スキップしてメイン コンテンツに移動

「フランケンフィッシュ」は食べたくない!

日本の皆さまへ




米国は、史上初となる遺伝子組み換え食用魚肉「ミュータントサーモン」を世界にふるまおうとしています。在来種のサケを絶滅させ、健康を脅かす恐れもあります。私たちが今止めなければ、「フランケンフィッシュ」の異名で知られるこのサケを 契機に、今後次々と遺伝子組み換え食用肉・魚肉が世界中に出回ることになりかねません。以下をクリックして、あなたも一緒に100万人の反対の声を届けましょう:
米国は、史上初となる遺伝子組み換え食用魚肉「ミュータントサーモン」を世界にふるまおうとしています。人体への安全性は未知数であり、自然環境に放された場合、在来種のサケを駆逐する恐れもあります。「フランケンフィッシュ」の異名で知られるこの怪しいサケが私たちの食卓に並ぶ前に、皆でこのサケの食品としての承認を阻止しましょう。

新たに誕生した突然変異のサーモンは通常の2倍の速さで成長し、科学者ですら長期的に食べた場合の健康への影響は分からないと言います。それにもかかわらず、遺伝子組み換え生物を誕生させた、まさにその会社が資金援助した研究に基づき、食品としての安全宣言が出されようとしているのです!幸いにも、米国では食品として承認される前にパブリックコメントを募り検討することが法律で義務付けられています。消費者や環境活動家、漁業従事者が一体となってこの疑わしい取り決めを撤回するよう訴えれば、その声はますます大きくなっていきます。このタイミングで私たちも彼らと共に声を上げ、世界中から食品としての承認の撤回を求めましょう。

承認すべきかどうかの協議は今まさに進められており、「ミュータントフィッシュ」を食事メニューに載せないようする絶好のチャンスです。「フランケンフィッシュ」を阻止すべく、ご署名の上お知り合いの皆さまにもシェアしてください。署名者数が100万人に達しましたら、私たちの訴えは米国で行われている協議の場に公式に届けられます:

http://www.avaaz.org/jp/stop_frankenfish_r/?bNiXUcb&v=21165

「フランケンフィッシュ」を開発した企業は、一年中瞬く間に成長する魚を誕生させるため、サケの遺伝子を組み換えました。長期的な健康への影響が分からないだけでなく、万が一、たとえ数匹であっても遺伝子組み換えされたサケやその卵が自然界に放されてしまった場合、在来種のサケを駆逐してしまう恐れがあります。しかも、ひとたび店頭に並んでしまえば、通常のサケと「フランケンフィッシュ」を見分けることは不可能で、選ぶことすらできなくなってしまうのです!

バイオテクノロジー産業は遺伝子組み換え作物を食品として承認させるため、数億ドルを費やし政府へのロビー活動を行ってきました。「フランケンフィッシュ」は産業界の次なるドル箱 です -- ひとたび食品として承認されてしまえば、今後次々と様々な種類の遺伝子組み換え食用肉・魚肉が出回ることになりかねません。しかし、米政府は最終的な判断を下す前に、一般の人々の意見も参考にします。米政府や産業界が予期せぬときに、世界中から巨大な「承認反対」を突き付けることができれば、このような向う見ずな取り決めを撤回させることができます。

「フランケンフィッシュ」は、今まさに食品として承認されようとしています – 私達が何を食べるか、バイオテクノロジー企業に決めさせてはなりません。これを阻止すべく、あなたも一緒に100万人の反対の声を届けましょう

http://www.avaaz.org/jp/stop_frankenfish_r/?bNiXUcb&v=21165

Avaazメンバーは、これまでにも自然界や食料システムをこのような危険な干渉から守るため力を合わせてきました。2010年には、ヨーロッパで遺伝子 組み換え作物に反対するため100万人を超えるメンバーが声を上げました。「フランケンフィッシュ」を阻止すべく、今再び団結しましょう。

希望を込めて

崔喜、ニック、エマ、ダリア、エミリー、ポール、リッケン、ウェンファー、およびAvaazチーム一同


◇関連情報◇

・Natural News.com 「遺伝子組み替え魚はダメ!」とFDAに訴えよう!

・AFP BB News 遺伝子組み換え動物、承認第一号目前のサケに待った


◇関連情報 (英語)◇

Engineered Fish Moves a Step Closer to Approval (NY Times)

GM salmon: FDA's assessment of environmental risks (LA Times)

Genetically Modified Animals (Women’s Health Magazine)

Protect our waters from GE Salmon (Center for Food Safety)

Below the Surface: The Dangers of Genetically Engineered Salmon (Food & Water Watch)

Genetically Engineered Salmon (Ocean Conservancy)


 
Avaazコミュニティを支援してください!
私たちは政府や企業による資金提供は受け取らず、全面的に寄付金によって運営しております。Avaazの小規模なオンラインチームは、どんなに少額の寄付金であっても大いに役立てられるよう取り組んでいます。 Avaazに寄付する





Avaaz.org は、世界各国1700万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」 や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、4大陸13カ国、14言語で活動を展開 しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。


Avaaz.org 857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A. Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…