スキップしてメイン コンテンツに移動

「水平線の花火と音楽」スタッフによる暴行は常態化していたのか?【第1報】






「口蹄疫復興メモリアル」と銘打って7年間にわたって開催された「水平線の花火と音楽」が、終わった。



 このイベントを評価する声、批判する声があるなか、






このイベントは、宮崎に何を残したのだろうか。






 イベントが終了した10月16日午後9時ごろ、イベント会場から帰りの身障者用のバス停で問題が起きた。


 Aさんご夫婦は、バス待ちで並んでいた。

 バスが来て、Aさんご夫婦よりもあとに並んでいた車椅子の方を先に乗せようとしていたスタッフB氏に対して、Aさんが「皆さん同じ身障者で並んでいるんですよ」と声をかけた。

 Aさんは、同じ身障者なので順番を守って欲しいという気持ちから伝えたのだが、その意を介さなかったスタッフB氏は、Aさんに暴言を吐いたあと、身障者であるAさんを足蹴りして暴行を加えた。



 その後、宮崎北警察署の署員が会場にやって状況を確認した。



 現場では、「この人(スタッフB氏)、前にもお客さんを足蹴りしていた」という複数のバス待ち客の声があったとAさん。




この同じスタッフによる暴行は、常態化していたのだろうか。



運営側は、スタッフの動向を把握していたのだろうか。




☆☆

 水平線の花火と音楽事務局へ電話をかけた。


 イベント責任者は、撤収作業のため不在。


 伝言をお願いしたところ、当時の状況を把握していたスタッフC氏から電話があった。



 C氏によると、今回、暴行があったことを認めた。



 しかしC氏は、「1万5千人のお客さんがいるので、すべてをスタッフがカバーするのは、難しい」と話した。



 客の安全を確保し、客が快適にイベントを楽しむことができるようにするのがスタッフの仕事である。


しかも、様々な年齢層の客が集まるイベントにおいて、スタッフが配慮することは当然のことである。1万5千人来ようが、関係ないことである。


 それを電話口で平気で話すC氏を疑った。




何のためのスタッフなんだろうか。




 C氏に、今回暴行を働いたスタッフが過去にも同じことを行ったことについて確認したが、C氏は今回はじめてスタッフとして参加したので、過去のことは分からないとのこと。


 これまでに6回も同じみやざき臨海公園でイベントを行ってきたにも関わらず、スタッフ間の意思疎通、イベント後の反省等は、十分に行なわれていたのであろうか。


 過去の暴行事案が反省会等で出されることもなく、同じスタッフがまた身障者に対して暴行を働いたという事実。




 この事実を、幹部スタッフはどう考えるのだろうか。




甚だギモンである。



 いわゆる「おもてなし」の心が、すべてのスタッフに足りなかった、ということだろう。



 イベントの責任者からの電話は、未だにかかって来ない。



 引き続き、イベント責任者に対して取材を続ける。



☆☆☆

 さて、この「水平線の花火と音楽Final」は、今夏、宮崎市の大淀川河川敷で行われた「ふるまい!宮崎」の実行委員会と一部が重なっている。


 ご存知のように、「ふるまい!宮崎」は、9000人余りが来場し、当日の暑さと実行委員会の不手際が重なり、救急車が出動。48人に点滴などの処置を行い、うち生後5カ月の男児を含む男女6人を救急搬送。搬送した6人のうち、2040代の女性3人は短期の入院の必要な中等症、男児と30代、50代の女性2人は軽症と診断、という事態に陥った。

その後、後援した宮崎県、宮崎市も事情聴取を行った。





 
 今回は、48人ではなく、1人の客に対する暴行事案だが、数の大小の問題ではない。


 スタッフの客に対する思いやりの心、ちょっとした気配りがなかったことが原因で起きた問題である。


 確かに、イベントからの帰りは、バス停付近は混雑するし、客を早くバスに乗せたいなどとの心理が働き、配慮も何もなくなるだろう。


 何度も言うが、スタッフは誰のために、何のために存在するのか。


 それを徹底的に教育しなかった幹部スタッフも、大いに問題がある。



 同じみやざき臨海公園で行われた別の野外フェスでは、トラブルの話は聞いたことがない。


 どうして、この「水平線の花火と音楽」は毎回問題が起きるのだろうか。不思議でならない。






 A氏は、「私は宮崎が好きです。このようなイベント運営の問題で、また、宮崎が悪く言われるのが嫌ですね。でも、問題は問題として解決して欲しいです」と話していた。




 この件は、今後も引き続き取材を行います。



【お願い】
 今回だけではなく、これまでの「水平線の花火と音楽」のイベントで、スタッフによる暴行、暴言、嫌な行為をされた、見たという方は、情報をお寄せください。


 A氏の話ではありませんが、これ以上、宮崎のことが悪く言われるのは好きではありませんが、起きてしまったことは仕方がありません。きちんと反省し、次のイベントに生かすためにも、ぜひ、皆様の声を聞かせてください。

どうぞよろしくお願いいたします。


 このブログ記事のコメント欄をご利用ください。

 また、話が長くなる場合や内部告発の場合は、メールでもお受けいたします。
下記のメールアドレスからお願いいたします。


メール  cmm@cam.bbiq.jp




このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。