち世界中の市民は、気候を守るため行動する子どもや若者たちと共に立ち上がり、国連および各国政府に対し、気候非常事態を宣言した上で、自然エネルギー100%の世界に移行するため緊急対策を講じるよう求めます。

ワンクリックで署名

サミットに合わせ、さらに巨大な気候ストライキを開催(日本では「グローバル気候マーチ」の名で開催)するため、グレタさんはヨットで大西洋を横断しました。昨年夏、グレタさんがたった一人で始めた気候ストライキ…

クラウドファンディングへのご支援をよろしくお願いいたします。

現在、クラウドファンディング・プラットフォームのCAMPFIRE(Good Morning)さんで、クラウドファンディングを展開しています。

イギリスの活動を日本で紹介してヘイトスピーチ、ヘイトクライムについて考えたい!



 本日9月16日、クラウドファンディング開始6日で、目標金額350,000円に対して52,000円(達成率14%)、ご支援者7名という状況です。  ご支援いただいた皆さん、ありがとうございます。  クラウドファンディングでは、イギリスの『NATIONAL Hate Crime Awareness Week』を取材するために、現在での通訳にかかる諸費用、取材したことをまとめた小冊子を1,000部作成するための費用に充てます。



 あと18日です。  ぜひとも目標金額を達成して、このプロジェクトを行いたいです。  どうぞよろしくお願いいたします。

CAMPFIRE(Good Morning)で正式にクラウドファンディングがスタート!

やっと、CAMPFIRE(Good Morning)で、正式にクラウドファンディングがスタートしました。

イギリスの活動を日本で紹介してヘイトスピーチ、ヘイトクライムについて考えたい!


 7月に入ってから、イギリスのイベントを主催しています団体に取材許可を得るためのメールを送っていましたが、なかなかお返事をいただくことができませんでした。

 とりあえず、CAMPFIREさんにクラウドファンディングの申請をしながら、同時進行で取材許可を得ようと、8月上旬に申請しました。

 が、やはり、CAMPFIREさんからは、取材許可が必要とのこと。

 申請を一旦、取り下げ。


 その後、8月26日にやっと主催団体の代表の方から取材許可のメールが届きました。

 で早速、CAMPFIREさんに、再度、クラウドファンディングの申請を行いました。

 そして、昨夜、正式にクラウドファンディングがスタートしました!

 いや、実に長かったですね。

 開始1時間後、2時間後に、ご支援をいただきました。
 ありがとうございます。


 ということで、このプロジェクトを実現させるために、ガンガンこのプロジェクトをPRしていきたいと思います。


 どうぞよろしくお願いいたします。

小学館にサヨウナラ~週刊ポストなんか要らない

はい、ということで、このテーマで2本の動画を投稿しました。









 当然、賛否が分かれると言うか、いつもの皆さんがコメント欄に現れるだろうな、とは予想していました。

 が、案の定、現れました。

 数時間にわたって、コメントのやり取りを行ったのですが、結局、何が言いたかったのか、全くもって分からなかったです。

 晩御飯で席を外し、戻ってくると、これまでのコメントを削除して、トンズラー。

 なるほど。

 ということで、そのコメントは以下の通りです。












 マスコミ、出版社が、このようなヘイトスピーチ的な記事を書くこと自体あってはならないことです。
 この問題は、もう少し尾を引くでしょうね。