スキップしてメイン コンテンツに移動

福島の教訓を生かさない安全基準

 Avaaz.orgからの最新情報です。

 どうぞ、お読みください。




皆さま




原子力推進派は信じがたい計画を実行しようと企んでいます:なんと、危険なほど欠陥のある原子炉のさらなる再稼働を認めようとしているのです!原子力規制委がまとめた新たな規制基準案の一部には、5年の猶予期間が設けられています。しかし、市民の声を反映させるため、原子力問題調査特別委員会が設置され、またパブリックコメントの募集も行われています。そんな今こそ、私たち市民が大きく反対の声を上げれば、危険な原子炉の再稼働という狂気を止めることができます
原子力推進派は信じがたい計画を実行しようと企てています:なんと、必要な安全対策を講じることなく、危険なほど欠陥のある原子炉のさらなる再稼働を認めようとしているのです

 しかし、原子力行政の在り方を議論し市民の声を反映させるため、衆議院に原子力問題調査特別委員会が設置され、また基準案に関するパブリックコメントの受 け付けも行われています。

 そんな今こそ、私たち市民の皆が大きく反対の声を上げれば、危険な原子炉の再稼働という狂気を止めることができます。

 原子力規制委員会の新しい規制基準案は、2度と原発事故を起こさないようにするため作られたはずです。

 それにもかかわらず、電力会社をはじめとする公益企業は、5年間もの間この重要な安全基準の適用を遅らせることができるのです

 つまり、福島の大惨事につながった安全を確保できない基準を変えずに、原子炉を再稼働するということです。

 しかし、規制基準の策定に関わっている主要参考人のひとりは、一般市民が大きく反対の声を上げれば、規制委の見解を変えることができると言います。

パブリックコメントによる審議も行われている今こそ、「5年猶予」の提案を直ちに撤回させる絶好のチャンスです。

 この数日が決定的な時となるでしょう

 私たち皆で迅速に行動を起こし、一丸となって原子力規制委に響き渡る強力な声を発信しましょう。

 そして、福島の事故から学び目先の利益ではなく人々の安全を優先するよう訴えるのです。

 リンクをクリックして署名に参加し、新基準の5年猶予を撤回するよう、また安全性が証明されるまで再稼働を認めないよう規制委の田中委員長に要請しましょう

-- 署名を終えたら、さらに強力な訴えを届けるため、リンクの拡散にもご協力ください。 3万人分の署名が集まりましたら、Avaazのスタッフが基準作りの審議が終わる前に署名を届けてまいります

http://www.avaaz.org/jp/nuclear_unsafety/?bNiXUcb&v=24447

 つい先週、福島第1原発から120トンもの放射性汚染水が漏れました。その原因は、東京電力が原子炉冷却のため注水を続け、溜まった汚染水を貯蔵するスペースを確保できないことにあります。

 福島の事故後、初めて再稼働された大飯原子力発電所は、敷地内で断層が確認されたにもかかわらず、運転が認められています – 関西地方に暮らすたくさんの人々の命が危険にさらされているのです

 新しい規制基準案は、正しい方向への第一歩だといえます

 この内のいくつかの対策が存在したならば、福島の大惨事を制御することができたかもしれません:例えば、放射性物質を取り除くフィルター付きベントの設置、断層上にある原子炉の運転停止、また緊急時に原子炉から離れた場所で制御する「第2制御室」の設置などです。

 しかし、5年間はこれらの基準を適用せず猶予を認めるということであれば、安全確保のための取り組みすべてを台無しにしかねない、大きな抜け穴となってしまいます

 日本国民の70%は、今なお原発ゼロの社会を望んでいるのです

 私たちは今こそ、福島第1原発の過ちを繰り返さないため、再稼働するすべての原発が厳格な安全基準を確実に満たすよう監視しなければなりません。

 安全性が確保されていない原発の再稼働を認めることは、命よりも利益を優先する、到底受け入れることのできない危険な賭けです

 原子力規制委は世論にも配慮し、新基準案をまとめるにあたりパブリックコメントを30日間募集していますが、「5年猶予」については明らかに議論の対象から外されています。規制委が聞かずに済ませようとしていた抗議の声を大量に突きつけるチャンスです。

 署名に参加し、お友達やご家族の皆さまにもキャンペーンを広めて頂くようご協力お願いします



http://www.avaaz.org/jp/nuclear_unsafety/?bNiXUcb&v=24447


 史上最悪の大事故から立ち上がり、環境にやさしく、これからの世代の人々が安心して暮らせるクリーンエネルギー社会を日本に築くチャンスが与えられたのです。未来を決めるこの大切な時に、団結して立ち上がりましょう。

希望と決意を込めて

オリー、キア、ミシェル、ルイス、リーワン、アリス、ジューエイ、およびAvaazチーム一同

【関連情報】

原発「やめる」7割超す 朝日新聞世論調査 朝日新聞

原発 机上の「安全」 避難、医療 危うく 東京新聞

対策5年猶予「許されない」=専門家ら、規制委を批判 時事ドットコム

大飯原発は新基準導入後も運転継続へ、9月以降に原発ゼロも=規制委 朝日新聞

原発新規制基準の「5年猶予」と大飯原発特別扱いの撤回を求める緊急署名地震や津波は待ってはくれない


パブリックコメント:意見募集中案件詳細

【関連情報 】(英語)

・Japanese nuclear industry funded regulatory agency's safety experts (FAIR)

A cautious return to nuclear power (Japan Times)



Avaazコミュニティを支援してください!
私たちは政府や企業による資金提供は受け取らず、全面的に寄付金によって運営しております。Avaazの小規模なオンラインチームは、どんなに少額の寄付金であっても大いに役立てられるよう取り組んでいます。 Avaazに寄付する





Avaaz.org は、世界各国1900万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」 や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開 しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…