スキップしてメイン コンテンツに移動

総合ウェブ年賀状サービス「ウェブポ」年賀状印刷サービス受付開始











リプレックス株式会社

 
「Facebook」「ゼクシィnet」など様々なサービスと連携
「クラシック付き年賀状」も発売


 リプレックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:直野典彦)は、平成24年11月1日(木)より、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鍋倉眞一)と連携した総合ウェブ年賀状サービス「ウェブポ」平成25年用年賀状サービスの提供を開始いたします。

 総合ウェブ年賀状サービス「ウェブポ」を使うと、パソコンの操作だけで日本郵便発行のお年玉付年賀葉書を友人や知人に送ることができます。「ウェブポ」は、1000種類以上の豊富なデザインテンプレートをそろえ、写真貼り付け、あて名入力、印刷、発送・投かんまでを一貫してサポートします。また、「ウェブポ」で住所録をウェブ上でお預かりする際、「SecuTectTM」技術により、利用者以外が個人情報にアクセスできないという高い安全性を提供します。 
 ウェブ上で年賀状のあて名印刷、投函などすべてができる利便性をご支持いただき、昨年の受注枚数は100万枚を超えました。今年は注文時期に関わらずまとめて注文すると印刷代金が最大35%割引となる「大口割引」を実施するほか、「ゼクシィnet」で提供される「ラクラク席次表&ゲスト名簿」サービスとの連携、年賀状を受け取った人がクラシック音楽をダウンロードできる「クラシック付き年賀状」の販売など、次世代年賀状印刷サービスとして、さらなる利便性向上とユニークなサービスのご提案を続けていきます。


■総合ウェブ年賀状サービス「ウェブポ」について
http://webpo.jp/top/ 
 ==プリンタ/ソフト不要。年賀状作成、印刷、投かんまでをフル・サポート==
・サービス開始:平成24年11月1日
・1000種類以上の豊富な年賀状テンプレートから選べる。写真貼り付けも可能。
・あて名面の入力がウェブ上で可能。
・ひとりひとりへの自由なメッセージをウェブ上で入力し印刷可能。
・あて名面、デザイン面の両面を印刷工場で印刷できるので、プリンタが不要。
・印刷された年賀状を自宅で受け取ることも、印刷工場より直接投かんすることも可能。
・基本料無料、標準テンプレートを用いた場合の価格78円/通(はがき代別)。
・はがき代込48円/通で送れるスポンサー付テンプレートも枚数限定で提供。
・1枚から注文できて、少ない枚数からでも安価に利用可能。
・喪中、寒中ハガキにも対応。
・メアド、twitter、Facebookつながりの住所が分からない友達に紙の年賀状が送れる。

==安心のインフラ==
・「ウェブポ」の運営者であるリプレックス株式会社においても、入力された情報に触れない、「SecuTectTM」対応のハイセキュリティ
・富士フイルム株式会社によるオンデマンド印刷で高品質な出力を実現。
・GMOペイメントゲートウェイ株式会社の決済インフラで、決済も安心。


■「ゼクシィnetラクラク席次表・ゲスト名簿」連携について
http://zexy.net/contents/sekijitool/index.html 
 「ラクラク席次表・ゲスト名簿」とは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鬼頭秀彰)が運営する結婚&新生活情報総合サイト『ゼクシィnet』が会員限定の機能として提供する結婚式ゲスト管理ツールです。ユーザーが「ゼクシィnetゲスト名簿」に登録しているリストを、「ウェブポ」を使った年賀状のあて名印刷に簡単に利用できます。


■「クラシック付き年賀状」についてhttp://nenga-classic.com/)

 「クラシック付き年賀状」は、ナクソス・ジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:佐々木隆一)が持つクラシック楽曲及び株式会社MDパートナーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:星田洋伸)が運営するデジタルクーポンサービス「PetitGift(プチギフト)」と提携して提供する、クラシック曲のダウンロードクーポン付年賀状です。

 クラシック付き年賀状を受け取った人はあて名面下に印刷されているクーポンコードを入力する事により、パソコンまたはスマートフォンから好きなクラシック曲を一曲ダウンロードし、視聴することができます。価格は一枚133円(ハガキ代別)です。


■「年賀状Web2013」連携について
http://nenga.impress.co.jp/

 株式会社インプレスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:土田米一)が運営する年賀状デザイン販売サイト「年賀状Web2013」と連携します。同サイトから「ウェブポ」を利用すると1000種類以上のインプレス特製年賀状デザインを使って「ウェブポ」で簡単に年賀状を印刷注文することができます。


■「ベネ・ステ年賀状」について
http://www.benefit-one.co.jp

 福利厚生業務のアウトソーシングサービスを手掛ける株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石徳生)が、同社で運営する会員専用HP「ベネフィット・ステーション」の利用者を対象に提供する年賀状印刷サービスです。「ベネ・ステ年賀状」のユーザーは、「ウェブポ」のシステムを利用して会員特別割引価格で年賀状の印刷注文ができます。

■「富士フイルム年賀状印刷」連携について
http://postcard.jp/insatsunenga/index.html

 富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋成博)が運営する「富士フイルム年賀状印刷」で提供している約250種類の年賀状デザインがウェブポでも利用可能となります。



<リプレックス株式会社について>
 リプレックス株式会社は、様々なインターネットサービスの架け橋となって、インターネットをより便利に、そして楽しくするための個人情報プラットフォーム・システム、「SecuTectTM」を提供する会社です。「ウェブポ」は、この「SecuTectTM」と連携して動く初のウェブ・アプリケーションです。リプレックス株式会社は今後、「ウェブポ」のように「SecuTectTM」と様々なインターネットサービスを連携させることで、全く新たなインターネット体験を提供して参ります。
  社名:  リプレックス株式会社
  代表者: 代表取締役 直野 典彦
  本社:  東京都渋谷区渋谷2-11-6
  資本金: 6億3412万5000円


※「SecuTectTM」について
「SecuTectTM」は、「ウェブポ」などの様々なウェブサービスの背後で、サービス間連携の際の架け橋となったり、必要な利用者情報を保存するための個人情報プラットフォーム・システムです。「SecuTectTM」では、独自の二重暗号化技術によって、「SecuTectTM」の運営者であるリプレックス株式会社が、一切の利用者情報にアクセスできない仕組みが提供されます。「SecuTectTM」によって、「ウェブポ」などのウェブサービス利用者には最高のセキュリティを、またウェブサービス事業者には情報開示のリスクなく他サービスと連携することのメリットを、それぞれご提供できるようになりました。

PR TIMES 


このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…