スキップしてメイン コンテンツに移動

2012衆院選:Web,ソーシャル上で注目されている政党は?  ~「BuzzFinder」「Webクリッピング」共同調査~



株式会社PR TIMES



 PR事業を手がける株式会社ベクトル(所在地:東京都港区 代表取締役:西江肇司、東証マザーズ上場:証券コード6058)の子会社、株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己、以下:PR TIMES)は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:塚本 良江、略称:NTTコム オンライン)と、各政党のWeb上での注目度を共同調査いたしました。


 本調査は、日本の主要Webニュースサイトを網羅するニュース露出調査サービス「Webクリッピング」(運営:PR TIMES)と、Twitter全量データを対象とする国内最大級“口コミ”リアルタイム分析サービス「BuzzFinder」(運営:NTTコム オンライン)がそれぞれ独自に集計を行うことにより、ニュースサイトでの露出状況と生活者のクチコミの盛り上がりの両面から注目度を図ることを可能にしています。




 2012年11月29日から、衆議院議員総選挙が公示された12月4日までのWebニュース露出件数では、民主党・自民党・日本維新の会・日本未来の党が相対的に多く、日次およそ500~1,200件あたりを推移しており、それ以外の政党は日に数件~300件台と、やや水をあけられたかたちでした。12月5日以降は民主党と日本未来の党の露出減少幅が大きい一方、自民党と日本維新の会が露出件数を比較的保つ傾向にあると言えます。なお、11月29日のニコニコ生放送「ネット党首討論会」の後や、12月4日の総選挙公示のタイミングでは、各党とも露出数を一様に伸ばしていたことがわかります。




 一方、12月7日から9日の口コミ数で見ると、自民党が抜きんでており、日次およそ70,000件前後を推移しています。次点の民主党がその5~6割にあたる30,000~40,000件前後で、相対的な差はWebニュース露出より大きくなっていることがわかります。また、それ以外の政党は多いところで10,000件前後となっており上位2政党と大きく差が見られる結果となりました。




■リアルタイム更新「衆院選2012 政党別口コミ数データ」を公開

NTTコムオンラインが今回発表したBuzzFinder調べの政党別口コミ数は、Twitter全量データを対象に集計、リアルタイムにデータを更新しています。NTTコム オンラインのトップページと「衆院選特設ページ」で公開いたしました。
・衆院選特設ページ:http://www.nttcoms.com/sp/index.html
・NTTコム オンライントップページ:http://www.nttcoms.com/
衆院選特設ページでは、政党別口コミ数集計結果を2種類の画像(折れ線グラフ・円グラフ)で確認でき、NTTコム オンラインのトップページでは棒グラフ画像で詳細をご覧頂けます。政党別口コミ件数のグラフと画像は、1時間ごとに集計・更新されます。

■「衆院選口コミ数モジュール」イメージ(NTTコム オンライントップページに掲載)


【BuzzFinder】 http://www.nttcoms.com/service/buzzfinder.html
(運営:NTTコム オンライン)
Twitter社との戦略的提携により日本語ツイートの全量を取得し、国内最大級のクチコミ数を対象としたリアルタイム分析サービスです。「BuzzFinder」は、顧客の生の声を把握し、ビジネスチャンスにつなげ、トラブルの早期発見、競合他社の情報をいち早くキャッチすることができます。

【Webクリッピング】 http://webclipping.jp/
(運営:PR TIMES)
国内のニュースサイトとポータルサイトを指定したキーワードで検索して、ニュース記事URLを毎日メールで報告するWeb露出調査サービスです。検索対象サイトは現在448メディア、累計契約件数は1,200キーワード超の実績があります。

【会社概要】

■NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社 概要
会社名 : NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
代表取締役 : 塚本 良江
資本金 : 1,440,000,000円
株主 : エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
事業内容 : ・マーケティング・CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)支援事業
・データ分析・コンサルティング事業
・マーケティングリサーチ事業
・ソフトウェアの開発、製作、配信、販売並びに賃貸事業
・ポイントサービスの提供、販売、運営及び管理に関する事業
・システムに係わるハードウェア及びソフトウェアの企画、設計、開発、制作、運用、保守、
管理業務並びにこれらに係わる各種研修の企画、運営事業等
URL : http://www.nttcoms.com/

■株式会社PR TIMES 概要
会社名 : 株式会社PR TIMES
設立 : 2005年12月
代表取締役 : 山口 拓己
資本金 : 2,500万円
事業内容 : ・ プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(http://prtimes.jp/)の運営
・ ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(http://blogtimes.jp/)の運営
・ WEBクリッピングサービス(http://webclipping.jp/)の提供
・ モバイルメディア特化型PRサービス「モバイルPR」の提供
・ Web上でニュースを生み出すWeb PRの企画・実行
・ ブログパーツ紹介サイト「ブログパーツ ドレッサー」(http://www.blog-dresser.com/)の運営
・ プレスリリース講座(http://prtimes.jp/pressrelease/)の運営
・ ポイントサイト「タメトク」(http://tametoku.com)の運営
URL : http://prtimes.co.jp

■株式会社ベクトル 概要
商号 : 株式会社ベクトル
所在地 : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設立 : 1993年3月30日
代表取締役 : 西江 肇司
資本金 : 5億880万円
事業内容 : マーケティング分野における戦略的PR、口コミに関するコミュニケーションマーケティング事業、映像制作業務・その他これらに付加する一切の事業
URL : http://www.vectorinc.co.jp/


PR TIMES

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…