スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

第30回国民文化祭かごしま2015「アイドル進化論。」パトレイバー98式AVイングラム、デッキアップイベント

 明日、11月1日は鹿児島県鹿屋市海上自衛隊鹿屋基地資料館で、11月3日には大分市でデッキアップイベントが行なわれます。


 動画は後ほどYouTubeにアップロードします。


 しばらくお待ちください。






【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】原告側は今後の対応を検討

 被告は相変わらず、ツイートを繰り返しています。

 木星通信さんや私のことにも言及しています。


 「第1回口頭弁論」後のミニ集会で被告に取材を申し込みましたが、「私は取材はいいです」と断られた経緯があります。

 一応、原告、被告、双方の取材を行うのが基本なのですが、取材を嫌がる被告に半ば強制的に応じてもらうわけにもいきません。

 過去にも被告から「ストーカー」扱いをされたこともありました。




 さて、昨夜のニコ生放送時間中に、原告関係者からLINEが届きました。

 それによりますと、



「今後の対応は検討します」


とのことです。



 今後も取材を続けていきたいと思います。




【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】被告は控訴せず!

 本日、宮崎地方裁判所延岡支部へ確認しました。

 被告は昨日の控訴期限までに控訴状を提出しなかった、とのことです。


 被告は、今日も元気よくツイッターでつぶやいています。




けじめをつけなければならないのは、被告自身です。



 今後も取材を続けます。



 続報をお待ちください。







【宮崎市・車暴走事故】事故の現場へ

 昨日午後に発生しました宮崎市高千穂通りでの軽乗用車の暴走事故で、現場へ向かいました。

 報道では運転手の「認知症」のことを取り上げていますが、現在も外傷性ショック死出血で入院しているので、今後も成り行きを見守っていきたいと思います。

 この事故で、カリーノの前で23歳の女性が軽傷、明治安田生命保険宮崎支社ビルの前で17歳の女子高校生が重傷、駅前交差点近くで50歳の女性が死亡、同じく66歳の女性も死亡、68歳男性が重傷、26歳女性が軽傷を負いました。
 お亡くなりになられたお二人のご冥福をお祈りいたします。



 本日、現場へ向かう途中、同じ高千穂通りのカリーノの前の交差点で、信号待ちの車から車道で降車する女性を見受けました。











 幸い、後続車がなかったので良かったですが、昨日、このような大事故が起きていますので、運転手も含めて気をつけてほしいものです。



 安全運転でよろしくお願いいたします。





【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】本日、控訴期限。

 被告は相変わらずのクウォリティーです。

 ここまでくると、なんかすげーぇっと思ってしまいます。


 明日、裁判所に確認してみます。





【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】いよいよ明日。

 控訴期限が明日に迫ってもなお、この調子です。



 はい、多くは語りません。






【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】タイムリミットまであと2日!

 控訴のリミットまであと2日ですが、「控訴します!」の宣言もなく、相変わらずの主張をツイッターで繰り返しているようです。



 これまで熱心に支援していた方々も、だいぶ離れて行きましたね。


 もう少し様子を見守りたいと思います。





【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】今日の被告、今度は・・・

 裁判長では飽き足らず、今度は書記官を・・・。


 はい、多くは語りません。




ペルー首相の署名で、アマゾン熱帯雨林は守られる

 久しぶりに、Avaaz.orgからの情報です。




---------------------------------




希少な自然が広がるアマゾンの一部を国立公園に指定する法案は今、ペルー首相の署名待ちです。署名が遅れれば遅れるほど、森林破壊は進みます。熱帯雨林「シエラ・デル・デヴィソル」の保護を求める緊急キャンペーンにご参加ください:


署名する 皆さん

美しく広大なアマゾンの熱帯雨林が脅威にさらされています。
 ガーやピューマをはじめとする、多種多様な動植物の生息地であり、手付かずの自然が広がるこの一帯は、違法なコカ栽培や森林伐採によって破壊される恐れがあります。
 ですが、ペルーのカテリアーノ首相が、この一帯を国立公園に指定する法案に署名すれば、破壊から守ることができます。
熱帯雨林保護のためのこの法案は、首相の署名待ちです。首相は現在、署名について検討中ですが、先延ばしにすればその分、生物の宝庫である森林の破壊が進みます。
 違法な森林破壊に対して首相が断固反対の姿勢を示せば、地球環境の保護活動が促され、次世代への良き先例となるはずです。首相がそれをしっかり心に留めるよう、私たち市民が働きかけましょう。

 世界中の人々が支持していることを知れば、首相を動かすことができるはずだと、ペルーの環境保護活動家は話します。もう20年もの間、活動家や先住民グループは、この一帯を国立公園に指定するようロビー活動を続けてきました。Avaazメンバーの皆で、最後にもう一押ししましょう。
 クリックしてご署名ください。Avaazは、皆さんの署名をペルーの首相官邸に直接届けます:

https://secure.avaaz.org/jp/sierra_del_divisor_loc/?blCtbgb&v=66525

 独特な自然が広がるアマゾンのシエラ・デル・デヴィソル熱帯雨林には、様々なペルーの先住民族が暮らし、地球上で最も多様な生物が生息している場所のひとつです。
 ですが、違法な木材伐採や金採掘、コカ栽培などで刻一刻と破壊が進んでいます。さらに最近では、道路建設や石油・ガス採掘事業の話も浮上し、この地域への脅威はますます高まる恐れがあります。

 シエラ・デル・デヴィソル熱帯雨林を国立公園に指定するだけでは、違法な環境破壊行為への対策としては不十分だとの意見もあるかもしれません。
 ですが、国立…

【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】はい、多くは語りません。

 「粘着おじさん」と言われても構いません。
 とりあえず、10月28日まで続けます。

 どうぞ、あしからず。



「例の件はその後どうなっているのでしょうか?」ということで・・・

 今年5月に発覚しました、地元宮崎のサッカーチームと大型液晶ビジョンの運営会社による私の動画への著作権侵害の件です。

 大型液晶ビジョン運営会社の社長が、侵害された動画の証拠を処分したことで、県警は刑事事件としての取り扱いは難しいとの判断で、刑事事件化していません。

 すでに両者とも著作権侵害を認めているのですが、肝心な「主犯格」が、まだ、姿を現していないので、この件の全体像がつかめていません。

 事件発覚後、すぐにサッカーチーム監督、大型液晶ビジョン運営会社社長と私の3人で話し合いを行なった際、主犯格であるサッカーチームのスタッフは同席していませんでした。
 その後、監督には再三に渡って「主犯格と話し合いをする場を」と要求していますが、未だに実現していません。


 「主犯格」という表現は良くないかもしれませんが、実際にYouTubeから私の動画を無断でダウロードし、大型液晶ビジョンの放映時間に合うように編集した人物です。

 これまで、監督及び社長は曖昧な返事を繰り返していましたが、彼らは詳しい事情を知りません。
 もちろん、私も知りません。
 全ては、このサッカーチームのスタッフが知っているのです。

 今のところ、この主犯格の事情聴取を行ない、実行の手口を明らかにすることで、




YouTubeにおける著作権侵害の被害を食い止めていきたい



と思います。


 民事訴訟を起こす考えはありませんが、全ては、この主犯格次第です。

 早く姿を現して、全てを話してほしいものです。


【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】IWJの経営状況なんてどーでもいいことなんで・・・

 まずは、本日の被告のツイッターでの発言を記録しておきます。



 判決から明日で1週間を迎えますが、以前、IWJは何の反応もありません。


 いや、反応できないような経営状況を抱えているようです。


 なぜか私のところには、日刊IWJガイドのメルマガが届きます。



 その本日のメルマガのタイトルは「日刊IWJガイド 「『IWJからみなさまに折り入ってご相談があります』/ 16時からはCh1で国際情勢解説者・田中宇氏に2度目のインタビュー! 会員限定配信です!」2015.10.20日号~No.1133号~」です。

 折り入っての相談とは、「カンパをお願いします」とのこと。

 で記事には、

「が、ここでIWJが規模を縮小するわけには行きません!  来年夏の参院選は天王山!  少なくともそこまでは全力で伝え続けたい!  スタッフの一人として痛切に思います。本音で言えば、現状でも足りないくらいです!  もっともっと人手を割いて、皆様にお伝えしなければならないことがあると感じています!」

と書かれています。


が、この記事を書いた方は、ぎぎまき記者。


 おいおいおい、検証はどうなっているのでしょうね?


 彼女にはメールで連絡しているのですが、未だに返事はありません。完全無視です。


 それでジャーナリストなのでしょうか?


 さてと。



【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】ついに宣言、「裁判長のいうことは聞かない事にしますね。」

 例の「宮崎・日向ネット名誉毀損事件」ですが、この10月14日に判決が出た後も、被告は判決を踏みにじるような発言を繰り返してきました。


 ついに、「裁判長のいうことは聞かない事にしますね。」と、宣言してしまいました。






 このことが何を意味するのか?




 当然、この状況を原告及び原告代理人の皆さんは、見ています。






 このまま原告らが放置するはずはありません。







 今後も、この件につきましては、取材を続けていきたいと思います。

【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】裁判所の判決を無視する被告とその支援者たち

 判決言い渡し後の被告のツイッターでの発言です。


 これは、判決主文8項を完全に無視した不規則発言としか言い様がありません。


 今回の裁判は、「名誉毀損」「営業妨害」に係る損害賠償請求等事件であり、グリーンサンドを不法投棄したことに関する裁判ではありません。

 このまま判決を無視する発言を繰り返すのであれば、原告らは次の手を打つしかないのではないかと思います。



 また、被告の一部の支援者も、判決後も相も変わらず自らのブログで裁判所批判等を繰り返しています。

 以下、そのブログです。


黒木睦子さんの裁判の判決について思うこと

宮崎地方裁判所延岡支部 10月14日 判決言渡

僕とスラグと黒木さんの裁判

司法にもとる裁量。そして今後のこと。

【グリーンサンドをめぐる名誉毀損裁判】の判決と今後の行動について


 そして、





 裁判の結果、つまり「判決」は真実とは関係なく、真実は宮崎県や日向市の関係者が隠していると「思う」とのことです。





 インターネットにおける発言は自由ですが、自由には責任が伴います。


 ろくに現地取材もせず、裏付けのないことをツイッターで発信するほど恐ろしいものがありません。

 今回の裁判がその良い例なのですが、支援者の皆さんは学習しないのでしょう。



 さて、この支援者の中から、第2ラウンドを戦う勇気あるも者は出てくるのだろうか。


 これからも様子を見守っていきます。










これからYouTube関連はこちらのブログで紹介します

 YouTubeの動画をこちらのブログでご紹介してきましたが、市民メディアとしての記事と区別を付けるため、これからは別のブログでYouTubeに関することをお話したいと思います。

 こちらのブログです。



Let's Try YouTube!



 どうぞよろしくお願いいたします。




【YouTube簡単使いこなし136】困ったら、公式YouTubeヘルプフォーラム!

 YouTubeの使い方に関するヘルプ動画をご案内しています。その動画の中で、「公式YouTubeヘルプフォーラムもご利用ください」とお話しています。

 今回の「YouTube簡単使いこなし」シリーズ第136回は、「困ったら、公式YouTubeヘルプフォーラム!」ということで、YouTubeヘルプフォーラムについてお話したいと思います。


【注】
 この動画は2015年10月17日現在のものです。
 その後、YouTubeの仕様変更等で内容が変わりましたら、再度、最新動画をアップロードいたします。


【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】三浦万尚氏へ一方通行のSMSを・・・

昨日、日向製錬所産廃問題ネットワークの三浦万尚代表にお電話を差し上げました。

 相変わらずの着信拒否でしたの、別の携帯電話からかけたところ、留守電モードに。

 そこで、先日の岩瀬浩太さんと同じように、携帯電話にSMSを送りました。













メッセージは読んでいるようです。
 先月、三浦万尚さんらしい方を見たというツイートもあります。

 ご自宅にいらっしゃるかどうかは定かではありませんが、すぐにメッセージが開封されたところを見ると、お元気のようですね。


 今後も、三浦万尚さんの行方は確認していきたいと思います。



【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】判決から2日後、IWJは依然沈黙、一方の東海アマ氏は・・・

 私が呼ぶところの「宮崎・日向ネット名誉毀損事件」の判決から2日。


 依然、IWJ代表の岩上安身氏、記事を書いたぎぎまき記者の動きはありません。だんまりを決め込んでいるのか、検証しているのか・・・



 本日は午前、インターネット上で今回の件を「環境問題だ!」「産廃問題だ!」と騒ぎ立て、非常に多くの方々が勘違いする状況を作り上げた人物の一人である、東海アマこと岩瀬浩太氏にお電話を差し上げました。



 岩瀬氏にはこれまでも何度となくお電話を差し上げてきましたが、コミュニケーション不全症候群なのか、すぐに電話を切られてきました。


 今回もその可能性が十分高かったのですが、岩瀬氏の固定電話にお電話を差し上げました。

 案の定、私が名乗る前に、電話は切られました。


 岩瀬氏の携帯電話は着信拒否にされているのですが、ダメ元でその携帯電話にSMSを送りました。


 私は知らなかったのですが、着信拒否はしていてもSMSは届くのですね。

 そこで、以下のメッセージを岩瀬氏ヘ送りました。



--------------------------------
【その1】

「大谷です。お話したいことがあります。このまま私の話を読んでください。水の件ですが、社長さんから『問題にはしません』といういお返事をいただきました。ですので、あのままで構いません。これが第1点です。」


水の件とは、以前、岩瀬氏のツイッターアカウントが凍結されたことがあり、その凍結の理由の一つに私が紹介している水の件があったのです。

 それは全くの言いがかりで、水を販売している会社の埼玉の営業所からこの件でクレームが入っていたようです。

 その後、社長さんに確認したところ、「問題にはしない」とのことでしたので、そのことを岩瀬氏へお伝えしました。


【その2】

「そして、黒木さんのカンパの件ですが、私も三浦さんの行方を探しています。全く掴めていません。岩瀬さんもご存じないかと思います。ただ、カンパ金の残額がかなり残っているのでしたら、これはこれでちょっと問題ではないかと思います。」


【その3】

「本当に三浦さんの行方はご存じないですか?岩瀬さんもカンパ金集めの関係者のお一人ですので、責任ある行動と責任ある発言をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。とりあえず、以上です。また、ご連絡を差し上げます。」


【その4】

「私よりも年上の先輩ですから、きちんと電話に…

【YouTube簡単使いこなし135】iOSアプリでの再生がおかしい時はYouTubeヘルプを

 最近は、パソコンではなくスマートフォンやタブレット等の携帯端末でYouTubeの動画を観る人が多くなっています。

 携帯端末では4G回線、WiFi等の通信で動画を視聴しますが、動画再生がおかしい時も出てきます。

 そういう時はどうしていますか?

 今回の「YouTube簡単使いこなし」シリーズ第135回は、iPhone、iOSアプリでの再生がおかしい時は、YouTubeヘルプに書かれている方法を試すことについてお話したいと思います。


【注】
 この動画は2015年10月15日現在のものです。
 その後、YouTubeの仕様変更等で内容が変わりましたら、再度、最新動画をアップロードいたします。


【YouTube簡単使いこなし134】Androidアプリでの再生がおかしい時はこの方法も

 最近は、パソコンではなくスマートフォンやタブレット等の携帯端末でYouTubeの動画を観る人が多くなっています。

 携帯端末では4G回線、WiFi等の通信で動画を視聴しますが、動画再生がおかしい時も出てきます。

 そういう時はどうしていますか?

 今回の「YouTube簡単使いこなし」シリーズ第134回は、Androidアプリでの再生がおかしい時は、YouTubeヘルプに書かれている方法を試すことについてお話したいと思います。


【注】
 この動画は2015年10月15日現在のものです。
 その後、YouTubeの仕様変更等で内容が変わりましたら、再度、最新動画をアップロードいたします。


【宮崎・日向ネット名誉毀損事件】判決から一夜明けてIWJへメッセージを

私が呼ぶところの「宮崎・日向ネット名誉毀損事件」の判決から一夜明けました。

 それなりの反響があったようです。



 私も当初は、三浦万尚氏の巧みな話術に騙さそうになりましたが、一貫して「名誉毀損」「営業妨害」に係る損害賠償等請求事件(訴状のとおり)として取材を続けてきました。


 一方で、確たる証拠もなく、「これは第2の土呂久公害になる」「水銀汚染が拡がる」などとまことしやかなデマ情報を流し続けてきた岩瀬浩太氏をはじめ、ネットメディアのIWJも「環境問題ではないか?」「産廃問題ではないか?」という一方的な視点からの記事を公表しました。

しかも、後半記事の結末は、有料会員登録しないと読めないということでした。


その後、「このIWJの記事は一方的ではないか?」ということで、私は記事の削除をIWJに求めてきました。


 しかし、IWJは真摯に対応することなく、代表の岩上安身氏からは「言論弾圧だ」「最終的には法的手段に訴えます」と言われました。









 記事を書いたぎぎまき記者は、「タイミングを見計らって検証記事を書く」とのことでした。


 この「タイミング」とは、判決後ではないかと予想できますが、昨日の裁判所の傍聴席にはぎぎまき記者はいませんでした。


 どうやって「判決書」を入手して検証記事を書くのか分かりません。


 そこで、IWJ代表岩上安身氏、ぎぎまき記者の両名に対して、メールを送りました。



 以下、そのメールを公開しておきます。

-------------------------------------------
(岩上安身氏へはフェイスブックのメッセンジャーで送りました。)


お仕事お疲れさまです。

市民メディアみやざきCMMの大谷です。

さて昨日、IWJさんも取材を行ないました宮崎県日向市の黒木睦子さんの判決が言い渡されました。

記事を書かれましたぎぎまき記者は、これから検証記事を書かれるかと思います。

この検証記事は有料会員向けではなく、一般公開されることを望みます。

今回の件では、IWJさんをはじめ、実に多くの方々がインターネット上で「環境問題だ!」「産廃問題ではないか?」と騒ぎ立てていましたが、当初から私どもが取材してきましたように、「名誉毀損」「営業妨害」にかかる損害賠償等請求事件に過ぎなかったのです。


岩上さんは、私に対して、「言論弾圧だ」「最終的には法的手段も辞さない」などと発言されてきました。


これは…

平成26年(ワ)第86号、第89号損害賠償請求等事件 判決書概要

原告 日向製錬所、サンアイ被告 黒木睦子裁判長 塚原聡裁判官 長嶺志織裁判官 百瀬梓書記官 廣中久傍聴人 9人報道  2社


・第1事件原告 日向製錬所・第2事件原告 サンアイ・第2事件原告 金丸
・第1事件、第2事件被告 黒木睦子



【主文】
1 被告は原告日向製錬所に対し、27万5000円及びこれに対する平成26年10月2日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。


2 被告は原告サンアイに対し、25万円及びこれに対する平成26年10月3日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。


3 被告は原告金丸に対し、20万円及びこれに対する平成26年10月3日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。


4 被告は原告日向製錬所に対し、「宮崎県日向市  産業廃棄物のゴミの山が目の前で非常に困ってます」と題するウェブサイト(http://blogjima.blog.fc2.com/