スキップしてメイン コンテンツに移動

日南市長選挙に関する取材宣言




 また今回も自分の立ち位置をはっきりさせるために、取材宣言をします。


 私、「市民メディアみやざきCMM」を名乗って取材活動、執筆・撮影等を行っていますが、組織ではありません。個人です。

 いわゆる「ネット・ジャーナリスト」です。

 よく言われるのが「報道の中立性」ですね。

 確かに、これは大切ではあるかと思います。

 しかし、マスコミと呼ばれる新聞、テレビ等をみてください。本当に中立性を保っているでしょうか?

 本当のことを伝えなくなったマスコミ、前例を作りたくないからネットメディアやフリーを排除したがる記者クラブ。

 彼らにこそ、報道の中立性は求められるべきです。

 個人で動いている私のようなネット・ジャーナリストは、すべてを公平に中立性を保って取材するなんてできません。

 私はこれまで、



自分が伝えたいことを伝える
伝えなければならないことを伝える




というスタンスで情報発信を行ってきました。


 記者クラブとか組織に入っていないと入手できないような情報も、自分なりのネットワークを構築して取材してきました。


 すべて個人の責任で動いているわけで、フットワークは軽いですが、その分、裏付けもきちんと行っています。


 選挙関連の取材は、もちろん、すべての候補者のことを万遍なく取材することが基本でしょうが、組織を持たない私にはそれはできません。


 取材したい対象を絞り、事実のままを撮り、書いてきました。1人のネット・ジャーナリストが伝えることができる範囲で動いてきました。そのことは私の過去の記事や動画を見ていただければお分かりいただけます。

 そのような取材活動が公職選挙法や他の法律に抵触していたのであれば、今、私はここにいないでしょう。

 
 今後も、 


自分が伝えたいことを伝える
伝えなければならないことを伝える

というスタンスで伝えていくだけです。



 何度も繰り返しになりますが、もちろん、報道の中立性も大切にしなければなりません。



 しかし、私は


報道の自由


を選びます。


 誰を取材して、誰を取材しないかは、それは取材者の自由です。表現の自由でもあります。


 話は少しズレますが、国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)が発表した2016年の「報道の自由度ランキング」では、日本は、対象の180カ国・地域のうちで72位です。


 報道の自由をどうするかはマスコミにおける課題ですが、ネットメディアにおいては自由であるべきではないかと思います。もちろん、情報発信に伴う責任はありますが。


 今回の日南市長選挙の取材もこれまで通り、1人の立候補者に絞って取材を行ないます。現職はマスコミがこぞって取材するでしょう。おまかせします。


 「大谷、それでは報道の中立性が保てないだろう!」と言われそうですが、そんなことは




クソ食らえ!



です。


 1人のネット・メディアの影響力ってそんなにありませんから。


 以上。


このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…