スキップしてメイン コンテンツに移動

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが






【追記:2017年1月18日】

グランドオープン直前の
18日に東京で行われたセミナー(事業説明会)では、マイナンバーは必要なく、適当な9桁の数字を入力すれば良いということになったようです。




【追記:2017年1月19日】


 その後、1月16日に行われました福岡でのセミナーで、やはり「マイナンバーは必要である」との認識を講師が示しました。
 

 講師によって対応が違うのでですが、グランドオープンしているにも関わらず、日本チームの迷走が続いているようです。



--------------------------------------------------


 さて、2017年1月10日、無事に(?)グランドオープンを果たしたようだが、前回「2017年1月8日東京での事業説明会」でお伝えしたように、1月15日から20日までサイトのリニューアルを行っているとのこと。




グランドオープンですぐにリニューアル作業中?



グランドオープンしてすぐに、アメリカ本社から、次のようなメッセージが配信された。それをDivvee.Social.japanがLINE@で配信した。





【資料11】





☆グランドオープンなのにシステム停止中






 このメッセージにも、グランドオープン後のシステム停止について言及しているが、ここには期間は明記されていない。


 ・急激な登録者の増加で一時的にシステムをストップ
 ・新規登録の一時停止
 ・トップリーダーによるランク&シェア
 ・1000人よるアプリテスト
 ・問題ないことを確認後、全会員へ配信開始


 これらのことを1月20日までに終わらせて、再スタートと言うことなのだろうか。


登録者が増えることは予想されていたことであり、アプリテスト等もグランドオープン前のベータ版でやっておかなければらないことである。


 グランドオープンまでの計画がずさんであることは明らかで、サイト自体のセキュリティも怪しいものである。

 何を急いでいるのだろうか。
 日本だけでも15000人の登録者(1月8日セミナーでは10,000人と言っていたが)がいるわけで、多少のアプリの出入りはあるにせよ、アプリの過剰評価になる可能性は十分にある。102の国と地域からの大規模ダウンロード&評価が毎日のように行われれば、評価だけではなく、アプリのランキングにも影響を与え、GoogleやAppleは当然規制するだろう。そうなれば、アプリ制作会社はGoogleやAppleから永久追放だろう。

この「不正操作」に関しては、1月8日のセミナーでも取り上げらていたが、果たして「ランク&シェア」がきちんと機能するのだろうか、ギモンである。

「AD NETWORK」に12社が参加し、ディズニー等の大企業と提携しているとDivvee.Corporateは説明しているが、これも甚だしい怪しい。




☆毎日の仕事が変わった?




2017年1月15日、LINE@にDivvee.Corporateからの情報が掲載された。

【資料12】












 



 1月10日(日本時間11日)にグランドオープン。

 当初の登録者を5,000人と見込んでいたものの、実際はそれを大幅に超える200,000人以上が登録したため、システムのアップグレードが必要とのこと。

さらに、1月15日から20日までリニューアル中であることが明らかになった。


 102の国と地域でDivvee.Socialを展開するのであれば、すべてを予想した上でサーバーの強化はグランドオープン前に済ませておかなければならない。


 また、法人登記もアメリカとコロンビアだけで、日本を含めた4カ国が法人登記手続き中とあるが、法人でもなんでもない任意団体が日本における「個人情報保護法」等を遵守できているのか、甚だギモンである。

 肝心な支払いシステムもずさん。

 「ギフトカード」と「E-ウォレット」が用意されるとのことだが、これもグランドオープン前に完了させておかなければならないことである。

 ギフトカードについては1月8日のセミナーで、

-------------------------------------------------
200ポイントでギフトカード100ドル、約1万円ですから、600ポイントなら、300ドルだから約3万円のギフトカードに換えられます。

 「換金できるのか」と質問されますけれども、たぶん、できないです。

 JCBのギフトカードであれば、換金してくれますよね。これの場合は電子マネーみたいなのですから、買い取ってくれないと思います。
 一応、(ギフトカードには)VISAが付いていますから、だったらどこでも使える。VISAが使えるところでしたら。
-------------------------------------------------

と説明している。

 同じくE-ウォレットについては、1月8日のセミナーでは取り上げられてはいない。「Divvee クレジット ユニオン」という銀行提携のデビットカードを発行していると説明したいたが、その後、この「E-ウォレット」に変わったのだと思われる。もしかすると、このデビットカードがE-ウォレットなのかも知れない。
 そして、肝心な「アプリ」だが、上記のアナウンスでは、アプリから「動画」視聴に変わっている


 当初、アプリのダウンロード&評価で収益が得られるということでDivvee.Socialに登録したわけで、いざ、グランドオープンして走り出した途端に、「ちょっと変更しまーす」ということで、目的地であるメインの仕事を変更することは、詐欺だと言われても不思議ではない。




☆アプリから動画視聴へ?





 動画視聴での収益モデルはすでに存在している。

 YouTubeである。

 アメリカ本社のDivvee.Corporateも積極的にYouTubeに動画をアップロードしている。

・Divvee.Corporate
  https://www.youtube.com/channel/UCobQE3HCW7_uHGTBmmYb_Ng

 自前のプラットフォームで動画を配信するのか、YouTubeを利用するのかは今のところ明らかにされていない。

 しかし、1時間に5本の動画、1日で120本の配信は、YouTubeにおける「スパム行為」に抵触するおそれがある。YouTubeではスパム判定の基準を明らかにしてはいないが、常識的に考えても異常な動画配信数である。
 それを回避するためには、複数のチャンネルを開設し、例えば5チャンネルであれば1時間に1本となる。

 筆者も動画サイトに投稿しているが、毎日となると投稿だけではなく、動画の管理も大変である。

 しかも、提供される動画は英語版と考えられる。
 そうなると各国語版用に字幕を付けなければならない。字幕作業も大変である。

 それらのことをすべてDivvee.Corporateができるのだろうか。

 外注という方法もあるが、それではDivvee.Corporateに収益は入ってこない。

 YouTubeは公表していないが、1回の動画再生で、0.01円~0.05円が収益となり、チャンネル管理者に支払われる。クリック単価は広告主のオークションで決まるが、有名YouTuberであれば単価は上がる。

 例えば、Divvee登録者20万人が1つの動画を再生した場合、2,000円~10,000円が収益となる。
単純計算ではあるが、1時間で5本、1日で120本配信したら、240,000円~1,200,000円となる。

 それらに何割かを登録者に分配していくことになるのだが、現実的には難しいだろう。

 ただ、YouTubeではなく独自のプラットホームで動画を配信するのであればできなくもないが、動画コンテンツを作り続けなければDivvee.Socialのシステムが維持できないとすれば、破綻するだろう。


 その収益に関してもこれまでは0.25ドル~0.1ドルとしていたが、上記のアナウンスでは0.25ドルの上限が取り外され数ドルのコミッションもあると変更している。


 果たして、実現できるのだろうか?

 というか、コロコロ変わっているので、何が本当のことなのか、分からない。


 グランドオープン後の突然の変更で、登録者たちは、今、何を考えているのだろうか。

 グランドオープン後の声を某大手掲示板から拾ってみた。




☆登録者の声




【資料13












☆セミナー(事業説明会)は盛会?




 このような状況にあって、なぜかDivvee.Social.japanは、事業説明会であるセミナーを続けている。



 セミナーを続けなければならない理由があるのだろうか?



【資料14




 東京、大阪、名古屋、福岡等、グランドオープン後も精力的にセミナーを開催している。福岡では満席になるほどである。



 現在、新規登録ができない状況でセミナーを開催するメリットがあるのだろうか。






また変わった?





 さらに、Divvee.Social.japanから情報がアナウンスされた。





【資料15






 特にコメントはないが、「動画を視聴してからアプリをダウンロードする」という流れになったようだ。


 アプリ評価もあるようだが、ポイントとコミッションの発生はアプリではなく、動画だけのようである。


  これで確定だろうか?


  これで走り出すことができるのだろうか。


  それにしてもグランドオープン後の迷走を見ていると、破綻も時間の問題である。




☆引き続き取材を





  1月15日から20日まで、サイトのリニューアルとのこと。

  果たして21日から正常に稼働するのか、今後も様子を見ながら、取材を続けていきたい。


 (次回、【Divvee.Socialというビジネス5】日本幹部の1人は・・・(仮)、掲載時期未定)


 【お願い】  市民メディアみやざきCMMでは、今回の「Divvee.Social」に関する情報を収集しております。「登録解除のため返金を求めたが返金されない」「勧誘がしつこくて怖い」「誰にも相談できない」等々、Divvee.Socialに関する情報をお持ちの方、不安を感じているが周囲に相談できる人がいないとお悩みの方、ぜひ、市民メディアみやざきCMMにご連絡をください。お待ちしております。


 ・メールアドレス infobar@cap.bbiq.jp
 ・電話番号    080-5603-9244

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分】
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め、判決は2016年5月18日

【宮崎市民必見!】宮崎市議会内村健久市議、不倫訴訟に「議員活動の妨害」と主張するも不倫を認め...投稿者 skywalker11




2016年4月21日のTBSテレビ・Nスタ内のコーナー「マルトク特命取材班」で、全国報道。

しかし、放送のあった時間帯は、地元宮崎の系列局であるMRT宮崎放送では「ニュースNEXT」というローカルニュースを放送。

このようなニュースが全国に流れていることだけではなく、内村健久市議が不倫で裁判沙汰になっていること自体を知っている市民・有権者は少ない。

内村市議の不倫相手は宮崎市役所職員の妻。

2年前、その妻が結婚式を挙げる前後から不倫。

夫が妻の様子を不審に思い、LINEを確認したところ、不倫が発覚。LINEには内村市議と妻との生々しいやり取りが。ホテルで密会を繰り返していた。

内村市議は、市議会で子どものLINEの使い方について発言。その市議本人がLINEで・・・

夫は妻と別居。

内村市議には妻子がいる。

昨年3月、夫は内村市議に対して慰謝料請求を行ったが、代理人からの回答書には「そのような事実はなく内村とは無関係」と不倫関係を否定。

昨年、市議選選挙前であることをいいことに、内村市議は開き直りの態度。また、訴えは議員活動への妨害であるとまで言い出す始末。

再選を果たした内村市議は子ども・子育て支援対策特別委員会に所属している。

慰謝料支払いに応じない内村市議に対し、夫は昨年6月裁判を起こしたが、内村議員側の主張は不当訴訟だとして不倫を否定。
夫は証拠としてLINEの記録を提出すると、内村市議は不倫事実を認めて男性に対しようやく謝罪した。



裁判は2016年5月18日、宮崎地方裁判所で結審する。



それを受けて内村健久市議は、議員辞職を含めて今後の対応を考えるとのこと。


















「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22