スキップしてメイン コンテンツに移動

市長の政治倫理規定・条例が必要なのでは?「イクボス」市長vs.市議会、一般質問最終日





2017310日、日南市議会定例会の一般質問最終日。午後、改政クラブの濱中武紀議員が『市長の政治姿勢について』で、今回の市長の疑惑を質した。総合戦略課長から情報発信、情報管理の在り方について引き出すも、情報流出については明らかにされなかった。


----------------------------------------------
 平成29年第1回日南市議会定例会の一般質問最終日、傍聴席には13人程度の市民が詰めかけた。


 午後の最初は、午前中に終わらなかった改政クラブの田中重信議員の質問から始まった。


一般質問ラストバッターは、同じく改政クラブの濱中武紀議員。『市長の政治姿勢について』で、今回の市長の疑惑について質した。


前回と同じく、手元のメモに書いたことをまとめたので、若干の違いがあることをご容赦願いたい。


まず、濱中議員から、

市長のメール問題については、今回、様々な議員の方々から質問があった。また、今、今回の予算委員会で、安倍総理夫人は公人か私人かという議論も行われている状況である。市長は公人であるという認識が欠け、メールの誤発信というカタチで表に出たと考える。

また昨日は、務台復興政務官が自身の発言で辞任している。市長は公人、私人の言葉のやりとりの違いを認識してほしい。

人間なので煩悩がある。しかし、失敗したことをできるだけ早く反省し、今回のことを教訓として市長職を全うしなければならないと考える。

市長は今回の教訓を生かし、私生活を含め、今後どのような対応をしていくのか。



崎田市長:今回の件で、市民の皆さまや多くの方々にご心配とご迷惑をおかけし、市政への信頼とっ信用を損ねましたことを、まことに申し訳ない思いである。市長の公人としての姿勢、市政への信頼、信用を少なからず失ったことについて、お詫びしたい。今後は、公私ともに誤解を生まないように、市長として誠心誠意、邁進していきたい。


濱中議員:市役所における情報発信、情報管理の在り方について、総合戦略課としはどのように考えているか。職員の勤務時間中や私生活の中で携帯電話での情報発信等について、職員に対する教育を行う考えはないのか。


総合戦略課長:勤務時間中の職員の情報発信についてはだめである。情報管理については、ハード面、ソフト面の整備を進めていくとともに、情報管理の大切さ等を職員に伝えていきたい。職員全体の引き締めを行いたい。


濱中議員:人間は年齢を重ねていくと様々な義務と責任が重なっていく。市長は、300億円の予算の決裁権を持つ、日南市最大の公人である。その責任は、市民の数倍、数十倍以上である。自分がどのようなカタチで私生活を送れば良いのか分かるはずである。

 今回の森友学園の問題で、法令に照らし合わせて問題があれば安倍総理は辞めなければならないと答弁しているが、市長は法令に照らし合わせて問題が生じるようなことがあれば辞めるのか。


崎田市長:政治家の出処進退は重いものがある。法令に照らし合わせてそういった場合が生じれば、安倍総理と同じ立場をとる。


濱中議員:私と市長とは孫の歳ほどの違いがあるので、苦言を申し上げる。「実るほど頭が下がる稲穂かな」ということわざがあるが、自分の足元を一歩一歩、石橋を渡るような慎重さがほしい。今後の市長の職務にあたってほしい。質問時間に都合で市長からの答弁は求めない。


 ということで、濱中議員は次の質問に入った。



 初日、2日目に比べ、「情報流出」「危機管理」の核心にまでには行かなかったものの、


・情報発信、情報管理の在り方

・職員の勤務時間中の情報発信について

は、総合戦略課から方向性が示された。




また、濱中武紀議員が引き合いに出した安倍総理の辞任論、「法令に照らし合わせて問題があれば辞任する」ということも注目できる。


前回、記事に書いた



今回の崎田市長の『責任』はどこにあるのか?




は、「市長の政治倫理規定(条例)」を制定すれば良いのだ。


 この「市長の政治倫理規定(条例)」は、現在、日南市にはない。長崎県長崎市には、全19条と附則による『長崎市長等政治倫理条例』が、2012(平成24)年41日に制定されている。


その第1条には、このようなことが書かれている。

----------------------------
この条例は、市政が市民の厳粛な信託によるものであることを認識し、その受託者たる市長並びに副市長、上下水道事業管理者、教育長及び代表監査委員が市民全体の奉仕者として、人格と倫理の向上に努め、いやしくもその権限に基づく影響力を不正に行使して、自己又は第三者の利益を図ることのないよう必要な措置を定めることにより、市政に対する市民の信頼に応えるとともに、市民が市政に対する正しい認識と自覚を持ち、もつて公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的とする。
----------------------------


 まさしくこの通りである。


 市最大の『公人』である市長は、このような規定、条例で縛られるべきである。市長に問題があれば、この規定、条例に照らし合わせれば良いのだ。


今後も、市長の『低年齢化』が進み、今回と同じような問題が起きないとは言えない。このような規定、条例整備も必要になるのではないだろうか。


これで、崎田恭平市長1期目最後の一般質問が終了した。


しかし、市議会の追及はまだまだ弱い。ダメである。








次回の本会議は、定例会最終日の317日(金曜日)である。


今後も取材を続けていく。



【関連記事】
















【お願い】

市民メディアみやざきCMMでは、今回の「日南市長の疑惑」に関する情報を収集しております。
どのような情報でも構いません。市民メディアみやざきCMMにご連絡をください。お待ちしております。
現在、別件でネズミ講まがいの「Divvee」に関する情報提供も行っております。メールで情報提供される方は、申し訳ございませんが、件名に「日南市長疑惑」とお付けください。

 ・メールアドレス infobar@cap.bbiq.jp
  (※件名には「日南市長疑惑」をお書きください。) 

 ・電話番号    080-5603-9244(担当:大谷)


【お願い】

市民メディアみやざきCMMでは、大手マスメディアが商業的、時間的な制約で伝えることができことを市民メディアが補完するカタチで伝えることができないかと考え、活動を行っています。
誠に心苦しいお願いではございますが、今後も継続的な情報発信ができますように、皆さまからのカンパをよろしくお願いいたします。
--------------------------------------------------
・1口1000円
・宮崎太陽銀行(銀行コード0591)
 大塚支店(支店コード017)
 普通口座 1124478
 名義人 オオタニ ノリフミ
申し訳ございません。振込手数料はご負担ください。
--------------------------------------------------
 どうぞ、よろしくお願いいたします。


 市民メディアみやざきCMM  大谷憲史

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22