スキップしてメイン コンテンツに移動

今度は、NTT西日本宮崎支店の杜撰なデータ管理が・・・



昨日に引き続き、光インターネット回線勧誘に関するトラブル発生。

 今回は、NTT西日本宮崎支店の委託を受けた会社なのですが、NTT西日本が提供した顧客リストに基づいた訪問営業でした。

 しかし、NTT西日本宮崎支店の杜撰なデーター提供が発覚。

 玄関のチャイムがなり、玄関に向かうと「NTT西日本です。NTTフレッツ光をご利用のお宅を訪問させていただいています。NTTフレッツ光をご利用ですよね?」

 ほーら、また来た・・・と思いながら、

私「昨日もそういった電話があったんだけど、オタクはどうやってそのような情報を得ているの?」
営業「はい、」NTT西日本のお客様リストを元にしています。大谷◯◯さんですよね?」

私「え?違いますよ。大谷憲史です。大谷違いではないんですか?」

営業「いや、近所で聞いたら、大谷さんはこちらにお住まいとのことで・・・」
私「近所でたずねるんじゃなく、顧客リストに住所が書いてありますよね?ちょっと住所を確認してもいいですか?」

営業「はい、どうぞ」

ところが、住所が違うのです。リストにあった大塚町すべての住所が。

私「住所が、宮崎市大塚町だけで字名がないのですが、これって架空の住所ですか?」
営業「私もカーナビに住所を入れたのですが、ちゃんと案内してもらえなくて、大塚神社や大塚交番、西高あたりに行くんですよ。」

私「え?事前に地図で住所を確認しなかったのですか?」
営業「はい。」

私「ちょっとこのデータ、信用出来ないですね。私はNTTフレッツではなく、九州通信ネットワークのBBIQを使っています。私の名前をかたってNTTさんと契約を結んでいるってことも考えられますよね。」
営業「はい・・・」

私「あなた、委託会社ですよね。オタクの会社ではなく、NTT西日本宮崎支店に、このデータの信頼性を確認してもらっていいですか?」
営業「分かりました。すぐに連絡します。」

5分後、NTT西日本宮崎支店の営業受託会社の株式会社セカンダリーポジションから電話がありました。

責任者の説明では拉致があかず、再度、本体であるNTT西日本宮崎支店から電話するようにと伝えました。

10分後、NTT西日本宮崎支店の担当者矢野氏からお電話がありました。まったくもって杜撰なデータ管理が明らかになりました。

矢野氏の説明によると、確かに大塚町に大谷◯◯さんという方が
住んでいらっしゃり、NTTフレッツ光を契約しているとのこと。住所も字名まで確認できたようです。

では、なぜ今回のようなことが起きたのか。

NTT西日本宮崎支店の担当職員が、営業受託会社の株式会社セカンダリーポジションに顧客データを渡す際、なぜか大塚町だけ字名が抜けたままで渡したということです。

うーん。初歩的なミスですね。お客様大切な情報をお預かりしているという意識が薄いのではないのでしょうか。

間違ったデータを渡し、あとはすべて営業受託会社に丸投げという営業形態はいかがなものなのでしょうか?

利用者の自宅を訪問する営業の場合、営業受託会社の社員だけではなく、NTT西日本の職員も同行すべきだと思います。ま、それが難しいから、すべて丸投げしているわけなのですが。

昨日に続いて、今回の件。なんかこの季節、まーた起こりそうな気がします。

皆さんもどうぞ、お気をつけください。

もし、今回の件で何かございましたら、コメントをいただけると幸いです。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…