スキップしてメイン コンテンツに移動

世界最大の海洋保護区を!







Avaaz.orgからの情報です。

 どうぞ、ご署名をよろしくお願いいたします。



-------------------------------------------------


みなさん


あと数日で、オバマ大統領は世界最大の海洋保護区を創設しようとしていますが強力な漁業ロビーが私たちの七つの海を守るカギとなるこの計画を妨害しようとしています。さあ、手遅れになる前に、私たちで計画支持の巨大な波を起こし、直接ホワイト・ハウスに送りましょう。「希望の海」を築くために、キャンペーンに署名し、お友達とシェアしましょう!

嘆願書に署名

 米国政府は現在、太平洋・ハワイ列島沖の海域を世界一広大な海洋保護区に指定するべきか、世界中からパブリックコメントを募集中です。ですが、強力な影響力を持つ現地漁業ロビーは、この計画を骨抜きにしようと画策し、オバマ大統領もその圧力にさらされています。 


 なんとしてでも、海洋保護区を実現させましょう。

 すでに、ウミガメやクジラ、そして大きな魚の群れは次々と消滅しています

 海洋学者は、「七つの海」を本格的に守る最善の策は、海洋生物を取り戻すため広大な区域を禁漁区にすることだと口を揃えます。4年前、私たちのコミュニティは、英国がインド洋の広大な海域を海洋保護区に指定する際、重要な役割を果たしました 

 -- 当時、英外務大臣は保護区の成立を発表した際、私たちのキャンペーンを読み上げたのです。そう、今すぐ私たちが声を上げれば、ちょうどハワイと日本の間に、メキシコの領土ほどの面積を占める海洋保護区を実現できるのです 


 世界中の市民が今、オバマ大統領に大きな賛同の波を送れば漁業ロビーの権力に立ち向かう力となり、未来の世代のために七つの海を守る手助けができるのです。キャンペーンに賛同し、お友達にも署名を呼びかけましょう --さあ、意見募集が締め切られる数日後までに、100万人の署名を集め提出しましょう!


https://secure.avaaz.org/jp/ocean_of_hope_loc/?blCtbgb&v=43690


 調査によれば、恐ろしい未来が予測されています

 :あと40年足らずで、魚は完全に取り尽くされてしまい、珊瑚礁は孫の世代が大人になる頃に消滅してしまうかもしれません
 
 今回の海洋保護区計画は、全てに対する解決策ではなくとも、続く七つの海の破壊を止める重要なカギとなり得ます。実現されれば、禁漁区に指定される世界中の海洋面積が倍増されるだけでなく、他の国々も同じような聖域を築くかもしれないのです。



 オバマ大統領は、大統領としての行政権を最大限行使し、なんとしてでもこの保護区を実現すると言いましたが、権力を持つ漁業ロビーは誤解を招くようなプロパガンダを用いて妨害しようとしています。

 漁業関係者は、禁漁区の拡大は生業に悪影響を及ぼすと警戒していますが、太平洋での米国による水産業の95%は今回の保護区の外で行われているのです

 さらに恐ろしいことに、別の産業は、この区域での採鉱の可能性を残そうとしており、実現してしまえば壊滅的な影響は避けられないでしょう。

 パブリックコメントはあと数日で締め切られ、今月11日に米政府はハワイで現地の利益集団と会合し、計画の行く末を決めます。今私たち世界中の市民100万人が署名し、ホワイトハウスとハワイの会合会場に直接届け、パブリックコメントにも大量のメッセージを投稿し、さらに世論調査でも市民の意見を示せば、保護区に反対する声に打ち勝てるはずです。

 世界最大の海域を保有する米国は今、太平洋の巨大な可能性を手にしています。さあ、力を合わせて反対派に打ち勝ち、七つの海を乱獲や開発から救う重要な一歩を踏み出しましょう。名に賛同し、キャンペーンをご家族やお友達のみなさんに広めてください。


https://secure.avaaz.org/jp/ocean_of_hope_loc/?blCtbgb&v=43690


 私たちの海は、無数の脅威によって破壊され続けています。ですが、Avaazメンバーたちはこれまでに何度も、貴重な海洋生物を守るため力を合わせてきました。巨大な海洋保護区を確保をするため皆で働きかけたこともありますし、マグロやクジラを守る計画を支援したこともあります。さあ、私たちで新たな勝利を手にしましょう!


希望を込めて


ダニー、ルイス、リサ、アンドレア、リッケン、アナ=ソフィア、そしてAvaazチーム


【関連情報】

米政府、世界最大の海洋保護区を計画 (ナショナル・ジオグラフィック/日本語) 


太平洋漁業関係団体 オバマ大統領の海洋保護区拡大計画に反対(ワシントンポスト/英文) 


オバマ大統領 太平洋海洋保護区の大規模拡大を呼びかけ(Law360.com/英文) 


オバマ氏の海洋モニュメント(ニューヨークタイムズ/英文) 





Avaazコミュニティを支援してください!
私たちは政府や企業による資金提供は受け取らず、全面的に寄付金によって運営しております。Avaazの小規模なオンラインチームは、どんなに少額の寄付金であっても大いに役立てられるよう取り組んでいます。Avaazに寄付する





Avaaz.org は、世界各国3800万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…