スキップしてメイン コンテンツに移動

検証・宮崎市大塚町での交通事故





2016年11月16日、15日夕に交通事故が起きた現場に向かいました。


・朝夕の交通量が多い割には、歩行者・自転車に配慮した対策がなされていない。

・制限速度以上で走行する車が多い。

・水道橋の横断歩道には、夜でも確認できる点灯式の横断歩道の標識があるのに、事故が起きた横断歩道にはない。

・河川敷側にも簡易トイレがあるが、ただ置いてあるだけ。

・夜間ライトの設備がない河川敷のサッカー場等における日没後の利用の在り方を考える必要がある。

・堤防道路には街灯が1つもない。



 現場に行かないと分からないことが多くありますが、今回の交通事故は、事故を起こした運転手がきちんと前方を向いて運転していれば防げたのではないかと思います。

 宮崎の運転手のマナーは他県に比べても悪いと思います。

 「明日は我が身」ということで、毎日、安全運転で過ごしたいと思います。



 重体のお子様、ケガをされたお子様のいち早い回復をお祈りいたします。



【追記】

 取材者である私・大谷は、交通事故の起きた宮崎市大塚町に住んでいます。

 父は大塚町に家を構えた40数年前から、自宅近くの交差点で、子どもたちが安全に登校できるように自主的に交通指導(緑のおじさん?)をはじめました。

 それが後の交通安全指導員制度につながり、正式に宮崎南警察署から委嘱されて数十年、交通安全指導員を勤めてきました。

 その父の姿を見ながら当時新設された市立大塚小学校に通っていました。

 大学時代には私が交通事故を引き起こすきっかけをつくってしまい、教員になることを断念することを考えたこともありました。

 そのような過去から、交通安全、交通事故に関してはなぜか敏感に反応してしまいます。




 この社会から完全に交通事故をなくすことは難しいのかもしれませんが、

 その足に置いているアクセルを少し緩めることで、助かる命があります。

 スマートフォンから目を離し手を離し、前方をしっかりと見て運転することで、助かる命もあります。


 加害者も被害者も、どちらも大変です。大学時代に経験しました。

 加害者、被害者だけではなく、多くの方々が悲しむことになります。それだけは避けなければなりません。

 交通事故が起きた場所で同じことが起きないように、そして、交通事故が起きそうな場所に、何ができるのかを、行政にも考えてほしいと思います。




このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22