スキップしてメイン コンテンツに移動

世界を救う5ヶ月~Avaaz

Avaazコミュニティのみなさん

このメールは、今までで一番大切なお知らせかもしれません。

海底から噴出する有毒なメタンプルーム(メタンの気泡の柱)を調査するため、年に1度ロシアの北極海域を訪れていた科学者が、再び視察に訪れたときのことです。

彼は、以前にも直径1メートルあるメタンガスの柱を数百本も目にしてきました -- メタンガスは、二酸化炭素の50倍もの勢いで気候変動に拍車をかける有毒ガスです。

ですが、今回の視察で最初に目にした柱に近づいたとき、彼は自分の目を疑いました。

なんと、柱の幅は1キロメートルにも広がっていたのです。巨大な柱は、大量のメタンガスを大気中に放出しているのです。

彼はさらに航海を続け、また別の、そしてまた別の幅1キロメートルもある気泡の柱を次々と発見しました。その数は数百にものぼります。



専門家たちが警告し続けてきたことが、今起きているのかもしれません。

一度越えてしまったら、二度と後戻りできない気候の「ティッピングポイント(臨界点)」 -- 地球温暖化が進むと、あらゆる場所でこの「ティッピングポイント」が作り出され、温暖化の加速に歯止めがかからなくなります。

北極海の海氷は、地球に降り注ぐ太陽の光を宇宙に反射させます。温暖化は、この反射の役割を果たす白い巨大な「鏡」である海氷を破壊し、それによって海水温度は劇的に上昇し、さらなる海氷の融解が進む、と悪循環が続くのです。

もはや、その暴走を制御することはできなくなってしまいます。現に、2014年はあらゆる異常気象に見舞われました -- 観測史上最も「暑い」1年だったのです。

もし、私たちが力を合わせ、そしてすばやく行動を起こせば、この暴走を止めることができるはずです

そして、子供たちや孫たちにすばらしい未来を残すことができるのです。私たちに命を与えてくれたこの地球と調和のとれた、クリーンで環境にやさしい未来を。

パリ気候変動会議までわずか5カ月 -- この会議で、世界がどう気候変動に取り組み運命を変えることができるかが決定されるのです。

まだ先のことと感じられるかもしれませんが、それほど時間に余裕があるわけではありません。

5カ月の間に、指導者たちに気候会議に向けた取り組みを呼びかけ、計画を提案し、責任を果たすよう働きかけていかなくてはならないのです。

さらにこれはAvaazコミュニティ対石油会社および運命論者たちとの闘いでもあるのです。

私たちは会議で有効な取り決めを勝ち取ることができます -- いえ、勝ち取らなければなりません。

ですが、そのためには、今年12月のサミットで力の限りを尽くさねばなりません。みなさんから毎週数米ドル/ユーロ/ポンドの寄付をお約束いただくことで、私たちの活動を大きくレベルアップさせることができます

 -- お約束された寄付は、目標に到達するまで引き落とされることはありません。さあ、私たち皆が夢に描いた世界を、ともに実現させましょう。

クリックして、できる範囲で寄付をお約束ください。

新たな支援者1万人の目標を達成するまで、寄付額が引き落とされることはありません: 



または、一度限りの寄付をこちらからお約束できます。



気候変動について「なるようにしかならない」と思うのは、不毛な考えであるばかりか、何の役にも立ちません。

すでに気候変動への対策は遅れていますが、私たちにはまだ、この大災害を止める力が十分にあります

石油や石炭ではない、別のエネルギー資源を利用した経済へとシフトしていくのです。

私たちが暮らすこの惑星をを守るために皆が取り組み、協力していく中で、世界はかつてないほど団結することができるでしょう。

すばらしい可能性であり、Avaazはまさにそんな未来を実現するために存在するのです。

この大きな課題を前に、必要とされているのは勇気と希望、そしてあらゆる知恵です。パリ会議までに、私たちは以下の点に重点を置き取り組みます:
  1. 成果をバネに野心的な目標を勝ち取る
     -- 先日開催されたG7(先進7カ国)会議では、世界経済を化石燃料から撤退させることが約束されました。これは大変すばらしいニュースです -- この2、3ヶ月でさらに多くの国々が同様の約束を掲げれるよう私たちが働きかければ、パリ気候会議では、全世界が一致してクリーンな未来に向かう野心的なこの目標を採択できるはずです!

  2. 世界を総動員
     -- 昨年私たちのコミュニティが先頭に立って開催した「気候マーチ」
    は、政治機運を大きく変えました。今年も、各国首脳がパリ気候会議の会場に到着する前日、さらに大きく、さらに大胆な、そしてさらに野心的な気候マーチをパリと世界各地で開催し、歴史的な気候合意を引き出し自国に持ち帰るよう世界中の人々が求めていることを示すのです。

  3. 仏オランド大統領に働きかける
     -- パリ気候会議の議長を務めるフランスのフランソワ・オランド大統領は、決定権を持つ強力な立場にあります。私たちは大統領にハイレベルの野心的な合意を求めなければなりません。Avaazメンバーと2度の話し合いに応じた大統領は、強力な合意を引き出すため全力を尽くすことを約束しましたが、私たちは交渉が困難に直面しても、大統領が決して引き下がらないよう取り組み続けねばなりません。

  4. キャンペーンをレベルアップ
     -- 気候変動の危機は、通常のキャンペーン以上の行動が必要となります。人々の心をとらえ、緊急な対策が必要とされていることを訴え、行動を起こすようインスピレーションを与えるような、ダイレクトで力強い非暴力のアクションを、今こそ起こすべき時です。「気候マーチ」はその第一歩でした。次の一歩を踏み出すために、「オキュパイ運動(ウォール街を選挙せよ)」などが考えられます。

  5. 引き出すべき合意を明確にする
     -- 地球規模の災害に直面する最中、195カ国の政府代表が同じ部屋で話し合っていても、何も決まらないかもしれません。様々な政策が協議される中、各国がある一定の合意に達し、メディアや政策もその合意を中心に動くよう取り組むのです。私たちが重点的に取り組むべきこと、それは、二酸化炭素を排出せず100%クリーンエネルギーで動く世界です。そんな世界が実現すれば、化石燃料業界を隅に追いやり、民間投資を再生可能エネルギー分野に大きくシフトさせることができるのです。


これらの計画を勢い良く一斉にスタートさせるため、多数のメンバーのみなさんに少額の寄付をお約束頂く必要があります。

寄付の額は問いません - 希望を持って行動を起こしていくため、約束くださった寄付は最大限有効に生かし、様々なアプローチで取り組みます:



または、一度限りの寄付をこちらからお約束できます。 

2009年のコペンハーゲン気候変動会議開催前には、ドイツと日本の「気候の未来に関わる」選挙で、また、ブラジルでの気候政策の変更に関して、Avaazは極めて重要な役割を果たしました。

さらに、気候変動に取り組む貧困国に対して、富裕国が年間1000億ドルを約束するという資金面に関わる国際的な取り決めが合意される過程においても、Avaazは様々な形で貢献しました。

当時、Avaazのメンバー数は300万人でした。コペンハーゲン後、気候変動によってもたらされる課題に取り組むためには、さらに大きなコミュニティにしていかなければならないと感じました。

そして今、Avaazコミュニティのメンバーは4000万人を超え、その数は急速に増え続けています。

気候変動は、世界的な協調行動が必要とされる問題であり、各国政府の協力も欠かすことができません。

そして、Avaazは世界各国の人々がひとつのビジョンのもとに集まり、協調行動を起こし問題を解決するコミュニティなのです

今こそ、子供たちのために、私たちの夢にふさわしい世界を築く時です。そんな世界を実現するために、共に一歩を踏み出しましょう。

すばらしいこのコミュニティに希望と感謝の気持ちをこめて

リッケン、そしてAvaazチーム


【関連情報】

2014年は観測史上最も暑い1年だった(ハフィントンポスト/英語)


北極圏の永久凍土からのメタンガス漏出は「経済時限爆弾」 、研究(AFP/日本語)


「海底から放出されるメタンはイドレードの巨大な柱」北極圏シベリア海で発見(Daily Kos/英語)


2015年までに気候変動に関する新たな国際的合意が必要な5つの理由(Switchboard NRDC)


10の兆候 パリ気候合意に向け足並みを揃える世界のスターたちガーディアン/英語)


北極海氷「死のスパイラル」(State/英語)




Avaaz.org は、世界各国4100万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。
メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちらからご連絡ください。 メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリックしてください

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22