スキップしてメイン コンテンツに移動

「YouTube Heroes program」で巻き起こる過激な議論




 9月22日付けのYouTube公式ブログでローンチされた「YouTube Heroes program」で、過激な議論が展開されています。

 私のブログ「Let's Try YouTube」では、ローンチされた記事の和訳を掲載させていただいております。


 そのYouTube Heroes programに関して、現時点で、日本を除く各国でちょっとした議論が起きています。

 




 「YouTubeはナチスのようだ」と過激な発言も。


 ツイッターのハッシュタグ「#YTHeroes」では、このprogramに賛成する声よりも、反対の声が多く上がっています。














 では、いったい反対派は、このYouTube Heroes programの何に反対しているのでしょうか?

 ローンチされこのprogramでHeroesが行うことは、次の3点。


1 コミュニティ ガイドラインに違反している動画を正しく報告する = 1 ポイント
2 字幕として公開される文章の作成に協力する = 1 ポイント
3 YouTube フォーラムでユーザーの質問に回答し、ベストアンサーに選ばれる = 10 ポイント


 すべてポイント制で、このポイントが1000を超えると、「Hero」と呼ばれるトップレベルユーザーになることができます。




 この中で彼ら反対派が取り上げているのは、「動画レポート」と呼ばれている1番めの


コミュニティ ガイドラインに違反している動画を正しく報告する



です。



 このHeroesの活動が、




ユーザー同士による「検閲システム」





であると捉えているのです。


 そのために、「YouTube上のコンテンツの自由のために戦う!」と反対派は声を上げているのです。


 ローンチされたばかりで、このYouTube Heroes programはこれから動いていくことになるので、果たして反対派が危惧しているような事態になるのかどうか、まったく分かりません。


 今回、「動画レポート」には著作権侵害に関しては含まれていません。


 コミュニティガイド違反が対象になっていますが、確かに不適切なコンテンツが多く存在します。


 YouTubeのコミュニティを健全な状態にするためには、不適切なコンテンツは当然排除しなければなりません。

 ローンチされた公式ブログの記事にもありますが、これまでは、「Trusted Flragger」と呼ばれる人たちがそのようなコンテンツの排除のために活動していましたが、今回、その活動を拡大させるというカタチで、新しいサービスであるYouTube Heroesでもできるようになったのです。


 誰もが使えるより良いYouTubeのコミュニティづくりには必要な活動であり、「検閲」につながるような話は、私が参加した「YouTube Community Contributor Summit 2016」では聞いていません。



 アメリカのYouTubeを見ていますと、この議論に便乗して再生回数やチャンネル登録者を増やそうとしている動画もチラホラと。



 健全なコミュニティを望んでいない反対派は少数のように思えます。


 過激な内容ほど視聴者からの反応があり、再生回数も伸びるということですが、果たして彼らがどこまで反対していくのか分かりません。


 
 この件に関して、現時点で日本で言及しているのは私ぐらいですが、今後、日本でも似たような議論が起こり、有名YouTuberを中心にして何らかの動きがあるかもしれません。ないかも知れません。


 どこの国でもそうですが、コミュニティガイドラインだけではなく、著作権侵害についてもHeroesの活動に組み入れてほしいぐらいですね。



 最近、また映画の違法アップロードが増えてきているようなので。




 私は、この「YouTube Heroes program」の導入は、現時点ではベストではないにしろ、ベターではないかと思います。


 
 健全なコミュニティを望まず、収益一辺倒の金儲けだけを考えているチャンネルは、このprogramによって淘汰されていくべきだと思います。





 収益はあくまでも動画視聴の結果であり、

 動画を制作したクリエイターへのモチベーションを高めるべきもの




であると考えます。





 この「YouTube Heroes program」に不具合が出てくれば改善していけば良いわけで、私たちYouTube Heroesが、その最新のサービスに関わっていることに、逆にワクワクしています。











 ご覧いただき、ありがとうございます。



 ぜひ、このYouTube Heroes programに参加されませんか?



このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…