スキップしてメイン コンテンツに移動

加熱する自治体によるプロモーション動画合戦!~税金の使い方はこれで良いのか?~





 なんか今年は桜が満開になる前に、雨で花びらが流れているようです。


 新年度が始まりましたね。


 どうぞよろしくお願いいたします。


 1月の年の始まりよりも、4月の年度初めのほうが身が引き締まるような思いがします。

 ま、組織に属していないので環境の変化も、心境の変化もありませんが、昨年度よりはよくしたいとは思います。


 さて、先ほど、某マスコミのサイトでニュースを見ていたら、宮崎市PR動画「オニの洗濯」のことを書いていましたね。再生回数が2万回を越えたとのこと。











 でも、これって行政としてどうなんだろう?と思います。

 で、コメント欄に以下のようなことを書き込みました。


-------------------------
このPVは「宮崎市と北九州市が東九州自動車道で1つにつながるのにあわせて宮崎市の魅力を紹介」と言うコンセプトのもと制作されたと聞いていますが、宮崎市の魅力は「オニの洗濯」でしょうか?  この動画では宮崎市の魅力が何1つ伝わって来ません。 TVCMで流さないのは致命的であり、現在、大分市が流しているTVCMの動画のほうがまだましです。 市税の使い方を、プロモーション動画を競うため(小林市に負けるな!)だけに使っているのであれば問題ですし、それを追求しない市議会であれば、市職員も市議もクソですね。 宮崎市は以前、予算10万円ファレル・ウィリアムスの「HAPPY」を無断で使用し、ソニーミュージックから多額の著作権使用料を請求され、全国紙だけではなく、情報番組でも叩かれたことを勉強していなかったですね。市の広報誌にも大々的に宣伝していますたが、その後、謝罪及び訂正に関する記事も掲載することはなく、私の取材に対して担当者は開き直っていましたし・・・。 「著作権さえクリアすれば良い」、という問題ではなく、こんな動画に予算800万円かけるぐらいなら、もっと市民生活にかかる事業に市税を使うほうが行政としての使命ではないでしょうか? でも、1980年に出された田中星児さんの「鬼のパンツ」の替え歌であれば、著作権の問題は発生しますね。 そこはクリアしているのでしょうか。

-------------------------

 
 宮崎市が前回制作した動画はもちろんYouTubeから削除されていますが、当時私は、以下のような動画を制作していました。







 コメント欄にも書きましたが、今回は著作権の問題はクリアしているかとは思いますが、問題はそこにはありません。


 以前から自治体によるPVはありましたが、宮崎県内で言えば、小林市の「移住促進PRムービー "ンダモシタン小林"」で火が付いた!ということでしょう。










 その後、延岡市、









 綾町、









 高鍋町、









などなど。



 動画そのものに関するコメントは控えますが、






これらの動画が果たして移住促進につながっているのか?









行政マン、関係者のマスターベイションではないのか?








費用対効果を考えているのか?






 以前、JR西日本が企画した「リメンバー九州」に宮崎県が含まれていないことについて取材を行ないました。











 記事では、「きわめてお役所的な理由でした」とまとめていますが、逆に言えば、「費用対効果を考えて、あえてこの企画に参加しなかった」ということです。


 参加しなかったことで何が変わったのか、変わらなかったのか、その後の取材は行なっていませんが、「費用対効果」が頭にあったことは評価できるのではないかと思います。



 果たして動画だけで移住が促進されるとは思いません。




リアルでどのくらい努力をしているのか。





ということです。




 リアルで結果が出ているのであれば、動画は必要ありません。



 自治体がネットで動画を競うようなことが「メイン」の仕事であるかのように見えてしまいます。


 あくまでもネットは副次的なものであり、自治体本来の仕事をリアルできちんとやって成果を出して欲しいものです。



 そして、税金の使い方について、私たちはもっと注目し、議論すべきだと思います。


-------------------------------------------------
【お願い】
 皆さまからの「ありがとう」の言葉を受け、取材活動、記録撮影活動、ヘルプ&チュートリアル動画の制作活動等を細々と行なっています。

 誠に心苦しいお願いではございますが、今後も継続的な情報発信ができますように、皆さまからのカンパをよろしくお願いいたします。
--------------------------------------------------
・1口1000円

・宮崎太陽銀行(銀行コード0591)

 大塚支店(支店コード017)

 普通口座 1124478

 名義人 オオタニ ノリフミ

申し訳ございません。振込手数料はご負担ください。
--------------------------------------------------
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
 市民メディアみやざきCMM  大谷憲史

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22