スキップしてメイン コンテンツに移動

ソマリア:人道援助の侵害と悪用により、22年におよぶ医療援助活動に終止符





国境なき医師団(MSF)日本





 国境なき医師団(MSF)は、1991年以来ソマリアで継続的に展開してきたすべての活動を終了し撤退すると発表した。

 




 武装集団および地元指導者層が、人道援助従事者の殺害、襲撃、拉致を支持、許容、容認する姿勢を強め、MSF職員が激しい攻撃の対象となっていることが理由だ。

 MSFは活動を展開するにあたり、医療・人道援助活動の尊重という最低限の安全保障の交渉をしてきた。

 しかし、その交渉相手が、直接的あるいは間接的にMSFスタッフに対する暴力に関与することもあった。主にソマリア中南部で起きていることだが、その地域に限った事ではない。

 こうした行動や環境を容認することによって、何十万人ものソマリア人を人道援助から締め出すことになっている、とMSFは指摘する。


<比類なき高リスク>
 MSFは、22年間にわたる活動の中で、武装集団や関係当局の各陣営と交渉を重ねてきた。圧倒的な人道援助ニーズを前に、MSF、特にソマリア人スタッフは、他に例を見ないほどのリスクを負い、MSFが活動規範とする独立・不偏の原則について大きく妥協を強いられながらも、活動を継続してきた。
 首都モガディシオでは、2011年12月、スタッフ2人が残酷に殺害される事件が発生したが、有罪となった殺人犯は早期釈放となった。

 また、ケニアのダダーブ難民キャンプから乱暴に拉致されたスタッフ2人は、ソマリア中南部で21ヵ月拘束された後、先月ようやく解放された。

 この2件は、一連の暴挙の最新の事例に過ぎない。1991年以来、計16人のMSFのスタッフが殺害されており、スタッフ、救急搬送車、医療施設への攻撃は数十回に上る。
 MSFインターナショナル会長、ウンニ・カルナカラ医師は、

「人道援助活動従事者を殺害、攻撃、拉致することで、武装集団および彼らを容認する地元指導者層は、無数のソマリア人の運命を決定付けたことになります。現在のこの国の状況下では、我々のできることに対してスタッフが背負うリスクや妥協が大きすぎるため撤退を決めたのです」と語る。
 スタッフの殺害、拉致、暴力被害を受け、ソマリアでMSFは武装警備員の導入という例外措置を取らざるを得なかった。これは他のどの国でも行っていないことだ。また、活動地域のニーズを独自に評価し対応するというMSFの原則にも厳しい制約が課されたが、それも受け入れざるを得なかった。
<最低限の安全保障得られず>

 人道援助活動を展開するためには、医療人道援助活動の価値に対する最低限の認識、すなわち紛争当事者や地域社会による医療援助の受け入れ、ならびに独立・不偏の活動原則の尊重が求められる。さらに、各陣営が合意に従い、患者とスタッフに最低限の保護を提供する能力と意志を示す必要がある。しかし、この共通認識を紛争地で維持するのは困難であり、現在のソマリアでは消滅している。
「最終的には、ソマリアの人びとが最も高い犠牲を払うことになるでしょう。ソマリア人の多くは、紛争や飢餓のない状態を知らずに育ちました。ただでさえ、人びとの手に届く援助は必要な量よりはるかに少ないのですが、人道援助を標的とした武装集団の襲撃や、それを容認する地元指導者層の行動が、わずかに残されていた医療を受ける機会を人びとから奪い去ってしまったのです。」

とカルナカラ医師は語る。
 MSFは、首都モガディシオ、首都近郊のアフグーエ、デイニール、バラド、ディンソール、ガルカイヨ、ジリブ、ジョハール、キスマヨ、マレレ、ブラオなど、ソマリア全土で展開していた医療援助活動を終了し、撤退する。これまで1500人余りのスタッフが様々な活動に従事し、無償で一次医療、栄養治療、産科医療、外科治療、感染症対策、集団予防接種、水や救援物資などを提供してきた。

 2012年の活動実績は、診療62万4000件以上、入院治療4万1100人、子どもを対象とした栄養治療3万90人、予防接種5万8620人、分娩7300件であった。
 22年間にわたる活動を通して、MSFはソマリアの地におけるニーズの高さを痛感している。MSFは、医療・人道援助を通じてこの膨大なニーズに対応すべく引き続き尽力していく一方で、ソマリアの各陣営が人道援助を円滑にする意志と能力を行動で示し、ソマリアの人びとに命がけで援助を届けている人道援助従事者の安全を尊重するよう求めていく。

[PR TIMES]



このブログの人気の投稿

【Android au IS04不具合戦争?】auお客様センター上席責任者からの回答

午後2時50分過ぎ、auお客様センターからお電話がありました。

 でも、前半のお電話のやりとりって、これほどまでに客である私の情報が、担当したオペレーターを通じて上席責任者に伝わっていなかったんだろうと、auお客様センターの対応に呆れてしまいました。そういう体質なんでしょうか?




上席「昨日はお電話をありがとうございました。IS04の修理に伴う代用機の手配の件ですが、大谷様行かれましたauショップには8GBSDカードに対応する代用機がなかったということで、私どものほうで、宮崎市内ではございますが、別のauショップで代用機の手配をいたしました。」

私「はい?代用機とは何のお話ですか?」

上席「いや、昨日、大谷様から私どものオペレーターにそのようなお話があったようで、責任者である私のほうで手配いたしました。」

私「え?そんなことで上席責任者に電話を取り次いでくれとオペレーターさんにお願いした覚えはございません。」

上席「そのように承っておりますが・・・」

私「代用機の件については、昨日のオペレーターさんにもお話ししたのですが、情報をきちんと共有されているのでしょうか?」


ということで、私が昨日、責任がとれる上席者に電話を取り次いで欲しいと言う内容が、いつの間にか、auのほうで、「代用機の手配」に変わってしまっていました。

auお客様センターでの会話は録音されているワケですから、その会話を再生すれば話の流れから、私が代用機の手配のためではないことは分かるはず。

昨日、auショップの店員さんには、「しばらく様子をみます」ということをお伝えしていたのですが・・・。

話の本質は、こんなことではありません。


■■

私「私が上席責任者に電話を取り次いで欲しいとオペレーターさんに伝えたのは、昨日(3月28日)の調査結果の経緯を知りたいためです。1か月近くあり、調べますと言っておきながら、調査結果は原因不明ですでは、あまりにもずさんです。」

上席「はい。私どもがご説明できるのは、昨日の担当が申し上げましたように、調査結果は原因不明なので、お客様にはお近くのauショップにIS04を持ち込んでいただき、基盤交換をお願いしたく、その旨をおつたえするだけです。」

私「これまでの説明を聞いていると、基盤交換をすれば治る可能性があるしか言わない。裏をかえせば、基盤交換をしても直らない可能性…

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。