スキップしてメイン コンテンツに移動

レーベン






 フェイスブックであれこれと書いているのですが、タイムラインに埋もれてしまうので、ブログにまとめておきます。


-------------------------------




でもあれだね。興味がない人にいくら話をしたって興味をもってもらうことなんかできないし、かと言って、話の分かりそうな政治家先生に話を持っていたって、金や票につながらない話には見向きもしないんですよね。

お医者さんである議員さんでさえ、「電磁波過敏症」のことをご存じないし、「そんなことはできない!」って頭から否定されていました。

 自分の目に見えないモノすべてを否定するってこと、そろそろ見直しませんか?

「Love&Peace」を声たかだかに唱える訳ではありませんが、発明者の熱のこもったお話を聞いていると、これがすべて嘘やまやかしではないことは分かるはずなのですがね。






なんとなく分かって来たような気がします。

 この世の中にあるすべての「ワルイモノ」を良くするためには、この世の中にある「ヨイモノ」を使って、「ワルイモノ」を無害化、つまり、「ヨイモノ」にすれば良いのです。

 電磁波を吸収するカードやシートが売られていますが、そんなことをしなくても良いのです。

 「セシウム」という元素が1つしかないと思っている人がかなり多いかと思いますが、それは違います。元素には同位体が存在し、半減期が短いセシウム、無害のセシウムも存在するのです。

 有害なセシウムも存在するわけで、それをこの世界に存在する別の複数の元素を使って「イオン壊変」させることで、「無害なセシウム」にすることが可能なのです。

 その大昔、世界や自然界には自浄作用があり、ワルイモノをすべて浄化することができていましたが、人間による様々な社会活動を通じて、その自浄作用も低下し、ワルイモノがワルイモノとして存在して生き続けているのです。

 人間が作り出したワルイモノは、すべて、人間によって浄化されなければなりません。

 何も変な宗教でも、トンデモ科学でも、なんでもありません。

 学校で学んだ「化学」「科学」「理科」は、真実を伝えてはいません。すべてが嘘だとは言いませんが、物質を形作っている「原子」「分子」「電子」や「元素」について、私たちはもっと学ばなければなりません。

 「電磁波過敏症」も「有害放射線物質を無害化」するにしても、すべてはこの世界にある元素を使えばできるのです。

 今後、既存の市場に殴りこみをかけることができるぐらい大きな衝撃を与えることになるのではないかと考えています。

 現在、そのためのブランディングを行なってるところです。

 「電磁波過敏症」「有害放射性物質の無害化」だけではなく、「TPPに対抗できる農産物の生産」「熟成肉」「車の排気ガスの無害化」「硝酸態窒素の無害化」などなど、その可能性は無限にあります。

 ビジネス・チャンスがゴロゴロと転がっているのです。

 これまで、いろいろな皆さんにお話してきましたが、ほぼ相手にしてもらえませんでした。

 しかし、これからもいろいろな皆さんにお話を続けて行きたいと思います。

 良いものは良いのです。

 なんで私がそこまでするのか、私も原因不明の耳鳴り等で悩まされ、宮崎大学医学部病院にも行きました。病名は「生活難聴」という、なんか病院が勝手に付けたような名前でした。もちろん、治療法も薬もありません。

 しかし、発明者と出会い、発明者が開発した商品を使用したことで、その耳鳴りも改善されつつあるのです!これには驚きました。

 私が元理科教師ということもありますが、これまでの科学の歴史を見ていますと、時代時代によって、科学と政治は密接に関わっているわけで、時の政府に不都合な科学は消され、政府の都合の良いように操作されてきたわけで、それは現代にも通じることではないかと思います。

 原爆も同じで、科学者にしてみれば研究成果でしかない原子力が、時の政府から見れば強力な兵器になるわけで、「原子力平和利用」とかいう言葉遊びで国民を騙そうとしても、それには限界があります。

 今回の発明者の発明も、政府にも反政府にも利用されやすいものです。しかし、発明者は、「現状を打開したい」「このままでは世界がダメになる」という思いから、いろいろな方々とお話をして、理解を求めているのです。

 今日の発明者とのお話では、「大谷さん、もう日本を捨ててアメリカに行きましょうか」とも話されていました。

 また明日から、いろいろな方にお話をすることになるかと思いますが、この発明及び商品化、事業展開に興味・関心のある方はいらっしゃいませんか?

 いつでもお話をすることはできます。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。





「そんなものは存在しない」と一蹴する人。

「何、それ、もっと知りたいけど」という人。

他人の技術を使って成功しているのに、その技術のことは一切言わず、「企業秘密ですから」と嘘をつく経営者。

他人の技術を使って成功したので、「あなたもこれを使ってみれば」と勧める経営者。

巷では「WIn-Winの関係で」とか経営者がかっこ良く言っていますが、実際は、自分とこの儲けしか考えていないんですよね。

例えば、ある地区すべての畜産業で、この技術を使えば、牛舎・豚舎等の独特の匂いである硝酸態窒素を無害化することができるだけではなく、PEDや口蹄疫の発生を防ぐこともできます。ただ、同一地区ですべての畜産業でこの技術を使用することが前提ですが。

また、今後、TPPがどうなるか分かりませんが、今言われている「足腰の強い農業」「ブランドの確立」「市場の開拓」を考えると同時に、この技術を使えば、確実に農産物の質が向上するのです。

生産者はなぜかそれを隠したがるんですよね。

なぜか?

「同じ技術を他が導入すれば自分の儲けが少なくなる」が、その理由。

一方では「Win-WIn」と言いながら、他方では他者を排除するような態度では、日本の農業の発展はないでしょう。

農業後継者がなく、農業法人化して経営基盤を強化することも大切ですが、そこで生産される農産物の質を高める技術があるのに、実際に同業者が使って成果を上げているのに、そのことは「企業秘密」として言わない。

だったら、私が言いましょうか?

すでに言っているのですがね。川南町の「トロントロン牛乳」。これは本物です。アリマン乳業さんに牛乳を卸している牧場さんでは、この技術「レーベン」を使っています。川南町のAコープに出かけると、一番売れているのが、トロントロン牛乳です。消費者は分かっているのです。

他の酪農家もレーベンを使えば、美味しい牛乳を提供することができ、「安全・安心の食」を実践できるのですがね。

宮崎県でも「フードビジネス」を展開しているのでもってこいの技術なのですが・・・

牛肉に関しましては、鹿児島の会社がすごいです。会社名は伏せておきますが。

もちろん、野菜も果物も「レーベン」を使えば美味しくなるので、レーベンを使っている農家さんにお願いして、レーベンを使った直売所を開設するとすごいことになると思いますよ。

みんなで真の「Win-Win」の関係になりましょう!

興味・関心のある方は、どうぞ、大谷までご連絡をください。







世界を変える技術「レーベン」は、農業だけではありません。

 車の排気ガスを無害化することも可能で、現在、試験的に10台程度の車が走っているようです。

 加湿器にレーベン水を使えばアレルギー対策に有効ですし、PM2.5対策にもなります。

 これまでにもお話してきましたが、「電磁波過敏症」対策として、身近な電磁波である携帯電話・スマートフォンに使用することで、有害な電磁波をイオン壊変し無害化することができます。

 まさに夢のような技術なのです。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…