スキップしてメイン コンテンツに移動

ゾウを守る鍵をYahoo!が握っている






 Avaaz.orgからの最新情報です。

 どうぞ、お読みください。


---------------------------------------------



Googleなどは禁止している象牙製品のネット販売で、Yahoo!Japanは莫大な利益を上げています。一方、米Yahoo!は、社員の士気低迷という危機に直面しています。そんな今こそ、Yahoo!Japanによる象牙製品販売の事実を世界中のYahoo!社員に伝えれば、さらなる士気低迷を恐れる同社は、販売中止に向けて動くはずです。ご署名の上、世界の知るところとなるよう、キャンペーン拡散にご協力をお願いします。

署名する
皆さま

 象牙目当ての密猟で、絶滅の危機に追いやられている野生のゾウ。一方、象牙製の印鑑やアクセサリーを日本でネット販売し、莫大な利益を上げるYahoo!Japan。

 ゾウ密猟を助長する、象牙製品の販売を中止させるために、私たちにもできることがあります。

 GoogleやAmazonなどの複数の大手ネット企業は、一切の象牙取引を禁止しています。

 Yahoo!Japanは、通販サービス「ヤフオク」を通じて今なお象牙販売に加担する数少ない企業のひとつですが、世界中の市民が働きかければ、その方針を変えさせることができるはずです。

 ここ最近、優秀な人材の流出が続く米Yahoo!では、CEOが数百万ドルの報奨金と引き換えに社員の退職を引き止めているところです。

 ゾウ密猟を助長する象牙製品のネット販売を、Yahoo!Japanが維持していることを大々的に周知させると言って米Yahooに圧力をかければ、さらなる人材流出を避けたい同社CEOとしては、象牙の販売について再検討せざるを得なくなるはずです。

 現在、1日当たり100頭のゾウが殺されています。

 知能が高く、感情豊かなゾウは、その身に起こっていることに強い恐怖を感じているはずです。

 この堂々たる美しい動物たちを守るため、私たち100万人の声をひとつに訴えましょう。

 Avaazは大規模な意見広告キャンペーンを展開し、世界中のYahoo!社員に、同社内部からも変化を求めるよう呼びかけます。皆さまも、ぜひキャンペーンにご署名ください。


https://secure.avaaz.org/jp/yahoo_ivory_loc_/?blCtbgb&v=71847&cl=9330112478


 Yahoo!Japanでの象牙製品の売上は、まさにうなぎ上りです。

 2010年には200万米ドル(約2億3千万円)だったのが、2014年には700万米ドル(約8億2千万円)にまで跳ね上がりました。

 Yahoo!Japanは、グローバルに事業を展開する米Yahoo!とは別会社ですが、米Yahoo!はYahoo!Japanの第2位の株主であり、その経営方針について大きな発言権を持ちます。

 米Yahoo!のCEOであるマリッサ・メイヤー氏は、今困難に直面しています。

 同社の業績が低迷する中、一部の投資家はCEOの辞任を求めており、さらに昨年は全社員の3分の1が辞職するなど、全体の士気も低下しています。これ以上、国際的なひんしゅくや社員の怒りを買うような事態は、なんとしても避けたいはずです。

 Yahoo!Japanでの象牙製品の取り扱いを終了させれば、その成功をバネに、今なおネット上で象牙販売を続ける他企業にも働きかけ、次々と販売終了を勝ち取ることができるはずです。

 野生生物保護団体などは、このままだと今後10年から20年の間に野生のゾウは絶滅の恐れがあると警告していますので、一刻も早い対策が必要です。

 ネット販売という形でYahoo!Japanがゾウの密猟に加担していることを、世界中のYahoo!社員やメディアに周知させ、ゾウ絶滅の危機に警鐘を鳴らすことができれば、メイヤーCEOは国際世論の圧力から、社会的責任を果たしている他社に追随して、サイト上での象牙販売を禁止するはずです。

 ご署名の上、世界の知るところとなるよう、キャンペーン拡散にご協力をお願いします。


https://secure.avaaz.org/jp/yahoo_ivory_loc_/?blCtbgb&v=71847&cl=9330112478


 かつて「象牙取引の無法地帯」と呼ばれたタイでは、米俳優のレオナルド・ディカプリオさんが呼びかけ人となり、Avaazと世界自然保護基金(WWF)が共同でキャンペーンを発信し、同国首相に象牙取引の規制を訴えました。

 キャンペーンにはおよそ140万人の署名が集まっただけでなく、首相のFacebookにも大量のコメントが投稿され、一時閉鎖を余儀なくされたほどでした。

 その結果、タイ首相は象牙取引の闇市場を閉鎖すると宣言したのです。また香港でもキャンペーンが行われていましたが、段階的に香港での象牙取引を禁止するという画期的な取り決めが今週成立しました。タイや香港の勝利に続きましょう。この貴重な動物を守るため、ぜひキャンペーンを成功に導きましょう。



希望と決意を込めて

メレディス、マリー、アリス、リサラート、エミリア、そしてAvaazチーム


【関連情報】

象牙消費大国、ニッポン。違法と見られる象牙印鑑がネット販売されている:24の自然保護団体が安倍首相に「象牙取引の禁止」を要請ビッグイシュー/日本語)

日本で違法な象牙取引が横行、覆面調査でも確認(ナショナル・ジオグラフィック/日本語)

米ヤフー、復活への道は険しく(日本経済新聞/日本語)

サイの角や象牙の密猟が止まらない 日本・中国の「象牙の合法取引」も引き金に(ハフィントン・ポスト/日本語)

象牙取引がテロリストたちの資金源に—密猟によるアフリカゾウ絶滅の危機(ビッグイシュー/日本語)



Avaaz.org は、世界各国4200万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…