スキップしてメイン コンテンツに移動

TPP承認にNOを!


世界経済の4割超を占める12カ国は、秘密交渉を経て環太平洋経済連携協定(TPP)に合意しました。日本もそのひとつです。TPPにより、企業に過剰な権限が与えられることが懸念されています。今後、TPPの正式発効には参加国政府の承認が必要となりますが、米議会では反対の声が高まっています。日本の国会でも反対の声が高まるよう、TPP反対派議員に世論の支持を伝えましょう。ご署名の上、キャンペーンを広めてください:


署名する
 Avaaz.orgからの情報です。

 どうぞご覧ください。

-------------------------

皆さん


日本を含む12カ国は、秘密交渉を経て環太平洋経済連携協定(TPP)に合意しました。世界経済の4割超を占めるこれらの国々で、多国籍企業に過剰な権限が認められることが懸念されています。

 ですが、私たちが素早くアクションを起こし国会議員に働きかければ、合意を撤回させることができるはずです。

巨大な国際貿易協定であるTPPにより、インターネット規制が大幅に強化されたり、遺伝子組み換え食品が非表示にされたりする恐れがあります。

 一方で、大手製薬会社や多国籍バイオ科学メーカー・モンサント社にとっては、非常に有利な協定です。ですが、TPPの正式発効には、参加国の承認が必要になります。ここで朗報は、米国では承認反対の声が与野党両方から高まっており、日本でも自民党の支持基盤である農業関連団体、その他市民団体や消費者団体、弁護士ネットワークなどが反対の声を上げていることです。

 もし国会が承認に「ノー」を突きつければ、今回の合意は破棄されるのです。

 そこでAvaazは、日本全国の市民の声を集め、世界各国が議論のテーブルにつくよう働きかけます。

 国会のTPP反対派議員に強力な世論の支持を送り、私たちの自由を守るよう後押ししましょう。ご署名の上、キャンペーンを広めてください -- 私たちの訴えは、国会に直接届けられます:


https://secure.avaaz.org/jp/tpp_2015_loc_jp/?blCtbgb&v=66253



 TPPは日本から米国、そしてチリまで、各国の市民生活に影響を及ぼします。ですが、その内容に市民の声は反映されておらず、大半の文書は交渉官や企業によって秘密裏に作成されています。ウィキリークスがTPP草案の一部を暴露しましたが、少し見ただけでも、どれだけ問題が多い協定であるかが分かります:
  • TPP参加国の政府が有毒化学物質を禁止したり、遺伝子組み換え食品のラベル表示を義務づけたり、環境規制を強化したりするようなことがあれば、企業は国際法廷で政府を相手取り、自らが任命した仲裁者を立てて、訴訟を起こすことができます。しかも、訴訟は市民に非公開ですが、政府が敗訴すれば、数十億ドルという賠償金が市民の税金から支払われることになります。
  • TPPの下では、大手製薬会社は医薬品の独占販売期間を延長できるようになるためがん患者やエイズ患者の救命に関わる安価な医薬品が承認されなくなる恐れがあります。
  • TPPが正式発効すると、企業の違法行為に対しコンピューターシステムを通じて警鐘を鳴らした場合、それが犯罪と見なされる恐れがあります。

 上記は、TPP合意のほんの一部に過ぎません。

 参加国政府は文書の開示を拒否しているため、私たち市民は、企業ロビイストがTPP草案に書き込んだ内容を知ることはできません。健全な国際経済の促進に貿易協定が不可欠であることも否定できませんが、国会議院は、市民に新しい法案の中身を開示することなく強行採決すべきではありません。

 まして、企業利益優先で公益を犠牲にするような法案を承認すべきではありません。

 長年にわたり、私たちは同様の協定が提案された際、正式な発効を阻止するためにキャンペーンを展開し、成功させてきました。米議会の反対派議員は、TPPが「まだ成立していない」ことを強調しています。

 できる限り多くの世論の支持を反対派議員に送ることで、合意を破棄することができるはずです。

 民主主義の主役が、企業ではなく市民であり続けられるよう、TPP合意撤回を訴えましょう。

 ご署名の上、一緒にキャンペーンを広めてください:

https://secure.avaaz.org/jp/tpp_2015_loc_jp/?blCtbgb&v=66253


 大企業が政治を動かす現状を、変えることなどできないと感じられるかもしれません。ですが、過去に各国政府がインターネット規制に関わる貿易協定を成立させようとした時、およそ300万人のAvaazメンバーがアクションを起こし、協定を撤回させる大きな力となりました。

 今もう一度アクションを起こし、国を動かす真の力は、企業利益ではなく市民であるべきだと各国政府に訴えましょう。


希望と決意を込めて

ダリア、ナタリア、アリス、メーズ、エマ、ダニー、そしてAvaazチーム


【関連情報】

TPP大筋合意 批准急ぐべきでない(中国新聞/日本語)

TPP大筋合意:「ひどく不十分」米上院委員長(毎日新聞/日本語)

オバマ大統領の「秘密」貿易協定を知る(ガーディアン/英語)

TPP起草者は誰か?(ボストン・グローブ/英語)

「環太平洋経済連携協定」合意も、米議会で厳格な調査を求める声(ニューヨークタイムズ/英語)

TPPとは何か、そして何が問題なのか?(BBC/英語)


このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22