スキップしてメイン コンテンツに移動

【熊本・大分地震から1か月】レポート5.13





 熊本での地震発生から今日で1か月。


 5月13日、熊本へ入りました。







 ご存知のように、九州自動車道は通行可能ですが、動画のよう嘉島JCT~益城熊本ICでは一部対面通行で、復旧工事を行っている箇所もあります。


 熊本IC料金所の屋根がないことに、ちょっと驚きました。







 まずは、当初からその対応が気になっていました福岡市の支援物資の拠点、うまかなよかなスタジアムへ出かけました。











 「ここでは支援物資の支給は行っていません」




という看板が入り口付近に。


 これまで駐留していた自衛隊も撤収したようで、以前よりも静かななかで、このスタジアムから拠点避難所等へ支援物資を配送する業者のトラック数台、担当職員数人が作業を行っていました。

 中に入ると、支援物資がまだまだ増えてきているような感じでした。






 ゴールデンウイーク中に到着した支援物資が、かなり山積みされていました。


 中には



「久留米行き」




と段ボールに貼られて支援物資もありました。


 そのことを担当の方にお聞きすると、熊本市が確保している久留米市の倉庫へ移送するとのことです。


 これらの支援物資、そのうちのどれくらいが避難所へ送られているのか確認していませんが、このスタジアムを見る限りでは、熊本市へ送られてくる支援物資のほうが圧倒的に多いのではないのか、という感じです。


☆☆

 行けるところまで行こう、ということで、南阿蘇村立野の立野病院付近の通行止め付近まで向かいました。







 上空はヘリが飛び交っていました。

 もちろん、阿蘇大橋等の様子をうかがうことはできなかったものの、一部地肌が見えている山を確認することはできました。



☆☆☆

 前回、堀の周囲で熊本城を観ていましたが、今回、「熊本城 桜の馬場 城彩苑」から「二の丸公園」へ行けることができるようになったということで、出かけました。









 平成15年に組み換えが完了した箇所が今回の地震で崩落したようで、二の丸公園へ向かう途中、また、二の丸公園から確認することができました。


 以前の調査で、1つ1つの石に番号が付けられている個所もあり、そこは割と早く修復できるのではないかということです。

 




 修復に向けて10年かかる、いやそれ以上かかるとのニュースを見かけますが、修復に向けて本格的に動き出しまでに時間がかかるのではないかと思います。




☆☆☆☆

 午後、まずは、「崇城大学ボランティアビレッジ」へ向かいました。



 


 熊本市西区池田の崇城大学の駐車場にボランティアビレッジはあり、敷地的には広いほうです。

 お邪魔した時間帯はボランティアの皆さんは出かけていますので、奥のプレハブにある受付で、担当の方にお話をお聞きしました。

 ここの利用に関しては、インターネットから手続きを行うようです。

 こちらです。




 ただ、利用料金の支払いは、現地の受付で行います。


  写真の右端に移っている白いテントは、交流テントで、ボランティアさんへの支援物資、移動用の自転車等も置かれていました。






 トイレ、シャワーも完備しています。


 ただ、このビレッジから熊本市災害ボランティアセンターまでの交通手段をまえもって確認しておいたほうが良いかもしれません。

 それでも、担当の方のお話では、それまでコンビニ等の駐車場で寝泊まりされていたボランティアさんが、インターネット等でこのボランティアビレッジのことを知り、とても助かったということです。

 ボランティアさんを支援する、このような活動、支援施設はとても大切ですね。

 このボランティアビレッジは、10月まで開設するとのことです。



☆☆☆☆☆

 益城町総合運動公園へ向かいました。

 例のテント村がある避難所です。







 これから暑くなるということでターフが付けられたり、テントの杭を補強したりで、前回来た時に比べて、心なしかテントの数が増えたように見えましたが、新たに設置された風通しの良いターフが付いたんで、そう見えたのでしょう。


 しかし、このテント村も5月31日で閉鎖されるとのことです。


 テント村の隣りの避難所の駐車場に、大阪市から来られた自転車修理のおじさんがいらっしゃいました。

 大阪市住之江区で「新北島サイクル」を営んでいらっしゃる衛藤典雄さんです。









 衛藤さんは、東日本大震災後、すぐに東北に入り、避難所等で自転車修理を中心に活動を行って来られたとのことです。

 今回は5月12日に益城町に入られたようですが、4月21日にも益城町入りしていて、今回が2回目とのこと。

 一度大阪へ戻られた時に、益城町の方から、「今どちらにいらっしゃいますか?修理できますか?」とお電話がかかってきたこともあるようです。


 この日は、避難所で暮らす子どもたちが修理にやってきて、衛藤さんが対応されていました。



 気さくなおっちゃんという感じで、「人のために尽くす」ということを改めて考えさせられました。


 衛藤さんから、東日本大震災当時、紹介された新聞記事を見せていただきました。



 






 以前お邪魔したときに、目がご不自由な方のパソコンサポートを行いました。

 その方のことが気になり、お邪魔しました。

 お元気そうにされていました。

 ちょっと教えてほしいことがあるということで、パソコンサポートをさせていただきました。








 今日で地震から1か月。


 これからも私ができることを考えながら、活動を展開していきたいと思います。


 ご覧いただき、ありがとうございます。




このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22