スキップしてメイン コンテンツに移動

言わぬが花 知らぬが仏

昼下がりのあみーろーど5


 亡き母がいつも言っていた言葉「言わぬが花 知らぬは仏」。


 そう、ここでもお話してきました駅前商店街の件です。

 今日、2週間ぶりに「駅前パソコン教室」があったのですが、トラブルを作った2人のうちの1人、A氏は、私のパソコン教室の受講生。

 出席された受講生のお一人が、「Aさん、来ないのかしら」。

 何の連絡もなしにA氏は、無断欠席。

 いや、出席できないのである。

 それは2週間前のこと・・・

 ◇
 8月18日のパソコン教室終了後、帰り際にA氏が私に対して、「もう(研究会に)来なくてもいいですよ」と発した言葉が、ことの引き金に・・・

  詳しくは、こちらを。

「もう、参加しなくてもいい・・・」って 


  で、本日のパソコン教室終了後に、A氏が話があると公民館に現れました。
 近くの喫茶店が開いていないということで、駅前商店街の歩道にあるベンチで話をすることに。

 A氏いわく、「仕事が忙しいのであれば、そんなに無理して研究会に来なくてもいいのでは」と言う意味で言ったとのこと。

 「宮崎ものづくり研究会には仕事で参加して欲しい。ついては役員をお願いしたい」と、研究会の代表の方から直接要請されたので、私は無理してまでぎりぎりまで時間の調整を行なっていたのですが。

 A氏いわく、「そのような事情は知らない」。

 事情を知らないのであれば、普通、「もう来なくても良い」というような発言は出ないはず。私ならしない。

 ここで、私に対して謝るどころか、ガムを噛みながらの対応である。

 歩道のベンチという衆人環視の中ではあったが、A氏に対して、「失礼ですからガムを噛みがらの発言はやめて欲しい」と伝えました。

 するとA氏、そのまま綺麗なカラー歩道めがけてガムを吐き出しました。
 社会的にも肩書き的にもある程度の地位にある方が、公共の場でガムを吐き捨てるとは。

 この様子は、近くの電器店の店主も目撃し、それが目に入ったのか、A氏は自分が吐き捨てたガムを拾い上げ、今度は花壇へ・・・。どこまで馬鹿なことをするのか、怒りを通り越して、呆れてしまいました。

◇◇
 ここで、謝罪すれば全ては終わったはずなのですが、A氏は私との過去の問題を話し始めた。

 今回の件とは全く関係のない話なのですが・・・

 「金を払え」と言い出しました。

 昔、パソコン教室をするために、A氏の物件を借りていました。
 しかし、なかなか受講生が集まらず、家賃を払えない状況が続いていました。このままではどうしようもないということで、一旦撤退して再出発しようという頃、誰も意図して割ろうと思わない部屋高所の窓ガラスにヒビがあり、家賃とともに支払って欲しいということに・・・

 まとまったお金はなかったので、月々分割で支払っていました。


◇◇◇
 そうこうするうちに、駅前商店街が新しくなり、新しい公民館もできました。

 A氏からの提案で、「この新しい公民館でパソコン教室をやってくれないか」と。
 ただし、A氏の授業料は家賃との相殺で払わないという条件でした。

 私の得意分野でお返しができることで、私も駅前商店街のために一生懸命がんばってきました。それがご迷惑をかけたA氏への恩返しだと思っていました。

 ミニボートピア誘致問題に関する街頭署名活動も、恩返しの一つだと思い、活動を展開してきました。


 そのような中で、今回の件とは全く関係も脈絡もなく、過去にさかのぼって「金を支払え」とは、良く言えたものです。ちょっと感心しました。

 金を支払えとう理由として、「パソコン教室を辞めるから」とこれまた訳の分からない理由で・・・


 自分が一度発した言葉に対して、どこかで自分なりの折り合い、決着を付けないいけないと考えたのでしょう。その着地点が「金を支払え」とは、なんとも情けない話です。

 私の言動に「非」があれば、A氏のおっしゃることも理解できますが、「もう来なくてもよい」と発したA氏の言葉で、どうして私が過去のことでこのようなことを言われなければならないのでしょうか?

  私のビジネスチャンスを奪っておきながら・・・


 大いに理解に苦しみます。たった2週間前の発言です。




 近くの電器店の店主さんが、「大谷さん、すまんかった」と。

 そうです。それだけで終わりなのです。分かっていらっしゃいます。さすが、駅前のご意見番です。


 A氏は「謝らない」とはっきり伝え、「あなたの好きなようにすれば良い」とも。

 好きなようにしろと言われても、どうして良いか全く分かりません。

 今回の件で、私がA氏を怒らせたわけではなく、A氏が私を怒らせたのです。なんか本末転倒というか、「社会的地位や肩書き」が邪魔させていると言うか、まったくもって昔の人って分かりません。


◇◇◇◇
 日本は「恥の文化」で、先に「すみません」って謝ったほうがうまくいくことも多いのですが、なんでこうも頑固なのでしょうね。話をすればするほど、自分が不利になるということが分からないのでしょうね。

 今回の件では、私にはまったくもって「非」はありません。

 よって、お金を払うこともありませんし、駅前パソコン教室を閉じることもありません。


 ま、A氏が裁判に打って出ることも考えられますが、それよりも先にやらなければならないことがあります。

 ミニボートピア誘致問題。

 現在、宮崎市議会が開催中ですが、この議会開催中に、宮崎市が最終判断をすることになっているようです。

 私のところに入ってきている情報によると・・・。
 おっと、ここでは言えません。



 さて、このブログをご覧の皆さん、やはり、私のほうが悪いんですかね?

 なんか、このような人に出会うと、判断力が鈍ってしまいます。
 コメントをいただけると助かります。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 長文で失礼いたしました。

 



このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…