スキップしてメイン コンテンツに移動

「医は仁術なり」ではなくなったのでしょうか?





 「いやー、やはり、放射線治療は素晴らしいですよ!がんを治療するにはやはり、放射線治療ですね」なんてことはなく、最近の医者って、単に「病気さえ治せば良い」という考え方が強く、患者自身を心身ともにケアをしていくという視点がまったくもって見えてきませんね。

 今日も県立宮崎病院の医師、看護士たちと話し合いを行ったのですが、病院内のコミュニケーション、職場における意思疎通はどうなっているの?という感じでした。

 医師は「患者に希望を与えるために、もうすぐ退院できますと話しています」というが、単なる気休めでしかない。本当に、個々の患者を診ていれば、そのような気休め程度の話はしない。

 患者である父に変な希望を与えるものだから、昨日は大変でした。

 昨日、鹿児島市で川内原発の反対集会があるので、その取材に出向こうとした矢先、病院から電話。

 「こんな時間帯に電話とは、もしかして父に何かが・・・」ということで、電話をとったら、至急、外出しなけれならない要件があるので、迎えに来てくれとのこと。

 車の向きを変えて、病院に向かうと、「火曜日に退院が決まったから、金をおろしにATM」に行きたいとのこと。

 退院の話は、家族は誰も聞いていないので、父に確認したところ、「さっき、主治医から言われた」とのこと。

 主治医に確認したところ、「患者さんに希望を与えるために言った」と。

 うん?正式な退院の話ではなく、「もうすぐ退院できます」ということらしい。

 医師とあろう者が、推測で話をすると、それは希望でもなんでもなく、混乱を起こす元。

 父は、「今月いっぱいで退院だ」と勘違いし、私を呼んだとのこと。


 なんだろうね。


 ATMなら病院内にもあるわけで、患者と医師、看護士とのコミュニケーションがとれていれば、「大谷さん、ATMなら院内にもありますから、お金は正式に退院が決まってからでいいですよ」と伝えればそれでおしまい。


 そのようなコミュニケーションもとれないなんて、子どもと一緒。


 「患者さんに希望を与えるのだ!」としか言えない医師も哀れ。


 すべてにおいて、宮崎県立宮崎病院のレベルは低いとしか言いようがありません。

 私は、過去に、宮崎県の「事業仕分け委員会」の委員として、医療・福祉関係の県の事業をすべて拝見し、事業を仕分けるという仕事をさせていただいておりました。

 当然、宮崎県立宮崎病院も対象で、個人的に、過去の不祥事、医療事故等も調査いたしました。

 なぜ、過去の事例から学ばないんだろう、というのが当時の感想でしたが、それは今でも変わっていません。


 「医は仁術なり」では、なくなったのでしょうか?


 現在、宮崎県立宮崎病院にご入院中の皆さん、または、ご家族の皆さん、病院職員の言動はチェックされたほうが良いかと思います。

 ま、すべての医師や看護士が悪いというわけではありませんが、一部が悪いと全体にも影響を与えるものです。


このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…