スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

「みやざき国際ストリート音楽祭」は大丈夫なのか?

2018年4月29日に行われました「みやざき国際ストリート音楽祭2018」で、会場の1つとなっている「太陽の広場」で、動画で紹介しているような「張り紙」を見つけました。
 「メンバー出演時の写真撮影・録画・録音は禁止。メンバー出演時の写真撮影・録画・録音は禁止です。お守りいただけない場合、イベントを中止する場合がございます。あらかじめご了承ください」と書かれていますが、その横でおじさん、おばさんがスマートフォンでバンバン写真撮影していました。
 が、その行為を注意するようなスタッフは誰もいません。
 また、観客が撮影しているからといって、演奏が中断したり、みやざき国際ストリート音楽祭が中止されたりすることもありませんでした。
 この会場の特定のアーティストに限ったことであれば、張り紙にはきちんとそのアーティスト名を書くべきで、これだけでは不親切で丁寧な説明ではないですね。
 確かに、著作権や肖像権の問題はありますが、「ストリートで行われている音楽祭」であり、そのことを理解してアーティストも参加しているはずです。
 確かに、意図的に録画してそれをYouTubeにアップロードして「金儲けしよう」と考えている撮影者もいるかも知れませんが、その前に「著作権侵害」で動画は削除されます。観客も馬鹿ではないから、そこまではしないでしょう。
 逆に、「このみやざき国際ストリート音楽祭は撮影OKです。SNSにアップロードして、この音楽祭を多くの方にお知らせください」とアナウンスするほうが、他の音楽祭との差別化もできるのではないかと考えます。
 歩行者天国になった橘通りを歩きましたが、昨年よりもこの音楽祭に訪れる人はあ少なくなってきていますね。いわゆる「マンネリ化」なんでしょうね。
 他の音楽祭との差別化を図らなければ、開催も難しくなっていくのではないでしょうか?
 音楽祭って、「音を楽しむお祭り」ですから、観客である訪れた皆さんも、いろいろな国の楽器の演奏を体験してみるとか、交差点にDJを配置して、ディスコで踊り狂うとか、なんか、もっと音を楽しむお祭りなってほしいですね。



みやざき国際ストリート音楽祭2018

2018年4月29日、宮崎市で「みやざき国際ストリート音楽祭2018」が行われました。

 今回も台湾から、新竹縣立自強國民中学校、新竹縣立峨眉國民中学校の皆さんも参加されました。

 そのパレードとオープニングセレモニーでの宮崎県河野俊嗣知事、台湾國立師範大学の葉樹涵教授の挨拶を収録しています。


 どうぞご覧ください。

YouTubeからのメール

米国時間2018年4月3日に起きたYouTube本社銃乱射事件。  YouTubeからの公式コメントはありませんが、4月6日にYouTube Creatorから届いた「Creator Monthly」というメールの冒頭に次のようなことが書かれていました。 -----------------------------------------------------  Thank you to everyone who made videos, tweeted, and reached out to YouTube during this difficult time.  Your support means more than you realize.  All of us working here at YouTube are very grateful for this amazing community.  この困難な時期に動画を作ってtweetしてYouTubeに連絡した皆さん、ありがとうございます。   あなたのサポートは、あなたが実現する以上のものを意味します。  YouTubeでここで働いている皆さんは、この素晴らしいコミュニティに非常に感謝しています。 ------------------------------------------------------  この文章で、「この困難な時期に」と冒頭で述べていることから、今回の事件に対するコメントではないかと思われます。  暴力で問題を解決することはできません。ましてや銃を使ってなんとかしようとすることは許されません。  銃による無差別被害。  YouTubeに限らず、今後このようなことが起きないように対策をとってほしいものです。

YouTube本社銃乱射事件について~原点回帰を

◇事件について分かっていること

 2018年4月3日(米国時間)、カリフォルニア州北部のサンブルーノにあるYouTube本社で、女が銃を乱射して3人が負傷した事件で、地元の警察は、容疑者がサンディエゴ出身で30代後半の女、ナシーム・ナジャフィ・アグダムであることを明らかにしました。

 容疑者が自殺を図ったことで、真相は闇の中ですが、これまでのニュース、地元警察の記者会見等の情報から、アグダム容疑者の動機が浮き彫りにされつつあります。


・YouTubeのポリシーとその実施に関して抱いた不満である(サンブルーノ警察エド・バーベリーニ署長)
・アグダムがYouTubeに腹を立てていたと考えています(前述、バーベリーニ署長)
・YouTubeに対する「憎悪」と「怒り」からユーチューブの本社に行くかもしれないと警察に相談していた(アグダムの父・イスマイルが地元紙『マーキュリー・ニュース』に語った)
・彼女はYouTubeが自分の人生を破滅させたと常に不満を漏らしていた(アグダムの兄弟シャーランが、地元紙『マーキュリー・ニュース』に語った)

 4日夜、アグダムが銃撃犯であると確認されたあと、

・彼女がYouTubeに開設していた多数のチャンネルや、InstagramとFacebookのアカウントは削除された。
・彼女が「Nasime Sabz」といった別名を用いていた。
・彼女の個人ウェブサイトには、「YouTubeやその他の動画共有サイトには、閲覧数を増やすための公平な機会が与えられていない。公平な機会さえ与えられれば、チャンネルは成長するはずなのに」といった不満が書かれていた。
・また、YouTubeが自分のチャンネルを視聴できないようにフィルターをかけたとも指摘していた
・彼女のチャンネルの1つが1カ月に視聴回数30万回を超えたにもかかわらず、YouTubeから10セントしか受け取れなかったと不満を投稿していた。
・YouTubeが彼女の動画に年齢制限をかけた問題に執着していた。「この動画は視野が狭いYouTubeの社員のせいで年齢制限がかけられた。しかも、わたしのペルシャ語のチャンネルも制限されたし、動画はフィルタリングの対象になった。
視聴回数を減らして抑圧して、動画づくりができないようにしたのね!」と書かれていた。


 以上のようなことが判明しているようです。



 彼…

平成30年宮崎神宮「流鏑馬」

2018年4月3日。宮崎神宮(宮崎市)におきまして、毎年恒例の「神事流鏑馬」が行われました。

 神事流鏑馬は鎌倉武士の装束に身を固めた騎馬武者たちが、馬を疾駆して大弓で的を射る古神事です。新緑の神苑にくり広げられる勇壮華麗な春のこの神事は、さながら一幅の絵を見るように、なつかしい国振りの歴史を再現しくれます。  

 古く、日向の国は  真蘇我よ、蘇我の子等は 馬ならば日向の駒よ  太刀ならば呉の真刀 諾哉 蘇我の子等を  大君の使はすらしき(日本書紀)  と推古天皇の御代の豊明に謳われ、良駿の産地でありました。流鏑馬の発祥は詳らかではありませんが、神武天皇さま御東遷前の故地で、古来敬神尚武の気風篤く、古武道精神の精髄ともいうべき流鏑馬が盛大に催されたことは当然でありました。  神武さまの流鏑馬は、昭和15年紀元2600年を慶祝して復興されましたが、中世の頃には、秋のみのりの豊穣に湧き立つ農民たちが、大勢集って「ヤクサミ」という競べ馬を催す神事に変化しておりました。天保年間に高木正朝という紀伊の国人が著した「日本古義」に  日向國宮崎神武天皇御祭禮の流鏑馬を見物せり。  凡馬数千七八百騎に餘れり。二十騎或三十騎ばかり、  馬の鼻を隻べて相図を聞くと等しく一度に駆出す。  其の 疾き事矢の飛ぶが如く、雄々しき事又比ばむものなし。 是吾が神武國のいさをしなるべし。 とあって、すでに草競馬に変化していたことがうかがわれますが、花の武道精神と土の匂いのする農耕の御祭とがめでたく結びついた、我が国ぶりの神事であるといわなければなりません。 ・出典「宮崎神宮『神事流鏑馬』」