スキップしてメイン コンテンツに移動

【宮崎駅前ミニボートピア誘致問題】みんなの想い

ミニボートピア建設予定地1


昨日、電話があり、街頭での署名活動のあと、お会いしました。

宮崎駅前商店街でお仕事をされていらっしゃる方で、私が作ったビラを見て、「駅前商店街以外にも同じ想いを持っている人がいる」ってことで、1時間ちょっとお話をいたしました。

その方は駅前商店街振興組合には入っていませんが、組合に入っていなくても、今回の件に関して「NO!」の声を上げようということで、独自に署名活動を行なっています。

目の前にドーン!と出てきた記入済み署名簿の束。500人以上あるとのこと・・・

彼が危惧していることは、「この問題に無関心でいること」。

駅前商店街や駅前近辺に住んでいても、まだ、今回の件を知らない人がいる。ごく限られた人数で決まってしまう恐ろしさがあることを。

商店街振興組合に加入していないから、自治会員ではないからという理由で、この問題に関わろとすることを拒否し続けている地元・宮崎駅前地区自治会については、私もおかしいと思います。

やはり問われるのは「住民の民意」ではありますが、その「民意」とは「地域の総意」であり、一部の、ごく限られた一部の住民の考えではないことは明らかです。


◇◇
しかも、駅前商店街には通勤・通学で多くの宮崎市民の皆さんが利用しています。

私も駅前自治公民館でパソコン教室をしていますが、通りに出ますと、高校生たちが笑いながら通り過ぎていきます。通りに明るい笑い声が広がることは、駅前商店街あみーろーどが、安全で安心な通りであるという証拠です。

「ミニボートピアができても、午後9時までは警備員がいるから安心・安全は確保できる」としている自治会賛成派は、駅前に住んでいながらこの通りのことを全く知らないのと同然です。

彼から、彼が書いたという文章をいただきました。
「これは開かれた行政・市政、住民参画と唱えていたのに反するものと考えます。」

まさにその通りです。

「住民参画」という言葉が良く使われますが、その本質通りに使われたことはありません。自分たちの立場をよく見せるイメージ戦略で使うことはありますが、住民参画という言葉通りに動けば、このような事態にはならなかったはずです。

「委任状」を取るために、1軒1軒自治会員の家を訪れたのであれば、その際にきちんと説明すべきだったのです。自治会の加入に関係なく、駅前に住む住民の皆さんを集めて、何度も何度も説明会を開催する努力をすればよかったのです。


◇◇◇
市民感情として、「賛成派」「反対派」と二分されたことはとても悲しいことで、できれば避けて欲しかった。

しかし、まだ、話し合う余地はあります。

それは、「市民みんなで、これからの駅前商店街について語ること」です。
そして、「みんなで良い通りになるように、まちづくりを実践すること」です。

他人任せではありません。

アメリカでは寂れている街をなんとかしたいということで、アメリカ・ミシガン州の都市、グランドラピッズでは、市民5000人が参加してグランドラピッズを紹介するミュージックビデオが話題になったことがあります。

ここまでのことはできないかも知れませんが、「賛成!」「反対!」って騒いでいるより、みんなで街を盛り上げよう!と動いたほうが良いに決まってます。






◇◇◇◇
 今日は、同じ想いを持っていらっしゃる方とお話ができて、とても良かったです。

 私も街頭で、この問題をより多くの市民に知っていただき、一緒に考えていけるように活動を続けていきたいと思います。

 がんばりましょう。


 

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…