スキップしてメイン コンテンツに移動

ナイジェリア:MSFがザムファラ州の鉛中毒危機について経過報告 ――時間切れの警鐘鳴らし、大統領にバゲガ村救済を要請

治療のため1歳5カ月の息子を診療所に連れてきた女性。鉛を含んだ鉱石の粉砕作業を自宅で行っていたため、子供たちが中毒になった。



国境なき医師団(MSF)日本



 国境なき医師団(MSF)は、ナイジェリア・ザムファラ州における鉛中毒危機について、状況の経過報告を発表し、問題の解決が手遅れになると警鐘を鳴らしている。この問題の解決策については、半年前に国際会議が開かれたが、MSFは、そこで合意された行動項目のごく一部しか履行されていないと指摘している。


 金の産地であるザムファラ州では、鉱石を粉砕して金を抽出している。その粉塵には多量の鉛が含まれており、人びとの健康がむしばまれる鉛中毒の原因となっている。特に、幼い子どもたちは重症になりやすく、死に至る場合もある。また、成人も長期にわたる健康上の問題を抱える恐れがある。MSFは被害が確認された2010年以来、子どもたちと授乳期の母親の治療にあたっている。


環境浄化を急げ

 この問題に対する予算は、州内のバゲガ村の環境浄化に重点が置かれ、今年5月に同国大統領がこの予算を確約しているものの、いまも連邦官房長官の認可が下りていない。環境浄化は、住環境から鉛を除去する作業であり、それが行われなければ、子どもたちは今後も毒素にさらされ、治療も無意味になる。

 MSFのロジスティシャン*であるマイケル・ホワイトは「バゲガは危機的状況にあります。鉛中毒被害が明らかになってから2年半余りが経ちましたが、依然としてたくさんの子どもたちが、治療を待っています。MSFは治療を行う態勢も意欲もありますが、住環境の浄化が行われない限り、治療はできません。まずはバゲガの鉛を除去しなければならないのです」と訴える。
*物資調達、施設・機材・車両管理など幅広い業務を担当する派遣者

 環境浄化は、直近の雨季の直後、2012年10月末に開始される予定だった。もし11月中に資金投入が認可されず、年内に環境浄化が開始されなければ、また次の雨季がやってきてしまい、MSFがバゲガの中毒被害者を治療する機会も著しく減少し、地域社会に甚大な被害が及ぶ恐れがある。


ナイジェリア人主導の行動を

 MSFは2010年から、ザムファラ州の鉛中毒被害者を継続的に治療しており、問題の解決には、専門家による村の環境浄化、最も健康リスクの高い被害者の治療、より安全な鉱業の実践という3本柱のアプローチが必要だと主張している。MSFは、2010年に州内7つの村で中心となって環境浄化を成功させ、国際的にも認知されている除染企業「テラ・グラフィックス」と密接に連携している。

 テラ・グラフィックス社、MSF、地元関係者は、資金投入の認可が下り次第、いずれも活動を開始する構えだ。テラ・グラフィックス社、MSFはともに、ナイジェリア行政当局や省庁との協力の下、有効性、信頼性、透明性が確かで、バゲガの人びとに最良の結果がもたらされる体制の確立を図っている。こうした協力体制は、ナイジェリア側に責任の履行と、国際的に認められている基準・実践方法の順守を徹底させ、その経過と結果の双方において、ナイジェリア人の参画と主導を促すものだ。

 MSFとテラ・グラフィックス社は、この問題に全力で取り組んできた。しかし、最終責任はナイジェリアの人びとと政府にある。政府の迅速な行動以外に、状況改善の手立てはない。


2012年5月、MSFはナイジェリア疾病管理センターとナイジェリア連邦共和国保健省とともに、鉛中毒危機の解決を話し合う国際会議を開催。当初の行動計画書と、その後半年間の経過報告書(英文)はこちら:
http://msf.org/lead-poisoning-conf-actionplan2012
http://msf.org/timeisrunningout

ザムファラ州の鉛中毒問題に関するMSFの解説はこちら:
http://www.msf.or.jp/news/2012/05/5542.php
http://www.msf.or.jp/news/2011/05/5212.php




PR TIMES

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…