スキップしてメイン コンテンツに移動

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去






 この「Divvee Social」には過去があった。



 それは「Wake Up Now」である。



名前を聞いたことがある方も多いかと思う。



☆Wake Up Now




 ウィキペディアによると、WakeUpNowは、アメリカ・ユタ州のプロボを本拠地とするマルチレベルマーケティング(MLM)組織で、健康と財務管理に重点を置いた製品やサービスを販売していた。


2009年にTroy Muhlestein氏によって設立され、2015216日に事業を終了した。


Wake Up Nowのディストリビューターの約95%が2013年にプログラムで利益をあげていなく、2014年にはアメリカ連邦取引委員会に160件の苦情があった。


2015216日、CEOPhil Polich氏の手紙の中で、元CEOKirby Cochran氏による管理不足のために、Wake Up Nowの事業を閉鎖。


Kirby Cochran氏は、Wake Up Nowには「神のような人物」だったようだが。


 ご存知のように、このWake Up Nowを設立したTroy Muhlestein氏は、Richard Smith氏とともに「Divvee Social」を立ち上げ、現在、Darren Olayan氏がCEOを務めている。










 Google翻訳なのでおかしい部分があるかもしれないが、和訳してみた。



----------------------------------------------------------

Wake Up Now»CEOは何百万という訴訟を起こしているが、個人破産申請をしている。




プロボ社は、マルチレベルマーケティング事業を停止し、元最高経営責任者(CEO)を訴え、同社をほぼ完全に支配し、「利益の100%を吸う」という力を使って、 贅沢なライフスタイル。


一方、Wake Up Nowの元CEOであるKirby Cochran氏は、最大5億ドルの債務をリストアップし個人破産申請を行っている。


同社は、同社の株式を売買しており、数万のディストリビューターを抱え、2013年には1210万ドルの収入を得たとしている。


しかし、最後の財務提出書類によると、今週のWake Up Nowは、2014年の最初の6ヶ月間に150万ドルを失ったという最後の報告書で、2013年には455万ドルの赤字を計上した。



2009年に設立された同社は、語学学習、個人金融管理、オンライン保護と費用追跡、栄養補助食品、エネルギードリンク用ソフトウェアを販売している。


マルチレベルマーケティングの事業計画の下で、自社製品を独立したディストリビューターに販売した。ディストリビューターは、新しいディストリビューターを募集し、他の人をネットワークに募集することを奨励された。


CEOPhilip Polich氏は、ブログ記事で、昨年末に解雇されたCochran氏の行動は、「回復できない位置に会社を置く」こと、そしてWake Up Nowはネットワーキング事業をすべて停止した。


水曜日、同社のオフィスでは、誰も電話に答えなかった。


Cochran氏は、同社に対して反対訴訟を提起する予定で、自己訴訟および不正管理の疑惑について「積極的に争う」と述べた。


Cochran氏は、同氏の弁護士から電子メールを受けた声明で、「私は数十年間、ビジネス界で成功した起業家、指導者、教師だった。この訴訟は、私と他の者に対して提起されたもので、メリットが欠けており、訴状には複数の不正確さが含まれています」。


Cochran氏の家族、グローバル・コネクション・ネットワーク(Global Connection Network)と呼ばれる会社の3人のメンバーを訴えたこの訴訟では、2011年に兄弟が秘密裏に株式を購入したシェル会社を通じ、その後、創業者Troy Muhlestein氏が保有する640万株を支配した。


Cochran氏は、ユタ郡第4地区裁判所に提出された訴訟に基づき、ユタ大学の学生の1人を助教授に派遣し、株式を保有する会社を設立するよう説得した。

 
Cochran氏はまた、Phil Polich氏にすでに個人的に150万ドルを払っており、Muhlestein氏の株式の秘密管理を明らかにしていないと誤って訴えたことで、100万ドルを投資すると話した。


Cochran氏はその後、彼は会社のために数百万ドルを上げることができると主張することによって20118月に彼の最高経営責任者(CEO)を任命する委員会を説得した。


支配権を得た後、Cochran氏はMuhlestein氏を含む役員、彼に反対する従業員と経営者を押し出し、株主総会の開催を中止した。


Cochran氏は、他の会社に関する訴訟や破産管財人からの訴訟の訴訟から百万ドルの裁判を受け、最低賃金しか支払っていませんでしたが、個人経費、訴訟は主張している。


さらに、Wake Up Nowは学生が作成した会社に支払うことを決めたが、彼が管理していた会社には、各アクティブディストリビューターに対して月額4ドルの手数料を支払う旨の申し立てが行われた。


Wake Up Nowの利益は月間アクティブな販売員1人当たり4ドルを超えていません。つまり、Kirby Cochranは、WUNの利益の100%を秘密の候補者に引き取る契約を結んだのです」と訴訟では主張している。


Cochran氏は、同社のソフトウェアシステムを、Wake Up Nowに従業員の解雇を開始させた災害と判明したものでは機能しなかったものに置き換えた。


「当時については、混合物中にニンジンを含めることを怠ったために毎日のスムージーを準備している別の従業員が嫌になった」と訴訟では主張している。


株主は2014927日にCochran氏を解任することを決定した。


この訴訟では、コクランとその訴訟で指名された他の人たちから少なくとも1050万ドルが要求されている。 しかし、コクランの24日の破産申請は、最大5億ドルの債務と5万ドル以下の資産をリストアップしている。


Cochran氏、昨年、CEO、キャッスル・アーチ・リアル・エステート・インベストメント・カンパニーおよびその関連会社であった会社を引き継ぐために任命された受託者によって昨年訴えられた。


同社は、投資家から7,300万ドルを調達した後、幹部にうまく支払っている間に不動産市場が2006年頃に崩壊していたとしても、土地や開発に無駄なく費やしたと主張している。
----------------------------------------------------------






日本でもWake Up Now



 もちろん、このWake Up Nowは日本にも上陸している。









 このブログは20111124日から2012610日まで記事を更新しているが、ほぼ、セミナーの告知情報である。なぜか、九州でのセミナーが多い。セミナー講師が九州出身であることが影響していたのだろう。



 さて、再び、アメリカ本社幹部の過去を紐解いてみよう。




Darren Olayan氏「詐欺」告発記事










 こちらもGoogle翻訳で訳してみた。



-----------------------------------

Darren OlayanWake Up Nowのマスターディストリビューターであり、彼はメンターとして彼の信頼を得ています。


その後、彼は私のダウンラインに近づき、オンラインマーケティングサービスのためのお金を頼んだ。コールセンターはsocialrevenuebuilder.comと呼ばれている。


1210日までにシステムを使用できるようになっていました。


私たちはお金を取り戻すことができません。私たちが使用するシステムはありません。


Darren Olayanは、若い成人と一緒に泳ぐサメで、価値のあるものすべてを取り入れています。


Darren OlayanMBAと法学の学位を持っている評判の良いビジネスマンです。私は彼の詐欺の中で餌やポン(意味不明)であるかどうかは決して知りませんでした。


彼は私と私の他のチームメートを使って、私たちの知らないうちにダウンラインからお金を得ることができました。彼はパートナーと盗んだ15000ドル以上あります。


彼は私たちにお金やサービスをもたらす意思がありません。


Darren Olayanのような大企業の男性は、若い成人を利用しています。


私たちが彼にそれに直面したとき、彼はチーム全体を怠惰な臆病者と呼んでいました。彼はWake Up Nowの創設者に賛成するように私たちに指導することになっています。


 彼は私たちをバスの下に投げ捨て、創業者をバスの下に投げつけました。


彼の唯一の戦術は、クリスマスの直前に荒廃したチームを中傷することです。


Darren Olayanと仕事をしている人には、彼が深海で泳ぐサメであることを警告しています。


彼の次の犠牲者はあなたかもしれないので、あなたのマスターディストリビューターが誰であるか、そしてあなたを奪うつもりであるかどうかを真剣に注意してください。


私たちは決して私たちには起こりそうにないと思っていました。私たちはDarren Olayanに彼が私たちを詐欺しなかったことを証明するチャンスを与えて楽観的でしたが、彼はそうしました。


この詐欺には、チーム全体の数々の活発なフード(覆い)がかかります。 お気をつけください。


私はまだそれを私たちにした会社ではないので、まだWake Up Nowを代表しています。


それはDarren Olayanという名前の個人でした!

-----------------------------------
 


 勇気あるアメリカ国民が、Darren Olayan氏が詐欺師であることを告発した3年ちょい前の記事である





 また、Darren Olayan氏及びWake Up Nowに関する動画のいくつかは、今でも視聴できる。



 

 

 



 このDarren Olayan氏は、現Divvee SocialCEOである。






 詐欺師がCEOである。






 このことを日本のDivvee登録者は知っているのだろうか?







 過去に問題を起こしたと言えば、日本のDivveeの幹部で宮崎市在住のI氏と共通する部分もある。やはり、似たもの同士は国境を越えて通じ合うものがあるのだろうか?




過去に何かをしでかした連中は、「デジタルタトゥー」の怖さを知るべきだ。







日本人よ、Wake Up Now




 冒頭で紹介したウィキペディアには、以下のようなことも書かれている。




-----------------------------------

Divveeは)米国、ラテンアメリカ、スペインで非常に人気が高まっているマルチレベルビジネスです。このマルチレベルのビジネス機会は、モバイルプラットフォームの適格性と解説アプリケーションに基づいています。

面白いのは、これもピラミッドスキームであるということです。何千人もの人々が25ドルの支払いを申し込んでいます。彼らは、1ヶ月あたり500ドル以上を獲得すると約束し、2017110日に開始する予定です。

2017122日現在)そのアプリケーションでお金を稼ぐことを約束してから12日が経過し、まだルールが変更されています。まだ盲目的に信頼している人もいます。創業者の言うことを信頼しなくなった人もいれば、 彼らが約束していることはまったく間違っています。

-----------------------------------




 日本のDivvee登録者の皆さん、大丈夫ですか?





 甘い夢物語を見ていませんか?






 夢から覚めましょう。




 ま・さ・に、






Wake Up Now








なのである。





今後も取材を続けていく。





【追記】



 2017127日(アメリカ時間26日)のDivvee本社公式のメッセージです。

 こちらもGoogle翻訳です。



1ウェブ上では写真の更新がよくされるが、それは携帯電話に移転されることがよくできていない。モバイルでも正常に動くまでオープンしない。モバイル駆動時の写真がRSプログラム上に表示されるようするために懸命に働いている。


2プロファイルを更新率が5%以上上昇し、44%となった。
プロフィールの更新率が70%でなければならないという噂が出回っているが、私たちは、更新速度と関連したいくつかの拒否率も持っていない。RSが開始される前にあなたがもう少し更新速度をアップロードしたいだけだ。


3私たちは、今日、私たちの顧客と信じられない会議をした。彼らはあなたの意見にお金を払うことで、非常に興味を持っている。彼らは世界中で私たちが正しく働くことを確実にしたいほしい。だから、私たちは、世界の拡張のために懸命に働いており、土曜日にそれについて非常に詳細にお知らせをする。

この日を開始する前に予想していたよりもはるかに巨大な顧客が関心を示しているのだ。世界フォーチュン(Fortune500社があなたの意見を求めている。


私たちがしていることに興味を持っている世界最大の企業のリストを受け、それが土曜日に世界の拡張計画をもう一度探って見る理由である。これは非常に良いニュースである。


4登録の問題(enrollment issue)に関連フォームがフェイスブックに投稿されました。バックオフィスに上げる作業は進行中である。


RSがほぼ可能な段階に達していた。私たちは、あなたができるだけ早く、RSを開始できるように、できるだけ懸命に働いている。
RS開始が新規登録オープンとタイトに関連していないが、直接的に関連はしている。-筆者注、RS開始に際しての新規登録もオープンするという言葉である。


6無料会員が有料会員にアップグレードする際TBS上の空席に自動的に位置される。その無料会員-筆者注、有料会員転換した無料会員-が推薦した無料の会員も一緒に動いたのである。


Divveeロゴを散りばめたTシャツやその他の物品のサンプルを受けた。承認を受け、オープンする予定である。







【お願い】

 市民メディアみやざきCMMでは、今回の「Divvee Social」に関する情報を収集しております。「登録解除のため返金を求めたが返金されない」「勧誘がしつこくて怖い」「誰にも相談できない」等々、Divvee Socialに関する情報をお持ちの方、不安を感じているが周囲に相談できる人がいないとお悩みの方、ぜひ、市民メディアみやざきCMMにご連絡をください。

 お待ちしております。

 また、返金トラブル等で、すでにDivvee側と問題になっている場合は、お近くの消費生活センターか、または弁護士にご相談ください


 ・メールアドレス infobar@cap.bbiq.jp
 ・電話番号    080-5603-9244(担当:大谷)




【お願い】

 市民メディアみやざきCMMでは、大手マスメディアが商業的、時間的な制約で伝えることができことを市民メディアが補完するカタチで伝えることができないかと考え、活動を行っています。
 誠に心苦しいお願いではございますが、今後も継続的な情報発信ができますように、皆さまからのカンパをよろしくお願いいたします。
--------------------------------------------------
・1口1000円
・宮崎太陽銀行(銀行コード0591)
 大塚支店(支店コード017)
 普通口座 1124478
 名義人 オオタニ ノリフミ
申し訳ございません。振込手数料はご負担ください。
--------------------------------------------------
 どうぞ、よろしくお願いいたします。
 市民メディアみやざきCMM  大谷憲史

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…