スキップしてメイン コンテンツに移動

市民メディア「PJニュース」、終わる。




 PJ NEWSは、2013年3月29日をもって終了しました。長い間のご愛顧をありがとうございました。引き続き、姉妹サイトのさくらフィナンシャルニュースをよろしくお願いいたします。


 ということで、ついにというか、やっと、PJニュースもサイトを閉じることにしたようです。



 PJニュースは、2005(平成17)年に創刊。

 市民主体型メディアのPJニュースは中立性を掲げる報道だけではなく、個人の良心または主観に従った言論を重視した、独立した個人によるジャーナリズムを目指してきました。

 2009年12月までメディア・エージェンシー有限責任事業組合が担当し、その後2011年1月までは株式会社ライブドアが担当していました。当時のライブドアニュースへも配信していました。

 ライブドアの運営会社の変更に伴い、が2011年1月末をもってライブドアニュースへの配信を停止されました。

 その後、株式会社PJニュースが行っていましたが、PJニュースの経営悪化から2011年4月4日に組織形態が変更されて任意団体となり、株式会社PJニュースは清算され、ボランティアでの運営となりました

 
 運営の変更に伴い、いわゆる「パブリック・ジャーナリスト(PJ)」と呼ばれる市民記者が書く記事の数も減り、2012年7月以降、サイトにアクセスできなくなったり、アクセスできても記事が掲載されていない状況が続いていました。

 そして、2013年3月29日、PJニュースは閉じることとなりました。


◇◇

 つい先日、仮出所した堀江貴文氏。

 2006年の「ライブドア事件」の際には、東京地検特捜部の強制捜査中に、元社長であった堀江貴文氏とのインタビューに成功し、ネット上で話題となりました。

 
 また、『発掘!あるある大事典』による情報漏洩問題もスクープしてきました。

 2007(平成19)年1月時点で、1日の閲覧数は30万件から100万件あり、1本の記事で閲覧数が一日10万件を超えることもあった。


◇◇◇

 既存のマスメディアではカバーしきれないニュース、地域情報などを、市井の人々の視線で報じているとの評価があり、大手マスメディア関係の読者も多かった。

 しかし、ソーシャルメディアが急成長を遂げる現在、一般人がネット上で情報を発信できる機会は増えており、PJニュースという取組みの存在意義が縮小しているとともに、過去複数年にわたる取組みでライブドアが投資したコストを今後回収できる見込みがたたないとして、ライブドアへのニュース配信契約は2011年1月末をもって、終了した。

  日本における主な市民メディアは、PJニュースの他に、ツカサネット新聞(現在休刊)、オーマイニュース日本版(廃刊)、日本インターネット新聞のJANJAN(現在はニュースブログとして配信中)
があった。

 いずれもビジネス・モデルとしては成功せず、撤退を余儀なくされた。




◇◇◇◇

 
 しかし、市民メディア自体が完全に衰退したわけではなく、日本各地には、コミュニティ・ビジネスとしてNPOや市民活動団体として、および、個人レベルでの市民メディアは多数存在し、現在も情報を発信し続けている。

OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)
ビデオニュース・ドットコム
IWJ




 私が主宰する「市民メディアみやざきCMM」もその一つ。

 また、新たな動きとして、「パブリック・アクセス」としての市民メディアを模索し、堀潤氏を中心とする若手ジャーナリストによる「8bitNews」も活動を展開している。


 日本における市民メディアは、これで終わったわけではない。

 2011年3月11日以降、情報伝達、情報発信のあり方は、確実に変わってきた。

 ビジネス・モデルを追求し、大手マスコミと何ら変わることのない手法で運営されてきた市民メディアが淘汰され、これからは「パブリック・アクセス」を目指す、市民メディアが情報を発信していくことになるだろう。






 今後の市民メディアに注目してほしい。







このブログの人気の投稿

【Android au IS04不具合戦争?】auお客様センター上席責任者からの回答

午後2時50分過ぎ、auお客様センターからお電話がありました。

 でも、前半のお電話のやりとりって、これほどまでに客である私の情報が、担当したオペレーターを通じて上席責任者に伝わっていなかったんだろうと、auお客様センターの対応に呆れてしまいました。そういう体質なんでしょうか?




上席「昨日はお電話をありがとうございました。IS04の修理に伴う代用機の手配の件ですが、大谷様行かれましたauショップには8GBSDカードに対応する代用機がなかったということで、私どものほうで、宮崎市内ではございますが、別のauショップで代用機の手配をいたしました。」

私「はい?代用機とは何のお話ですか?」

上席「いや、昨日、大谷様から私どものオペレーターにそのようなお話があったようで、責任者である私のほうで手配いたしました。」

私「え?そんなことで上席責任者に電話を取り次いでくれとオペレーターさんにお願いした覚えはございません。」

上席「そのように承っておりますが・・・」

私「代用機の件については、昨日のオペレーターさんにもお話ししたのですが、情報をきちんと共有されているのでしょうか?」


ということで、私が昨日、責任がとれる上席者に電話を取り次いで欲しいと言う内容が、いつの間にか、auのほうで、「代用機の手配」に変わってしまっていました。

auお客様センターでの会話は録音されているワケですから、その会話を再生すれば話の流れから、私が代用機の手配のためではないことは分かるはず。

昨日、auショップの店員さんには、「しばらく様子をみます」ということをお伝えしていたのですが・・・。

話の本質は、こんなことではありません。


■■

私「私が上席責任者に電話を取り次いで欲しいとオペレーターさんに伝えたのは、昨日(3月28日)の調査結果の経緯を知りたいためです。1か月近くあり、調べますと言っておきながら、調査結果は原因不明ですでは、あまりにもずさんです。」

上席「はい。私どもがご説明できるのは、昨日の担当が申し上げましたように、調査結果は原因不明なので、お客様にはお近くのauショップにIS04を持ち込んでいただき、基盤交換をお願いしたく、その旨をおつたえするだけです。」

私「これまでの説明を聞いていると、基盤交換をすれば治る可能性があるしか言わない。裏をかえせば、基盤交換をしても直らない可能性…

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。