スキップしてメイン コンテンツに移動

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?


(お詫び:PCでは問題ありませんが、スマートフォンで見ると改行スペースがかなり空いているところもあります。レイアウトの問題です。申し訳ございません。)





 これまでお伝えしてきた1月8日のセミナーでは、1月15日から20日までのサイトのリニューアルを終えて、21日に再スタートするということだが、稼働した、という話は聞かない。


 そのような中、アメリカ・ユタ州のアメリカ本社に出かけていたK氏から、情報が流された。



 以下がそれである。








ということである。



 K氏曰く、「更に揺るぎない確信」ということなので、これで確定だろう。


 ここで気になるポイントを挙げると、ほとんど全てになるが・・・。




 これまでとの大きな相違点は、以下の通りである。


・今までのランク&シェアのアプリのダウンロードから、今後はアプリのプロモーションビデオを見るだけでポイントと報酬が発生する。

・モバイルデバイスにアプリをダウンロードをしないため、メモリー容量を気にしたりする必要もなくなる。
・もちろん、プロモーションビデオを見てアプリをダウンロードしたい方はできる。

・ランク、つまり星評価やシェアをしたい方もできる。

・然しながらポイントと報酬にはダウンロード、ランクそしてシェアは不要となる。

・新規登録は、プロファイルの編集が終了後再開される。





 グランドオープンし、さらにサイトリニューアルでこの21日から再スタートをするだろうと言うなかで、ここまで変わるとは、これまでセミナーに参加してきた方々にはどうやって説明するのだろうか。


 さらに、情報を細かくみていく。




1 MAPS


MAPSは
①MAモバイルアプリ
②Pは製品、つまりProduct
③Sはサービスの頭文字です。

 これは、1月16日の福岡でのセミナーでも説明があったので、これ以上変更されることはないだろう。



2 スタートはMAから



PとSは後に開始されます。

 「MA」とはモバイルアプリのことで、これを先にスタートさせ、「P」であるプロダクツと、「S」のサービスはあとからのスタートとのこと。

 しかし、16日のセミナーでは、半年後にスタートする予定のプロダクツとサービスも、モバイルアプリと同時にスタートさせると説明している。食い違いがあるが、K氏の情報が正しいのだろう。





3 ポイントは1~20ポイント



  MAにおけるポイントが、これまでの一律1ポイントから、変動制(1~20ポイント)になったことは、16日のセミナーでも説明している。



4 コミッションは0.10ドル~0.50ドル



 日本円にして、約12円から約58円となる。これまでは、25円から50円とされていたが、さほど大きな変更ではないようだ。



5 MAの配信



 毎時間5動画が、Divveeのバックオフィス(個人の管理ページ)に配信されルトのことだが、動画は英語版ではないかと思われる。


 無料のアプリ、特にゲームアプリを使っていると、15秒から30秒程度のアプリ紹介動画が流れることがある。言葉はなく、映像だけなので、まさに、「観るだけ」なのだが・・・。


 これらの動画はどこから配信されるのだろうか。

 
 これまでの説明であれば、「AD NETWORK」とアプリ制作会社、Divveeのことしか取り上げられいないが、動画に関する説明は私が知っている限りではセミナーでは行っていない。


 仮に、YouTubeにアップロードされたものを、そのURLをバックオフィスに送る場合、1時間に5配信ということが、YouTubeの利用規約である「短時間に大量のコンテンツのアップロード」に抵触するかも知れない。


 1時間に5配信ということは、12分に1本、1日に120本となるが、果たしてこのような数の動画を継続して配信することができるのだろうか。自動配信するシステムがあっても、Divveeのサイトの脆弱性をみれば、かなり怪しい。



6 合計5デバイス使用可



これはこれまでのセミナーでも説明されていた。変更はないようだ。



7 コミッションの支払い



 これまで大まかに週締めであることは説明されていたが、今回、具体的な情報が示された。これで確定だろう。


8 コミッションの受取方法



 問題は、このコミッションの受け取りである。

 最新の説明では、


① 指定銀行振り込み(複数銀行への振り込み依頼OK)
② クレジットカード(VISA,Masterのみ)口座への振り込み
③ Divvee(ディ-ヴィー)発行デビットカード($5掛かります)


 この②であるが、クレジット口座への振り込みというのが分からない。そもそも、このようなことができるのだろうか。私には分からないが、振り込みができるのだろう。


 ③のデビットカードは、これまでのいセミナーでは「Divvee クレジットユニオン」と言う名称が使われていたが、5ドルの手数料については説明されていない。

 それと今回に、バックオフィスのダッシュボード上に表示される「E Wallet(電子財布)」でコミッションの受け取り方の指定ができるそうだが、そもそも電子マナーで海外送金ができるかどうか、ギモンが残る。この件は確認したい。


 K氏によると、「今後も続々と新たな情報が公表されます。都度、お知らせして参りますので楽しみにお待ち下さい」とのことだが、すでに、1月10日にグランドオープンしているということは、すでにこれらのことが行われていなければならないはず。


 オープン後のちょっとした手直し、見直しであれば分かるが、何も稼働していなく、情報だけが更新されていく手法が、このネズミ講、いや、MLMの世界で通用しているのだろう。


それにしても、Divveeの登録者は忍耐強いものだと感心してしまう。表で怒りを爆発できない事情を抱えているのだろう。


 これらの情報をもとにして、今後も各地で説明会が行われるとのことである。今後は、講師によって説明する内容が違う、といった致命的なことは起きないだろう。



 引き続き取材を続けていく。





【お願い】


 市民メディアみやざきCMMでは、今回の「Divvee.Social」に関する情報を収集しております。「登録解除のため返金を求めたが返金されない」「勧誘がしつこくて怖い」「誰にも相談できない」等々、Divvee.Socialに関する情報をお持ちの方、不安を感じているが周囲に相談できる人がいないとお悩みの方、ぜひ、市民メディアみやざきCMMにご連絡をください。お待ちしております。

 ・メールアドレス infobar@cap.bbiq.jp
 ・電話番号   080-5603-9244

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22