スキップしてメイン コンテンツに移動

世界結核デー:多剤耐性結核治療の歴史的好機を逃すな

サクラ開花宣言から6日・・・6





国境なき医師団(MSF)日本



3月24日の世界結核デーを前に、国境なき医師団(MSF)は、いまこそ多剤耐性結核(MDR-TB)の対策を進めなければ、同結核の感染率を抑え、著しく低い治癒率を向上させる歴史的な好機を見逃すことになるだろうと警鐘を鳴らす。抗結核薬の併用療法の向上や、治療の普及拡大を目的とした研究の促進、MDR-TBに有効な2種類の新薬を、治療の大幅な短期化と改善、毒性の軽減につながるように用いる必要性を訴えている。

また、世界各地のMDR-TB患者と医療スタッフとともに、こうした要求を公式マニフェストとして掲げ、速やかな対応への呼びかけにより多くの人が加わるよう求めている。

マニフェスト「TEST ME, TREAT ME」オフィシャル・ページ(英語)
http://msfaccess.org/TBmanifesto/

マニフェスト日本語訳
http://www.msf.or.jp/files/Image/JP_DR-TB_Manifesto_FINAL.pdf

_______________________________________________________________

「結核に有効な新薬が50年の間待ち望まれてきました。このまたとない歴史的な好機を、見逃すわけにはいきません。MDR-TBの治療法向上は、いくら緊急と言っても言い過ぎでないほどの急務ですが、それに見合う優先度が与えられているようには見えません」スワジランドで活動するMSFの結核医エルキン・チナシロワはそう語る。

現在、世界各地のMSF活動プログラムで診療を受けているMDR-TB患者の数は過去最多となっている。薬剤耐性は、それまでに受けた結核治療を適切に完了できなかったことが原因となるだけでなく、新規に結核と診断された患者の間でも確認されている。これは、MSFの活動地でMDR-TBそれ自体に感染性があるということを明確に示すものだ。

MDR-TB は、治療しなければ致命的な感染症だが、現在の治療法は2年に及び、重い精神疾患、聴力障害、恒常的な吐き気などのひどい副作用を伴い、2年のうち最長8ヵ月間、痛い注射薬を毎日投与される。しかし完治する患者は半数に過ぎない。

今般、結核に関する研究開発が十分に行なわれなかった50年近い年月に終止符が打たれ、新薬「ベダキリン」が先ごろ承認された。もう1つの新薬「デラマニド」も承認を控えている。治療の短期化と効果向上、そして、増え続けるMDR-TB患者治療への導入のため、これら新薬の最大限有効な活用方法を見定める研究も急務となっている。

「2013年で、結核とのつきあいも4年目になります。結核がなければ、大学の4年生だったはずです。2010年6月の治療開始以来、約2万錠の薬を服用し、毎日受けた痛い注射も200本を超えました。薬のせいで、聴力にも障害が残っています。1日2錠の薬を1ヵ月間服用する程度で治るようになってほしいものです」そう話すのは、南アフリカのカエリチャでMSFの超薬剤耐性結核(XDR-TB)治療を受けるフメザ・ティジール(女性、22歳)だ。マニフェストの署名者の1人でもある。

MDR-TB治療を受けることができる人の数は非常に少なく、世界的にも5人に1人の割合だ。これを解消するためには、国際社会からの政治的・経済的な支援の拡大が求められる。

「国際社会の優先案件となるべき結核が、今なおなおざりにされる傾向は見逃すことはできません」MSF必須医薬品キャンペーンのエグゼクティブ・ディレクターで医師のマニカ・バラセガラムは述べている。

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)は、結核を対象とした国際支援の約90%を担っているが、先ごろ結核対策への充当分を減額した。要となるのは2013年後半の増資会合だが、それに先駆け、各資金援助国・機関は、世界基金が十分な財源を確保し、受益国がMDR-TB対策の強化に必要な支援を受けられるようにしなければならない。よりよい治療法の登場が期待される今、新薬導入後も安定的な対策プログラムを展開するため、当該国は既存のMDR-TBの診断・治療を拡充しておかなければならない。

__________________________________________________________________

薬剤耐性型の結核は、世界の保健医療における顧みられない危機である。世界保健機関(WHO)の推計では、2011年のMDR-TB症例数は63万件。MSFは2001年にMDR-TBの治療提供を開始。2011年は、21ヵ国で合計1300人のMDR-TBを治療している。



PR TIMES

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…