スキップしてメイン コンテンツに移動

ニコニコYon-Go!Hin-Go!、スタート







 情報発信の場、多くの皆さんとの交流の場として、ニコニコ動画での活動をスタートさせました。

 これまでYouTubeLiveを利用していましたが、自己満足の域を出ることがなく、視聴者の皆さんとの交流が深まっていかないことにジレンマを感じていました。
 ニコニコ生放送の最大の魅力は、やはりコメントを通じたやりとりで、もう少し早くからニコ生を使っていれば・・・と言うことでしたが、年が明けたということで、積極的に利用することにしました。
 当分の間は、現在インターネットを賑わせている例の日向市の「産廃問題でも何でもない問題」について、多くの方とこのニコ生で情報交換ができれば良いなと考えています。

☆インターネットにおける情報発信のあり方
 すべてはこの「インターネットにおける情報発信のあり方」にあるのではないかと思います。
 私が事例として引き合いに出すのは、2003年末に起きた「佐賀銀行倒産メール事件」です。
詳細はリンク先をご覧ください。
 ここにも主婦が登場します。
 すべての主婦が悪いということを言いたいのではなく、どうして、どこで判断をして「取り付け騒ぎ」になるようなメールを送ったしまったのかということです。

 昔、学校の教員をしていた頃、校内の情報教育推進主任として、「情報リテラシー」に力を入れていたことがありました。
 当時の「情報リテラシー」とは、「情報収集能力」「情報判断能力」「情報活用・発信能力」の3つあり、それを子どもたちに身につけさせるのはどうあればよいのかについて、毎日、同僚と議論していました。
☆子どもたちだけではダメである 議論してきた中で、「これからは確実に情報化社会になるので、子どもたちだけではなく保護者にも情報リテラシーを広げなければならない」という意見も出されました。
 当時(1990年代後半)のインターネットは、現在のようなSNSはなく、2ちゃんねるを代表する匿名掲示板、ホームページ、携帯電話(ガラケー)のメールが中心ではありましたが、日々進歩しているIT業界を見てきた中での意見でした。
 保護者への情報教育は、「家庭教育学級」の講座として、年何回か行いました。

 教員を辞めた後も、情報教育系のNPO法人を立ち上げ、2004年の「宮崎市政80周年記念事業」の一つとして、「情報モラル日本一宣言都市事業」を展開してきました。
 10年前は、現在ほど子どもたちがサイバー犯罪に巻き込まれる可能性は低かったため、この事業自体は先取りしすぎた感はありました。しかし、「情報教育は子どもだけではダメだ」という思いはありました。
☆確かに便利にはなったが、不都合な真実は・・・
 何もかも便利になりすぎてはいないだろうか?
 自分の思いや考え、意見を発信することが簡単にできるようになり、逆に私たち人間は、物事を深く考えることを止めようとしているのではないかと感じています。
 「客観的に物事を考える」と言いつつも、その内容は裏付けも何もない感情に任せたまま書いたと思われるものを、フェイスブックやツイッターで目にします。
 果たしてそれで良いのでしょうか?

 「事実だからすべてを書く」「本当のことだから・・・」と、すべてをインターネットで公開する風潮の中で、逆に見えなくなっている「事実」はないのでしょうか?

 いわゆる自分の主張に邪魔な「事実」は伝えようとせず、関心や注目を集めそうなコトだけを情感豊かに書く。

 私たちは小説家ではないので、そのような情報はいつかはバレてしまうということを、常に頭に入れて置かなければなりません。

 もし、本当に相手に何かを訴えたいのであれば、自分に有利・不利関係なく伝えなければならないのですがね。

 「不都合な真実」は刹那に消すことはできても、いつかは分かってしまいます。

☆インターネットは情報伝達手段の一つにすぎない
 いまさら言うまでもないことですが、しかし、このことを忘れている人が実に多いように思われます。
 インターネットを使うことはあっても、逆にインターネットに使われるようなことになれば終わりでしょう。

 昔の記者は、自分の足で情報を稼ぎ、一つひとつ裏を取って真実に近づけようとしてきました。
 しかし現在は、実際に足で情報を稼がなくても記事がかけるようになった。プロの記者でなくても、誰でも記事が書けるようになった。
 しかし、そのような現代においても、一つの「真実」を追求していくためには、一つひとつ裏付けをとっていかなければならないのです。

☆問題はどこにあるのか?
 さて、日向市の問題は、何が問題なのでしょうか?
 私は、情報発信のあり方を始め、その情報がインターネットで拡散される過程で、問題がすり替えられたと考えています。
 しかし、その私の考えが正しいのかどうか、今は結果は出せません。これからも取材を続けていかなければ分かりません。
 ただ、関係者の最近の動向を見ると、少しではありますが変化が出てきいるように思います。その変化が良い方向に動いていくかどうか、これも様子を見ていかなければなりません。
 言えることは、「当事者が一番よく分かっている」ということです。
 不都合な真実は、いつまでも隠し通せることはできません。
☆「ニコニコYon-Go!Hin-Go!」では当分の間、日向市の問題を
 ということで、ニコニコ生放送で始めました新しい放送では、当分の間、この日向市の問題を取り上げていきます。
 放送中のコメントを通じて、多くの皆さんと情報交換ができれば良いかと思います。
 
 もちろん、関係者の皆さんのご参加もおまちしております。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…