スキップしてメイン コンテンツに移動

民主党宮崎県連は猛省すべし!







 今回の「第47回衆議院議員選挙」宮崎1区を総括すると、以下のようになるだろう。





 野党は、戦う相手を間違えた!




☆野党共闘は実現しなかった


 マイペースの日本共産党でさえ票を伸ばした中、全国で展開してきた野党共闘はどうだっただろうか。

 民主党と維新の党の選挙協力が、この宮崎1区でも行われるはずであったが、民主党宮崎県連幹部のヒトコトであっさりと崩れ去った。

 12月1日のギリギリのタイミングで、民主党候補に公認が出され、宮崎1区での野党共闘は実現しなかった。

 民主党宮崎県連は、党本部から公認が得られなくても選挙戦を戦うことにしていたが、知名度が全くない長崎県出身の候補者では、最初から勝ち目はなかった。

 しかし、民主党宮崎県連には、消費税増税を巡り民主党を離党した維新の党の候補者との過去の「しこり」が未だに残っている。

 今回も、「(維新の党候補者)は、宮崎県では評判が悪い」と幹部が民主党本部に話し、公認をとったようである。

 過去のしこりに取り憑かれている民主党宮崎県連は、選挙戦に入る前からすでに、戦う相手を間違えていた。



☆非自民の受け皿はどこか!

 それは、民主党宮崎県連ではない。

 自前で、地元の候補者を立てず、言わば、民主党宮崎県連が自ら痛みを感じることなく、他県出身の候補を立てた時点で、彼らは宮崎1区の有権者から見捨てられたと言って良いだろう。

 連合、労働組合等の組織票では、もはや戦えなくなっていることは、今回の選挙結果からも明らかである。


【12月15日午前1時30分選管最終発表:宮崎1区】


          宮崎市    国富町   綾町      合計
日本共産党    11,965        554           352    12,871
民主党             21,520           1,131         476         23,127
自民党             81,770            5,344       2,057         89,171
維新の党          36,917           1,650         827         39,394


 小選挙区、全ての市町において、組織力の弱い、維新の党が民主党を上回っているのは、どう理由付けをすれば良いのだろうか。


 結果、16,267票も維新の党が民主党を上回っている。

 結果でしか判断はできないが、もし、野党共闘が実現していれば自民候補に肉薄できる票を集めたのかもしれない。


 地元紙に対して民主党宮崎県連幹部は、「候補者の名前を浸透させることができず、非自民票をしっかりと受け止められなかった」としているが、それは選挙戦に入る前から分かっていたこと、ここで述べる言葉ではない。

 また、幹部は「候補者擁立で有権者に選択肢を示すことができ、一定の意義があった」ともしているが、であれば、どうして2区、3区に候補者を擁立しなかったのか、甚だ疑問である。

 現在の民主党宮崎県連が行っていることは、まったくもってちぐはぐである。意味が分からない。


【比例代表政党別得票数:宮崎1区】


        宮崎市   国富町  綾町     合計
民主党    20,271    1,119    504  21,894
維新の党     24,165         1,027       483    25,675


 比例代表でも、組織力の弱い維新の党が民主党を上回っている。

 これも何を物語っているのだろうか?


 組織力、組織票に頼ったこれまでの選挙戦に有権者が嫌気をさし、真に改革を行ってくれそうな政党へ期待を表した結果ではないだろうか?



☆日本の改革はこれから始まる


 維新の党宮崎1区支部は、すでに次に向けて動き始めているようだ。

 今回の選挙結果にいつまでも縛られているどこかの党とは違う。

 それは何か!

 29歳にして初めて衆院選に挑戦し、これまでに数々の選挙を戦ってきたこと、参議院議員を経験したこと、それらをすべてプラス思考で捉え、柔軟な発想で日々を生きているからである。


 今後の選挙でも、民主党と維新の党がぶつかることはあるだろうが、維新の党には何のしがらみもない。


 「日本の改革は、ここ宮崎から始める」の言葉どおり、大阪だけではなく、宮崎でも改革が始まるだろう。

 今回の衆院選を足がかりに、来年は、維新の党が宮崎を、日本を変える勢力として、その影響力を拡大することは間違いないだろう。




 






このブログの人気の投稿

【Android au IS04不具合戦争?】auお客様センター上席責任者からの回答

午後2時50分過ぎ、auお客様センターからお電話がありました。

 でも、前半のお電話のやりとりって、これほどまでに客である私の情報が、担当したオペレーターを通じて上席責任者に伝わっていなかったんだろうと、auお客様センターの対応に呆れてしまいました。そういう体質なんでしょうか?




上席「昨日はお電話をありがとうございました。IS04の修理に伴う代用機の手配の件ですが、大谷様行かれましたauショップには8GBSDカードに対応する代用機がなかったということで、私どものほうで、宮崎市内ではございますが、別のauショップで代用機の手配をいたしました。」

私「はい?代用機とは何のお話ですか?」

上席「いや、昨日、大谷様から私どものオペレーターにそのようなお話があったようで、責任者である私のほうで手配いたしました。」

私「え?そんなことで上席責任者に電話を取り次いでくれとオペレーターさんにお願いした覚えはございません。」

上席「そのように承っておりますが・・・」

私「代用機の件については、昨日のオペレーターさんにもお話ししたのですが、情報をきちんと共有されているのでしょうか?」


ということで、私が昨日、責任がとれる上席者に電話を取り次いで欲しいと言う内容が、いつの間にか、auのほうで、「代用機の手配」に変わってしまっていました。

auお客様センターでの会話は録音されているワケですから、その会話を再生すれば話の流れから、私が代用機の手配のためではないことは分かるはず。

昨日、auショップの店員さんには、「しばらく様子をみます」ということをお伝えしていたのですが・・・。

話の本質は、こんなことではありません。


■■

私「私が上席責任者に電話を取り次いで欲しいとオペレーターさんに伝えたのは、昨日(3月28日)の調査結果の経緯を知りたいためです。1か月近くあり、調べますと言っておきながら、調査結果は原因不明ですでは、あまりにもずさんです。」

上席「はい。私どもがご説明できるのは、昨日の担当が申し上げましたように、調査結果は原因不明なので、お客様にはお近くのauショップにIS04を持ち込んでいただき、基盤交換をお願いしたく、その旨をおつたえするだけです。」

私「これまでの説明を聞いていると、基盤交換をすれば治る可能性があるしか言わない。裏をかえせば、基盤交換をしても直らない可能性…

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。