スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

緊急:国際NGOグリーンピースが訴えられる!

Avaaz.orgからの最新情報です。

 どうぞお読みください。

--------------------------

大規模森林伐採を行うカナダの大手製紙会社は、3億ドルもの賠償金を求める訴訟を起こして、国際環境NGOグリーンピースを潰そうとしています!同社の森林破壊に反対するグリーンピースのキャンペーンが、効果的過ぎたからです。こんなことがまかり通れば、暴利を貪る企業に立ち向かっているAvaazのような団体も、次々に潰されてしまうかもしれません。でも今、私たちには同社を阻止する戦略があります。

キャンペーンに参加 皆さま

 大規模森林伐採を行う、カナダの大手製紙会社レゾリュート・フォレスト・プロダクツ(Resolute Forest Products)は、国際環境NGOグリーンピース相手に訴訟を起こし3億ドルもの賠償金を求めています。


 同社が勝訴した場合、世界中で暴利を貪る企業に、私たちAvaazをはじめとした市民団体に対する脅迫を許すことになってしまいます。
 けれど今、私たちには彼らを阻止する戦略があります。

 レゾリュート社の関心は利益だけですが、そんな同社の大口顧客は出版社です。

 出版社といえば、言論の自由を求め闘ってきた歴史を持ち、また持続可能性への積極的な取り組みを掲げている業界でもあります。

 まもなく開催される、出版業界の大規模イベントには、大手出版社が軒並み参加する予定です。
 このチャンスに、レゾリュート社が訴訟が取り下げない限り別の製紙会社に乗り換えるよう、世界中から声を大にして出版各社に訴えかけましょう。



言論の自由を求め立ち上がるよう、出版社に訴えかける



 太古からカナダに残る壮大な姿のタイガ(北方林)の一部を、レゾリュート社は伐採してきました。
 それに対し、グリーンピースや、森林保護団体スタンド・アース(Stand.earth)は、持続可能な森林利用を求めキャンペーンを展開、大きな成果を上げてきました。ところが、森林破壊を食い止めるためのこれらのキャンペーンは「共謀」にあたり同社の利益を悪化させているとして、レゾリュート社は、上記2団体を訴えたのです!


 この訴訟は、市民団体による活動を一変させる恐れがあります。
 石油会社や伐採業者、石炭採掘業者をはじめとした企業が、Avaazなどの市民団体の口を封じ、美しい環境を問答無用で無制限に破壊…

有料チャンネル『YouTube、教えます。』開設!(Vol.1401)

昨夜の放送を受けて、早速、有料チャンネル『YouTube、教えます。』を開設しました。

 コンテンツは、これまでCMMチャンネルで264本ほど配信していました『YouTube簡単使いこなし』シリーズ動画を元にして、YouTubeに関する最新版の情報をお届けするカタチになります。

と言うようなお話です。

どうぞよろしくお願いいたします。

【関連チャンネル】
YouTube、教えます。



Daily Yon-go Hin-go(第1400回)祝!1400回

今日でlive配信1400回目です。

 これからもオッサンの独り語りを続けていきます。








チャットもありがとうございます。励みになります!






プラスチックで息ができない

Avvaz.orgからの最新情報です。

 どうぞお読みください。

-----------------------------------------------

1日あたり1億本ものペットボトルが廃棄され、海をプラスチックで汚しています。まもなく開催される国際会議では、この問題の対策について各国政府が協議します。使い捨てプラスチック製品の廃絶を求めるキャンペーンに100万人の署名が集まった際には、国連環境計画(UNEP)代表が、この会議でAvaazの請願書を読み上げてくれることになりました。きれいな海を取り戻すため、ご署名をお願いします。
署名する 皆さま

 2050年までに、海には魚より大量のプラスチックごみが漂うことになります。

 人間の身勝手が引き起こした、恥ずべき光景です。
 世界で製造されたプラスチック製品の半分は、たった一度使っただけで廃棄され、海を汚し、海洋生物を窒息死させているのです。

 けれど、海のプラスチック汚染対策をめぐり、まもなく開催される歴史的な国際会議において、各国政府はこれを食い止めることができます。
 国際社会の圧力を受け、世界第2位のプラスチックごみ排出国であるインドネシアは、プラスチックごみの7割削減を表明したのです!次は、インドネシア以外の汚染国にも働きかけていかないといけません。

 プラスチックごみの削減を求めるグローバルキャンペーンに100万人の署名が集まれば、国連環境計画(UNEP)代表がこの国際会議の会場で、Avaazの請願書を読み上げた上、私たちと連携して各国に使い捨てプラスチック製品の廃絶を促していくことを約束してくれました。
 きれいな海を取り戻すため、キャンペーンにご署名ください。



クリックして海を守る!



 地球のどこに暮らしていても、呼吸できるのは海のおかげです。酸素のほとんどは、海でつくられているからです。また地球の気候や天気のバランスを保つ役割を果たしているのも海ですし、私たちに雨の恩恵をもたらしてくれるのも、海水が蒸発してできた雲です。
 さらに、海を棲家とする生物は、地球上の生物全体の8割近くにも上ります。海がなければ、私たち人間は生きていくことができません。


 でも今度は、海が私たちの助けを必要としています。


 海洋環境を破壊したのは人間です。ですから、私たちがこれを直さないといけません。幸運なことに、その対策は分かっ…

宮崎県教育委員会、飲酒運転で24歳教諭を懲戒免職処分

2016年11月、都城市の国道で、酒を飲んだ状態で車を運転して事故を起こした都城市の都城市立西小学校の小野岳教諭(24)を、宮崎県教育委員会は5月19日付けで懲戒免職にした。

 小野元教諭は、2016年11月都城市都北町の国道10号線で、酒を飲んだ状態で車を運転し、対向車線の乗用車と衝突する事故を起こしたとして、酒気帯び運転などの疑いで、2017年3月、書類送検。

 小野元教諭は、事故の前夜から当日の午前3時ごろまで、宮崎市内の飲食店2軒で友人3人と合わせてビール5杯ほどを飲み、このうち1人と一緒に都城市の自宅に帰る途中、事故を起こした。


 宮崎県内では、2017年1月に宮崎市の中学校教諭、2017年5月8日には都城市の高校教諭が、いずれも酒気帯び運転の疑いで逮捕。


 さて、本年度は何人の教職員が処分されるのでしょうか?



 会見で、「児童や保護者、そして県民の教育への信頼を失墜させ、申し訳なく思っている。教職員の飲酒運転が続いていることは重く受け止めていて、規律の維持を徹底していきたい」と、教職員課の課長が話しても、飲酒運転、酒気帯び運転はなくならないでしょうね。



なぜ、署名するのか

Avaaz.orgからの最新情報です。

どうぞお読みください。

---------------------------
Avaazムーブメントの皆さま

大変なことを白状しないといけません。Avaazの創設者である私、リッケン・パテルは、実はあまり多くのキャンペーンに署名していません。


つい、こう考えてしまうのです。「署名すべきなのは分かっているが、一人くらい増えたところで、何も変わらないではないか」と。それよりも、集まった署名に影響力を持たせるためにはどうすべきかといった、もっと重要な仕事に集中しなくては、という気持ちでいたのです。


ですが嬉しいことに、私以外のAvaazコミュニティの皆さまは、そうは考えませんでした。確かに、113万7540人目の署名、そのもの一つに変化をもたらす力はないかもしれませんが、100万人の署名が集まった請願書には、確実にその力があります

そして、この100万という数字は、希望を胸にお互いを信じ合い、行動を起こす個人が100万人いるということの証です。その一人ひとりの力は小さくとも、より良い世界を築くため、“それぞれがそれぞれの” 役割を果たしているのです。


一人ひとりが「行動する」という選択をしなければ、Avaazムーブメントは成り立ちません



列に割り込んだり、投票に行かなかったり、税金をごまかしたりする人は、たくさんいます。あるいは、切実に助けを求める隣人に、背を向ける人もいるでしょう。

けれど私たちは、そうはしません。なぜでしょうか?

それは、私たちがそういう人間だからです。それが正しいことだと、信じているからです。他者を愛し、他者のために奉仕する精神を、育んできたからです。

そして、誰も何もしなければ、その結果にあるものは「暗い世界」でしかないことを知っているからです。

このムーブメントに参加している人々の良識に、私はいつも畏敬の念を感じてきました。皆さまから教えられたことは、何度もあります。

「なぜ署名するのか」という問いかけに話を戻すと、自らの行動を反省すると共に、今後はもっと署名することを、ここに誓います。


他者とつながる、というこのシンプルな行為に、私ももっと参加していきます。胸には希望と奉仕の精神を、手には力を合わせることでしか生まれない特別な力を携えながら。



下記のリンクをクリックして、世界中のメンバーと一緒に、Avaazムーブメントに…

Daily Yon-go Hin-go(第1396回)消えた!YouTubeの黒丸点滅

数日前、別チャンネルの動画でもご紹介しましたが、[動画の管理]-[動画の一覧]で、動画の編集ページを開くと、上部の動画プレイヤーの左上に10秒(10回)ほど黒丸が点滅していました。

 今日確認したところ、その黒丸は消えていました・・・。

 いったい、あの黒丸は何だったのでしょうか?

 と言うお話です。





【Divvee Socialというビジネス40】詐欺のアップデートは続く

2017年5月12日、YouTubeにアメリカ本社からのアナウンスを和訳した動画がアップロードされた。それによると、カスタマーサポート代表、ランス氏から以下のようなアナウンスが行われた。
------------------------------------------------------------------ こんにちは、皆さん。ランスです。
今から最新の素晴らしいアップデートをお伝えしたいと思います。
私たちは、メンテナンス期間を終えて活動を再開します。
しかし、それと同時に、私たちはまだシステムを進化させている途中であり、まだ試験期間であることもお伝えしておかなくてはなりません。
私たちは作り込むプロセスのすべてをオープンにし、成長し続け、ランク&シェアの使い勝手や作業できる量などを向上させていきます。
今回、新規登録やアップグレードを再開することに大変ワクワクしています。

それでは、あなたのお住まいの国、特に、現地法人があって報酬も出ているアメリカとコロンビアにおける最新の素晴らしい情報をお伝えします。
新規登録におけるアップグレードでは、5月中は10ドル・プロモーションを行う予定です。そのボーナスは、毎週金曜日に支払われます。
従って、アメリカとコロンビアでは、週ごとにアップグレードに関する報酬を受け取ることになります。
コロンビアでは、限られた分のランク&シェアしか提供できていません。
しかし私たちは、中央アメリカと南アメリカで、新たな広告主や顧客を一生懸命に探しており、間もなくより多くの在庫が提供されます。
カナダ、イギリス、ペルー、メキシコ、ブラジルではプレ・ローンチの段階にあります。 これらの国では、今後45~60日の間に合法化、各国で法人登記され、活動できるようになり、ローンチのイベントを行う予定です。
プレ・ローンチの段階でも、ランク&シェアの作業はその国で行える範囲で提供されます。
10ドルの登録とアップグレードのボーナスも提供します。トラベル・ポータルも提供します。

Daily Yon-go Hin-go(第1395回)ぼちぼちと商品レビュー動画

Amazonのレビューシステムが変わってから、商品レビューの数も減ってきましたが、最近、またぼちぼちと商品レビューのご依頼が増えてきました。

 で、なんで私のような底辺YouTuberに商品レビューのご依頼が来るのか、以前から不思議でした。

 恥かしながら、その理由が最近になって分かりました。

 お店の方から、「あなたのプロフィールを見てメールを差し上げました」という文が気になって確認したところ、Amazonにはプロフィール・ページがあるのですね。そこにはこれまでの商品レビューのことがまとめられています。


 これまで、このプロフィール・ページの存在を知らなかったのですが、このプロフィール・ページを充実させると・・・。

というようなお話をします。


私のプロフィール・ページ


宮崎市内激しい雨

2017年5月13日午前0時30分すぎの宮崎市橘通りの様子です。





極右主義を、見事に撃退

Avaaz.orgからの最新情報です。

 どうぞご覧ください。

-----------------------------------------


MERCI LA FRANCE!
皆さま

 Avaazメンバー2000万人を含む欧州市民は、トランプ主義から世界を守るために立ち上がりました!その見事な姿を、皆さまにお伝えします。

 オーストリアとオランダに続き、今度はフランスです。

 各地で権力掌握に乗り出した極右勢力ですが、その試みはことごとく打ち砕かれています!


 フランスの大統領選では、差別発言を繰り返してきた国家主義者のマリーヌ・ルペン候補が予測をはるかに下回る得票率34%(これに対してマクロン候補は66%)で敗北しました。しかも、この結果を後押ししたのは、人間性と寛容という価値を誇り高く守り抜いた、新たな政治運動なのです。

 Avaazの今年の最優先課題は、極右勢力の台頭を抑え込むことでした。

 フランスで、Avaazコミュニティがその課題にどう取り組んだか、ぜひご覧ください!


 Avaazによる選挙運動は、フランスをはじめ世界中のメディアに大きく取り上げられました:




 Avaazコミュニティは、投票を促すキャンペーンを通じ、2万件以上のテキストメッセージを送信、さらに数千回にわたり電話をかけ、棄権しないよう訴えかけました:





 また、ルペン候補をジャン=マリー・ルペン(ルペン候補の父親でやはり排他的な政策を掲げた政治家)とトランプ米大統領に関連づけたポスターを作成、それを主要地域一帯にくまなく貼り、200万人を超える人々の目にとまるようにしました:





 「トランプ化」しないようフランス市民に訴えかける、Avaaz制作の動画は瞬く間に拡散され、わずか数日で再生回数200万回を上回りました:





 さらに、選挙戦期間中ずっと、Avaazメンバーたちはメディアの注目を引く街頭アクションの数々を展開、それは各報道機関の論調にも少なからぬ影響を与えました:





 気候変動の防止から生物多様性の保護、自由なインターネットを守るための取り組みに至るまで、Avaazコミュニティが闘い続けてきた、さまざまな分野において、フランスは世界を牽引する重要なリーダーです。
 フランス、そして私たちみんなのため、ルペン候補を当選させまいと、フランス国内のAvaazメンバー400万人の多くが全力で闘いました。
 そして、…