スキップしてメイン コンテンツに移動

「イクボス」市長から届いた『文書削除申入書』~法的措置も含めて対応~









 そのなかで、

「虚偽の内容が記載された『市民メディアみやざき』の記事については、弁護士を通じて削除申入を行いました。」「市長選挙直前ということもあり、刑法上の名誉毀損罪だけでなく、公職選挙法上の虚偽事項公表罪にあたる可能性もあるというのが弁護士の見解ですので、法的措置も含めて対応してまいります。」

と書かれていた。




☆文書削除申入書の内容とは



24日午前中、配達証明で『文書削除申入書』が届いた。



この申入書は、記事の全部事項に関する削除申し入れではなく、記事上の6点の記載に関する削除である。



 その6点の『虚偽事項』とは、


・当該女性のFacebookのプロフィールから勤務先を削除したという事実はないので虚偽である。

・崎田市長が就任する以前から国外・県外出張には女性職員が随行していたという実績があるので虚偽である。

・歴代市長の出張で常に男性職員が随行していたことは虚偽である。

・当該女性職員が海外出張に随行したのは3回ではなく2回であるので、3回は虚偽である。

LINE画像流出後に台湾出張に関する写真が削除したという事実はないので虚偽である。

・当該女性は平成266月以降Facebookには何ら記事を投稿していなく、記事を削除したという事実は存在しないので虚偽である。

以上である。




これらの虚偽事項が崎田市長と女性職員との間の不適切な関係があったのではないかという評価につながり、市長の社会的評価を低下させ、刑法上の『名誉棄損罪』を構成するものであると市長側は判断したようである。


また、崎田市長が出した『不倫デマへの対応についてのご報告とお詫び』には、「公職選挙法上の虚偽事項公表罪にあたる可能性もあるというのが弁護士の見解です」と書かれているが、この『文書削除申入書』では、具体的な削除の申し入れはない。


しかし、記事に「これは間違いなく、選挙に大きく影響する」書いていることは、4月の日南市長選挙において、崎田市長を当選させない目的をもって掲載されたものといえ、公職選挙法の虚偽事項公表罪を構成するとは書かれてある。


ただ、「これは間違いなく、選挙に大きく影響する」の文章の削除申し入れはなく、崎田市長の代理人である弁護士に電話で確認をとったが、 文書削除申し入れはこの6点だけである、とのことであった。



☆取材は行っている



これまでの記事をお読みいただければ分かるが、第1報を掲載したあと、213日、14日、17と、日南市総合戦略課秘書広報係に電話取材を行っている。


13日の時点では、「すべてウワサであり、秘書広報係としては確認していない」と回答。14日も同じように「市としてというと大きいが、市長の個人的なことなので把握していないということになる」という回答であった。LINE画像の流出さえ認めず、「ウワサ」として処理していた。


 この時点で、崎田市長への直接の取材も何もできなかったので、210日付けの記事の一部を加筆・修正した。記事タイトルから『不倫』の文字も外した。


 しかし、15日に行われた市の課長級会合では、何故かLINE画像の流出を認め、市民から問い合わせがあれば「LINEグループに間違って送ってしまった」「LINEグループに、部下の体調を気遣う趣旨で送った」「それがあらぬ尾ひれ等が付いてウワサとして拡がってしまった」「ウワサになるような関係は断じてない」というようなことを説明するようにと伝えている。


 その後も、取材を行っているが詳細は記事をお読みいただきたい。



『不倫デマ』と危機管理



 崎田市長が、部下をいたわるような文章を打ち、おまけにハートマークと「フフ」という意味深な言葉を付けて送信した、という事実がある。

 改めて調べるわけもないが、『デマ』とはこう書かれている。

《「デマゴギー」の略》
政治的な目的で、意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報。
事実に反するうわさ。流言飛語。「人を中傷するデマを飛ばす」



 第三者である私が政治的な目的で、しかも意図的に扇動的で虚偽の情報を流したら、それは『デマ』になるが、インターネット上に流したのは、ほかでもない、





崎田恭平日南市長である。





 
逆に言えば、昨年1230日にLINEから流出したにも関わらず、すぐさまにメンバーを強制退会させ、その後、長期間にわたり具体的な対策をとることもなく、LINE画像が紙やインターネット上に流出してしまった。





その責任は、誰にあるのだろうか?




 市長は説明で、「この誤って送信したメッセージが、経緯は不明ですが外部へ流出し」と書いているが、かなりの日数、時間があったにも関わらず、なぜ市長は流出経路を確認しようとはしなかったのだろうか。


今回、6点の削除に応じなければ、民事訴訟や刑事告訴等の法的手段に移行する予定とのことである

『不倫デマ』を流したのは、市民メディアみやざきなのだろうか?



あれは、『デマ』だったのだろうか?




☆文書削除申入の受け入れ



今回、崎田恭平日南市長側の『文書削除申入書』を受け入れ、すでに当該6点の文書を削除した。


が、今となってはこれらの6点を削除しても痛くも痒くもない。削除したことで何が変わるのだろうか。



『文書削除申入書』が届いた224日、地元・宮崎日日新聞だけではなく、大手マスコミ、スポーツ紙も今回の件をこぞって掲載した。また、多くのネットメディア、ブロガーも取り上げ、某大手掲示板は今でもスレッドを伸ばしている。






大炎上中である。











 平成29年第1回定例議会は、38日から一般質問が行われる。

 本会議場で崎田市長は今回の件を説明するのだろうか。



 今後も取材を続けていく。





【関連記事】








【お願い】

 市民メディアみやざきCMMでは、今回の「日南市長の疑惑」に関する情報を収集しております。

 どのような情報でも構いません。市民メディアみやざきCMMにご連絡をください。

 お待ちしております。

 現在、別件でネズミ講まがいの「Divvee」に関する情報提供も行っております。メールで情報提供される方は、申し訳ございませんが、件名に「日南市長疑惑」とお付けください。
  
 ・メールアドレス infobar@cap.bbiq.jp

  (※件名には「日南市長疑惑」をお書きください。) 

 ・電話番号    080-5603-9244(担当:大谷)


【お願い】

 市民メディアみやざきCMMでは、大手マスメディアが商業的、時間的な制約で伝えることができことを市民メディアが補完するカタチで伝えることができないかと考え、活動を行っています。
 誠に心苦しいお願いではございますが、今後も継続的な情報発信ができますように、皆さまからのカンパをよろしくお願いいたします。
--------------------------------------------------
・1口1000円
・宮崎太陽銀行(銀行コード0591)
 大塚支店(支店コード017)
 普通口座 1124478
 名義人 オオタニ ノリフミ
申し訳ございません。振込手数料はご負担ください。
--------------------------------------------------
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 市民メディアみやざきCMM  大谷憲史

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22