スキップしてメイン コンテンツに移動

14000人の傍観者(フォロワー) ~日向市の裁判ではインターネットにおける情報発信の在り方が問われている(前編)~2






☆ブログは大丈夫か

では、ブログはどうだろうか?

当初ブログは日々の自分のことを綴る、いわばネット上の日記という捉え方をされていた。「Web(ウェブ)をLog(ログ)する」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。

2001年のアメリカでの同時テロの模様を音楽家・坂本龍一氏がブログで伝えたことで、日本でもブームとなった。

その後、個人の情報発信の最強のツールとして生まれ変わり、「アルファブロガー」と呼ばれるそれなりの影響力を持つ人物を産んだ。「ブログで稼ぐ」、アフィリエイターも出現し、アフィリエイトが認知され普及していった。

ツイッターと違い、文字数に制限がないブログは、今でも手軽な個人の情報発信ツールである。


それだけにいろいろとトラブルも発生する。


このことは後でも取り上げることにするが、一番の問題はブログに掲載する内容である。

ご存知のように、ブログにはテキストだけではなく、写真や動画を掲載することができる。また、リンクを貼ることで引用先へジャンプすることもできる。マルチメディア(もはや死語か・・・)的な表現が可能である。

しかし、その掲載する写真や動画などは大丈夫なのか?ということである。

公序良俗に反しない、自分に著作権がある写真かどうかということだが、大半のブログは著作権者に許可をとっていない写真をそのまま掲載している。

著作権違反は「親告罪」で、著作権者が違反しているブログを特定し提訴しなければならない。

何千何万とあるブログから、自分に著作権がある写真を見つけ出すことは大変である。

私もこれまでに30数件ほど著作権侵害でブログ管理者を特定してきたが、普通にグーグルの画像検索で探すという手法である。検索では一度では発見できず、それは根気のいる作業である。

そうした苦労を考えると、著作権者側が黙認したほうが良いと考えるのも当然ではあるが、それでも「著作権侵害」には変わりはない。

あなたのブログで写真を使用する場合、著作権者が分かっていれば連絡してあげてください。それがマナーです。



動画も同じである。


ただ動画の場合、例えばYouTubeでは動画再生プレイヤーをブログ埋め込める機能があり、それを許可するかどうかは動画投稿者(著作権者)側で決めることができる。

引用として他人の動画がブログに使われている場合、著作権者が使用許可を出しているのと同等なため、著作権侵害にはならない。

しかし、著作権者に無断でYouTubeから直接動画をダウンロードする行為は、YouTubeの利用規約で禁止されている。

また、YouTubeに違法にアップロードされている動画を知っていながら無断でダウンロードする行為は、著作権法における「違法ダウンロード」になるので注意してほしい。




☆ブログで肝心な文章は大丈夫か

 ツイッターで話した「コミュ障」ではないが、ツイッターで文章がおかしい人は、ブログでもやはりおかしいのである。

 ブログには140文字という制限はないので、ツイッターよりははるかに自由に書けるはずなのだが、やはり、おかしい文章は存在する。

・主語述語の関係がおかしい。
・言葉の係り受けがおかしい。

という文章の基本に関することはツイッターと同じだが、それ以外にも

・裏付けをとった取材による文章なのか
・どこまでが事実でどこからが筆者の考えなのか
・ありのままを書き過ぎていないか
・ネット上にはない個人情報を書いてはいないか

等々、ケースバイケースによるが、様々なブログ記事を拝見させていただくなかで、一番気になるのは、事実だからと言ってありのままを書くとか、インターネットには公開されていない個人情報を含んだ文章を書いていることである。


ブログ記事にリアリティを出すための演出だとしても、「書いても良い限度」というものがある。


本人は、ありのままを書くことで自分の正当性を説明したいのかも知れないが、その限度を超えてしまうと、読者も嫌気が差すだろうし、トラブルにも発展する。


ブログは不特定多数が閲覧する。

そこを狙って不特定多数が読んでも問題ないような文章を書いていく。

ブログで問題提起をしたいのであれば、不特定多数に賛同を得るような文章を書かなければならない。

これがかなり難しく、書くことが好きな私でさえ、十分に問題提起の文章が書けているとは言えない。まだまだ文章修行が足りない。




☆誹謗中傷はしていないか
 いつもより気合いを入れて文章を書くあまり、相手に対する思いやりに欠けるような文章を書いたことはないだろうか。

 もちろん、ラブレターやビジネス文書でそういうことを書く人はいないだろうが、ツイッターやブログでは違うのである。

 なぜかインターネットでは、面と向かって言えないことが書ける、人がいる。



 相手への誹謗中傷である。



 テレビ電話や動画で相手の顔を見ることはできるが、ツイッターやブログ等のSNSでは相手の顔を見ながら交流することはできない。

これまでにも述べてきたように、基本は「文章」である。
相手を思いやることも非難することもすべて文章で表現する。

理想論ばかり書いているわけではないが、不特定多数が利用するインターネットにおける最低限のマナーは守らなければならない。

実際に裏付けも取れて相手に非があることが分かった場合、とれる手段はいくつでもある。

・相手に直接電話やメールで確認する。
・SNSのメッセージ機能で相手に確認する。
・それでも何も反応がなければしかるべき措置をとる。

警察に相談、裁判を起こすなども考えられる。


 特定の個人ではなく、誹謗中傷をやめてほしいということをブログで伝えることはできる。

 前述したように、私の写真への著作権侵害が今でも絶えないため、警告としてブログに記事を掲載している。

警告文に個人名を掲載していると、事実だとしても、逆にその相手から訴えられることもあるからだ。

そのため、やはりブログで使う言葉には慎重にならざるを得ない。

 インターネット上では、時として自分が被害者になったり加害者になったりする。それはあなたが使っている言葉次第である。

日本では古くから、声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると悪いことが起こるとされてきた。


いわゆる「言霊(ことだま)」である。


インターネット上でも例外ではない。


インターネット上であなたが書いた良い言葉がもとで、良いことが起こるかもしれない。あなたが不吉なこと嫌なこと事実ではないことなどを書いたら、悪いことが起きるかもしれない。

2003年12月、裏付けも何もない主婦のメールがもとで、大きな事件が起きた・・・


----------------------------------------- 


【後編概要】
2 2003年佐賀銀行取り付け騒ぎ
3 日向市で起きた問題(Kファイル)の裁判の概要
4 インターネットにおける名誉毀損とその責任
5 裁判後のこと



このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22