スキップしてメイン コンテンツに移動

【PJニュース210】「文化ストリート商店街」、取り残された場所を歩く=宮崎

文化ストリート1




【PJニュース 2010年12月4日】

冬の嵐が吹き荒れた12月3日、中心市街地を歩いた。郊外型の複合ショッピングセンターができ、中心市街地の活性化を図る機運が高 まり、地元商店街の努力もあり、徐々に街に活気が戻りつつある。しかし、その中にあって、忘れ去られた場所がある。久しぶりに足を運んだ。

宮崎市のメインストリートである橘通りと若草通りにはさまれたところに、「文化ストリート商店街」がある。商店街と言うよりも狭い路地に店が連なっていて、昭和30年代は多くの買い物客で賑わっていた。街市場であり、宮崎市民のふれあいの場でもあった。

宮 崎市役所の近くには、戦後に開設された宮崎初の生鮮市場である「ショッピングセンター青空」があり、市民からは「青空市場」として親しまれてきた。60年 代初めには約300平方メートルの広場に40軒以上の店がひしめいていた。その後の新婚旅行ブームで「宮崎の人情市場」として県内外に知られるようになっ た。2003(平成15)年、宮崎市の市制80周年記念事業の一環として、青空市場は宮崎市の姉妹都市であるアメリカのバージニアビーチ市にちなんだ公園 に生まれかわった。

前宮崎市長の津村氏が掲げた中心市街地活性化事業で、橘通りから昭和の面影を残すものが次々と姿を消していった。

そ の中にあって、文化ストリート商店街だけは忘れ去られたかのように、今でもひっそりとある。入り口の「楽しいお買い物 文化ストリート商店街」という看板が悲しげである。商店街の中は明かりはあるが、薄暗い。ほとんどシャッターが下ろされ、何年も営業していない廃墟のよう な建物が続く。

しかし、そのような建物のあちらこちらに、昭和の面影が見え隠れする。なぜか懐かしくさえ思えてくる。この感覚は何だろう。

この日、文化ストリートでは、衣料品店と青果店、八百屋が営業していた。

地 元の商店街でつくる中心市街地活性化のプロジェクトでは、4年前から「文化ストリートアート化計画」に取り組み、若いアーティストたちが活動している。と ても良いことだが、期間限定のイベントであることがもったいない。昭和の臭いのする文化ストリートに、若いアーティストたちの感性がコラボすれば、新たな 価値をもった空間に生まれ変わるのではないだろうか。

前宮崎市長の津村氏のハコモノづくりの最後として、2011年秋の完成目指して宮崎 駅前ビルの建設工事が進められている。また、文化ストリートの近くには、同じく津村氏のハコモノ政策で建てられた「みやざきアートセンター」もある。文化 ストリートの再開発を忘れたわけではないだろうが、街の再開発は、ただ古いモノを壊して新しくすれば良いわけではない。そこにある空間をどううまく活用す るかにあるのではないだろうか。

この昭和の雰囲気を醸し出している文化ストリートの空間をそのまま活用して、街の活性化を図れないかなどと考えながら、文化ストリートをあとにした。【了】

■関連情報
【関連記事】
再生なるか、商店街・宮崎市
橘通りの公園化で中心市街地は活性されるか
橘公園噴水広場がリニューアル―宮崎市

【YouTube動画】
風吹く街で

PJニュースは一般市民からパブリック・ジャーナリスト(PJ:市民記者)を募り、市民主体型のジャーナリズムを目指すパブリック・メディアです。身近な話題から政治論議までニュースやオピニオンを幅広く提供しています。

PJ募集中!みなさんもPJに登録して身の丈にあったニュースや多くの人に伝えたいオピニオンをパブリックに伝えてみませんか。


【PR】有名レストラン50%引き?クーポン情報をまとめて掲載!「グルーポンなう!」

※この記事は、PJ個人の文責によるもので、法人としてのライブドアの見解・意向を示すものではありません。また、PJはライブドアのニュース部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。


パブリック・ジャーナリスト 大谷 憲史

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…