スキップしてメイン コンテンツに移動

「さよなら原発!宮崎いのちの広場」、3月11日に開催!



 東日本大震災から1年を迎える3月11日、宮崎市の市役所下の河川敷で、「さよなら原発!宮崎いのちの広場」が午後4時から行われます。

 これは東日本大震災で亡くなられた方、まだ行方が分からない方などに対して「祈り」を捧げ、「いのち」をつないでいくために、この日を「さよなら原発の日」とするために開催されます。


◇県民みんなでつくる”祈り”と”さよなら原発”

日時:2012年3月11日(日)
     16:00~  いのちの広場交流会
     18:00~  キャンドル集会
     18:40~  キャンドルパレード

会場:宮崎市役所下大淀川河川敷

・郷土芸能、演奏、歌謡、トーク等あります。
・空瓶とキャンドルを持って、ご家族・友人・知人など、お誘い合わせてご参加ください。

◇代表呼びかけ人(50音順)
 
・青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会共同代表)
・青柳有伸(僧侶)
・芥川 仁 (写真家)
・あさみ智子(アースデイ宮崎代表)
・井上貴裕(食用甘藷農家)
・上野 登 (宮崎大学名誉教授)
・太田清海(宮崎県議会議員)
・押川修一郎(宮崎県議会議員)
・河内進策(宮崎大学名誉教授)
・川崎永伯(郷土史研究家)
・川原一之(記録作家)
・菊池洋一(元GE技術者)
・久峩良修(僧侶)
・桑原大祐(宮崎県保険医協会会長)
・郷田美紀子(薬剤師)
・児玉直也(NPOアースウォーカーズ代表)
・杉谷昭人(詩人)
・瀬口黎生(作家)
・橘  智子(僧侶)
・特渕敬尚(牧師)
・登尾唯信(僧侶)
・鳥飼謙二(宮崎県議会議員)
・中村 瀞 (牧師)
・永野清美(グリーンコープ生活協同組合みやざき理事長)
・成見暁子(弁護士)
・荻原尉子(主婦)
・原  眞雄(日本バプテスト高鍋教会)
・日高明義(宮崎医療生活協同組合理事長)
・平野千恵子(新婦人宮崎県本部事務局長)
・藤原宏志(元宮崎大学学長)
・ブライアン・スモール(南九州大学講師)
・前屋敷恵美(宮崎県議会議員)
・牧村 進 (宮崎大学名誉教授)
・南 邦和 (詩人)
・宮澤信雄(水俣病事件研究者)
・矢野弘善(天理教会長)
・山下芳教(和牛繁殖農家)
・横田照夫(宮崎県議会議員)
・吉井泰俊(僧侶)
・吉田 繁 (神父)
・和田裕子(生活協同組合コープみやざき会長)
・渡辺 創 (宮崎県議会議員)

◇呼びかけ

 昨年3月11日の東北地方太平洋沖地震と津波で、たくさんの方々が亡くなったり行方が分からなくなりました。関係された皆さまに心よりのご冥福とお悔やみを申し上げます。

 ところで、この地震と津波により、福島第一原発では複数の原子炉のメルトダウンと水素爆発などで、かつて人類が経験したことのない事態となり、大量の放射能が人々の上や海にまき散らされました。

 この事故で「原発の安全神話」は完全に崩壊し、原発を取り巻いていた様々な”ウソ”が次第に表面化してきたにもかかわらず、子どもたちや地域の命を守る手だても定まらないまま、政府は自己の「収束宣言」を行い、定期点検で停止している原発の再稼働を公言するまでになってきました。

 この間、私たちは様々な方々との対話を重ね、新しい決断として3月11日を「”祈り”と”さよなら原発”の日」と位置付け、脱原発の思いを持つ様々な方々と「原発はもうやめよう」という共通の思いで手をつなぎ、『さよなら原発!宮崎いのちの広場』をつくります。

 大事故の原因には、自然災害や工学的要因など様々な要因が考えられますが、今も続く大きな余震や差し迫ると言われる巨大地震などは、原発や関連施設が再び大事故に見舞われることすら予感させます。

 これ以上の大事故はなんとしても避けなければなりません。特に宮崎県と隣接している川内原発での大事故は、宮崎県に未曾有の放射能汚染を引き起こすことは疑う余地がありません。

 「放射能はもうごめん!川内原発1・2号機は廃炉に!川内原発3号機増設白紙撤回!」という共通の思いを実現させるために、『さよなら原発!宮崎いのちの広場』の企画を、みんなで手を取り合って成功させたいと思います!


                  「さよなら原発!宮崎いのちの広場」実行委員会
       

◇賛同団体(50音順、2月1日現在)

・AALA宮崎
・アースデイ宮崎
・いのちと健康をまもる会
・牛小屋の屋根に市民共同発電所を作る会
・NPO法人「野の花館」
・NPO法人H-imagine(ひまじん)
・NPO法人「ひむかの会」
・NPO法人ふるさと文化芸能振興会
・NPO法人みやざきママパパhappy
・NPO宮崎21高齢者福祉研究会
・大宮九条の会
・大淀九条の会
・小戸・西池九条の会
・教職員OB九条の会
・グリーンコープ生活協同組合みやざき
・国民救援会宮崎県本部
・こどもの食の安全を守る会
・このはな九条の会
・こばやしの環境を守る会
・小林民主商工会
・CHN(キャンサーヘルプネット)宮崎
・JA西都女性部農産加工部会
・自然塾「楽園里山」
・自然と子どもの未来を守る会
・しの笛の里一座
・地雷ゼロ宮崎
・新日本婦人の会宮崎県本部
・住吉海岸を守る会
・空と大地の会
・太陽光・風力発電トラスト
・南郷町の自然と子供達の未来を守る会
・2012年宮崎県母親大会実行委員会
・日南地区原発問題交流会
・延岡九条の会
・反原発串間
・反原発ネットワーク串間
・東大宮九条の会
・平和・民主・共生のための宮崎住民連合
・都城生る在る会(あるある会)
・都城・きたもろ九条の会
・みずがめフォーラム
・宮崎イングリッシュセンター
・みやざき九条の会
・宮崎県革新懇談会
・宮崎県原水協
・宮崎県退職教職員組合連絡協議会
・宮崎県農民連
・宮崎県平和・人権・環境労働組合会議
・宮崎県民主医療機関連合会
・宮崎県労連
・宮崎センター合唱団
・宮崎大学九条の会
・宮崎なっぱの会
・宮崎の自然と未来を守る会
・宮崎の大地と食を考える会
・宮崎の水を透明に保つ会
・宮崎文学会
・宮崎ホメオパシー勉強会
・ユートピア”響きの里”
・ワクワクエコ&ピースの会
・ワームファームの会



 また、以下のような関連イベントも県内各地で行われます。



◇関連イベント「宮崎から川内原発を考える」

映画「チェルノブイリ・ハート」&「宮崎に避難してきた家族は今・・・」

講演「宮崎から川内原発を考える」 講師:藤田祐幸氏

・日  程 2012年3月1日(木)
      映画 17:30~
      講演 19:00~

・会  場 宮崎市民プラザ1Fオルブライトホール
・入場料 前売り500円(高校生以上)
        前売り優先、入れ替えなし
・主  催 「さよなら原発!宮崎いのちの広場」実行委員会
・問合せ 090-8419-7054(川辺) 090-7968-7493(山崎) 090-7163-3024(長住)


◇関連イベント「藤田祐幸氏講演会」


・2012年2月28日(火)都城市中央公民館 500円
  映画 18:00~
  講演 19:00~
  0986-21-3068 080-1746-6597

・2012年2月29日(水)18:30~ 小林市社会福祉センター 1000円
  0984-24-0274 090-8412-7841

・2012年3月2日(金)19:00~ 延岡市カルチャープラザ3F 300円
  090-1977-6967 


 また、賛同カンパも呼びかけています。


◇賛同カンパのお願い

 脱原発を願う県民手づくりの企画です。

 ふるさとや子供や家族を守るために、力を貸してください。


・個人   500円~
・団体 3,000円~

・郵便振替  口座番号 01740-8-97521
         口座名称  宮崎の自然と未来を守る会

※「さよなら原発!宮崎いのちの広場」費用と書いてください。
※領収書が必要な方は事務局へお申し出ください。



 実行委員長の藤原宏志元宮崎大学学長は、「この集会に多くの県民の皆さんに足を運んでいただき、1000人規模の集会にしたい」と話しています。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…