スキップしてメイン コンテンツに移動

平成28年新春の禊 青島裸まいり前夜祭「神楽祭」




2016年1月10日。

 宮崎市青島の青島神社で、「新春の禊 青島裸まいり」の前夜祭として、神楽が奉納されました。

 青島裸まいりの前夜には、青島神社において、神楽が奉納されていました。しかしながら、ここ数十年、青島裸まいりの前夜の神楽は途絶えています。

 そこで今回、記紀編さん1300年を記念して、約40年ぶりに2013年から青島裸まいりの前夜に神楽が奉納されるようになりました。

 青島神社の神楽は、伊勢神楽で工藤祐経の六代の子孫伊東祐持が日向の都於郡に下向したときに、長友家の先祖阿倍弥三郎がこれに従って伝えました。

 その後、一時衰えていたのを、天正15(1587)年伊東藩が成立した際、長友玄藩が復興したと伝えられています。

 浦島太郎の伝説が残る野島神社に伝わる「野島神楽」は、宮崎市無形文化祭に指定されていて、500年の伝統を誇ります。

 野島神楽は、伊勢神楽の系統で「降臨の舞」と「里舞」とで成り立ちます。四方を踏むことが基本とされ、太鼓の音も六拍子のリズムが基本で勇壮活発な舞です。

 古くより加江田神社と共演していましたが、寛文2(1662)年の外所(とんところ)地震以降、野島に残し舞い継がれ、33番のうち22番が伝承されています。

 また、野島神社の神楽面は、他地方のものとは違う風貌を備えていて、500年ほど前、明国より入手したものと伝えられています。


~修祓~
第1部
・雅楽「越天楽」
・神前神楽「朝日舞」
・神前神楽「寿の舞」
・神前神楽「浦安の舞」
第2部
・青島神楽「鵜戸舞」
・野島神楽「入れん鬼神」
・野島神楽「星降ろし」

 21世紀になり私たちの生活はますます便利になっていきますが、そのなかで失われてきたモノも少なくありません。

 このような私たち日本人としての伝統的な文化、神事等は後世に伝えていかなければなりません。

 今後も地域の伝統的な文化、神事等も積極的に記録し、広く皆さんにお届けしたいと思います。


 どうぞ、ご覧ください。

















































New Year's MISOGI AOSHIMA HADAKA-MAIRI(the Naked Mairi)Eve "KAGURA-SAI"



In Miyazaki City AOSHIMA shrine, as eve of "Misogi Mairi AOSHIMA naked New Year", Kagura has been dedication.

On the eve of Mairi ASOHIMA naked, in AOSHIMA shrine, Kagura had been dedication. However, in recent decades, the eve of Kagura of Mairi AOSHIMA naked has lost.

And in this way, to commemorate ”1300's KIKI-HENSAN", Kagura is now dedicated to the eve of Mairi Qingdao naked from 2013 to about 40 years.

Kagura  AOSHIMA shrine, when the six generations of descendants Ito Yuji of Yukei Kudo in Ise Kagura was downward in the sun of Tonogori, ancestor of Nagatomo house Abe Yasaburo is told in accordance with this.

Then, the had waned temporarily in 1587 when the year Ito clan has been established, it has been reported that Nagatomo Gen-han was reconstruction.

Transmitted to the NOSHIMA shrine Urashima Taro legend remains "Noshima Kagura", it has been specified in Miyazaki intangible cultural festival, boasts a 500-year tradition.






【お願い】
 大手マスメディアが商業的、時間的な制約で伝えることができないのであれば、市民メディアが補完するカタチで伝えることができないかと考え、活動を行っています。

 誠に心苦しいお願いではございますが、今後も継続的な情報発信ができますように、皆さまからのカンパをお願いいたします。

 ご理解の上、どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------
・1口1000円

・宮崎太陽銀行(銀行コード0591)
 大塚支店(支店コード017)
 普通口座 1124478
 名義人 オオタニ ノリフミ

申し訳ございません。振込手数料はご負担ください。

--------------------------------------------------
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 市民メディアみやざきCMM  大谷憲史

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。