スキップしてメイン コンテンツに移動

【Kファイル】準備書面等閲覧報告4月23日






 表題のとおり、本日423日午後1時から、宮崎地方裁判所延岡支部におきまして、前回の口頭弁論(34日)以降に出されました準備書面及び証拠資料等の閲覧を行いました。

 前回、裁判所から被告に出された宿題の5点の提出だけはクリアしていますが、そのいくつかの内容は到底裁判所の宿題レベルを満たすものではありません。

 また、被告から出されました「準備書面」もこれまでの主張の繰り返しですが、被告からの証拠資料は今回で全て出揃ったのではないかと思います。やっと出揃った、という感じです。




 さらに、明日付けの裁判関係資料も閲覧することができました。

 それは、被告から出されました病院からの「診断書」に関するものです。このレポートの最後にまとめていますので、どうぞ、そちらもご覧ください。


 明日424日は、午前11時より開廷です。
 閉廷後、なるべく早くレポートしたいと思います。


 では、本日の閲覧レポートをご覧ください。


----------------------------------------
【前回の「調査嘱託」の回答】

○宮崎県環境科学協会からの「回答書」(平成27326日付け)
・検査依頼人 被告の主人
・協会側   立会人なし
・検査場所  検査依頼書に記載されていた場所を転記した。

【被告準備書面(平成27416日付け)】
 原告の平成27227日付け準備書面に反論する。

○「子どもが咳をして困るからやめてください」と言っても聞き入れなかったのは原告である。よって争う。

○住民説明会(平成24711日)において、「誰が責任をとるのか」に関して、責任のとり方を具体的に明らかにするように、原告に説明を求める。

○「グリーンサンド(以下GS)は安全である」のなら、一筆書いてほしい。責任をとってほしい。
 一筆を書かないで裁判を起こしたのは原告であり、原告は責任逃れをしていると考えられる。

GSが商品であること、一方的に被告を訴えてきたことについて理由を説明してほしい。

○被告が工事の中止を原告は認めたが、その余は否認又は争うについて、具体的な内容が記されていない。

○原告が裁判を起こす理由に説明を求める。

○原告はブログの内容を虚偽だと言いながら、虚偽であることを示すことをせず、「認否しない」という回答について、なぜ認否しないのかの理由の説明を求める。

○被告が採水したのは第1工区からである。原告の言う「別の場所」とはどこなのかを明記することを求める。

GSが安全であるということを、一筆書き込みをすることを求める。

○原告は「土や水の入れ替えをしていない」「検査結果を誤魔化しいない」とするが、被告は原告を一日中見ているわけではないので知らない。

○原告は、日向製錬所産廃問題ネットワークの行為が、原告らの土や水の入れ替えを行っていないことを示すものとしているが、よく意味が分からない。

○原告が日向製錬所産廃問題ネットワークを持ちだした理由を具体的に明らかにするように求める。

○子どもが咳を出したのは、GSが積まれ出してからである。
 原告はGSが原因ではないと主張するが、であれば、一筆書くことを求める。

GSが商品であるのなら、自分の所の前に積むことを求める。

○これまでの原告の行動について、なぜ否認するのかについて、説明を求める。



【被告準備書面(平成2722日付)経過報告書について】
 1~45の項目について13ページにわたってまとめられているが、これまでの繰り返しの内容がほとんどだったので、割愛させていただく。




【原告:有限会社サンアイについて(平成27416日付け)】

○原告準備書面(平成27127日付け)については、これまでの主張の繰り返し。

○原告準備書面(平成27225日付け)については、以下のとおり。

○原告有限会社サンアイ代表取締役K氏は、暴力団とのつながりがあると日向市の人々から聞いており、それはとても有名である。

 それぞれの人々が言っており、誰と誰かは分からない。

○「組関係の田中」さんから電話を受けた。
 「宮崎の友達に頼まれてブログを見た、被告の電話番号は組関係で調べ若い衆から聞いた」

○組関係、暴力団関係とのつながりがあると聞いているのは、原告有限会社サンアイ代表取締役K氏だけであった。

 よって、日向市でも有名であるし、実際に被告宅にもそういう電話があったので、原告有限会社サンアイ代表取締役K氏は暴力団関係者とつながりがあると考えた。

 違うなら違う、嫌なら嫌だと、はっきりと言えば良いものを、書かれた本人は今まで黙ったままで何も言って来なかった。

 よって、有限会社サンアイは、具体的に誰が暴力団とつながりがあるかと言っているのを明らかにしたければ、K氏本人が、自らの足で一人一人を訊ね歩くことを勧める。

 どうしてK氏が黙ったままでいるのか、理由を述べることを求める。

○他は、これまでの主張の繰り返しなので、割愛させていただく。



【証拠資料】

○宮崎県環境科学協会から受け取った計量証明書の内容説明
 ただし、証拠としてではなく、準備書面として提出(平成27416日付け)

○直訴状(平成26119日付け)

○新井貴博弁護士に返信した内容証明書(平成25515日付け)

○原告株式会社日向製錬所から送られてきた内容証明書(平成24830日付け)




○宮崎県公衆衛生センターの「食品検査成績表」
・ヒ素(無機ヒ素)  0.16ppm
 ※ジエチルジチオカルバミン酸銀法
・カドミウム     検出されず
・鉛         検出されず
・総水銀       検出されず





○宮崎県工業技術センターの第1工区に積まれているものの「土壌検査」(平成24918日)
・検査対象:無名の埋土材
・定性:蛍光X線分析
・検出元素
   SiMgFeAlCrCaMnNiTiZnKS
   NaVCoSrZr17元素)





○診断書(平成27320日付け)
・診断名 「マイコプラズマ肺炎」

 上記診断にて、2012813日より入院。

 点滴による補液、抗生剤投与、内服薬投与、吸入、酸素投入にて加療。

 2012820日、全身状態改善により退院となった。

 上記の通り、診断する。

 平成27320
 宮崎県立延岡病院小児科
医師 ○○ ○○子





○第1工区沈殿池から排出している水の様子(写真)
GSを搬入し埋め立てを行う有限会社サンアイ(写真)
 計18枚の写真があるが、いずれも日付なし。ブログにも掲載されている写真もあり、いすれも原告の許可なしで撮影したと思われる。


○西川内地区での土地開発行為に係る協議記録







【文書送付嘱託の申出書(平成27424日付け)】

○送付嘱託先
 宮崎県立延岡病院小児科

○証すべき事実
 被告の子の咳の原因について

○必要性
 被告は、その子の咳の原因はGSの粉じんであると主張し、診断書を提出しているが、咳の原因については書かれていないので、詳細を明らかにするためカルテ等の取り寄せが必要である。

 なお、送付嘱託には、被告の同意書が必要であり、同意書への署名印鑑を求める。

○送付を求める文書
 被告の子に関するカルテ、検査結果、看護記録、意見書、紹介状、診断書等の診療記録一切(写しで可)。

 なお、被告の子は、貴病院(小児科)へ2012813日~同年820日に入院している。




このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…