スキップしてメイン コンテンツに移動

芸術の秋!人気の美術館 ベスト10 1位「金沢21世紀美術館」 2位「大塚国際美術館」 3位「三鷹の森ジブリ美術館」 ~旅行のクチコミサイト フォートラベル調べ~





フォートラベル株式会社




 フォートラベル株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 井上英樹、以下、フォートラベル)は、運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル」にて、フォートラベル会員のクチコミの評価をもとに、「人気の美術館ランキング(国内・10月版)」を決定した。ランキングは以下の通り。




【芸術の秋! 人気の美術館ベスト10 (2012/10/1付)】

1位 金沢21世紀美術館 (石川県)
2位 大塚国際美術館 (徳島県)
3位 三鷹の森ジブリ美術館 (東京都)
4位 国立西洋美術館 (東京都)
5位 箱根ガラスの森美術館 (神奈川県)
6位 足立美術館 (島根県)
7位 国立新美術館 (東京都)
8位 大原美術館(本館) (岡山県)
9位 地中美術館 (香川県)
10位 彫刻の森美術館 (神奈川県)

※ランキングは2012/10/1付のもので、現在と異なる場合がある。




 国内の人気美術館ランキング1位に輝いたのは、石川県の「金沢21世紀美術館」。

 2004年にオープンして以来、金沢の人気スポットとして例年たくさんの人が訪れている。

 実際に訪れたユーザーのクチコミからは

・周りの雰囲気、建物の特徴、中身の充実度、どれをとっても日本の誇る美術館。アクセスもいいので観光にはもってこい。
・今までの美術館にはない楽しみがある美術館。作家の自由な発想で作られた作品の数々は斬新で楽しめる。空間そのものがアートになり、自分自身も作品の一部になれるものもあっておもしろかった。

といった、この美術館ならではのユニークな展示を楽しむたくさんの声が寄せられた。また兼六園や金沢城公園と隣接しており、一緒に訪れる人も多いようだ。


 2位は徳島県の「大塚国際美術館」。

 ユーザーからは

・世界の名画などが陶板を使って色・サイズ共に忠実に再現されている。陶板なので自由に作品に触れたり、写真を撮ったりすることができる。
・大きな礼拝堂もオリジナルと同じ大きさで作られており、いくら見ていても見飽きない。
素晴らしかった。
・本物そっくり。でも本物以上に楽しめる。名画が修復後・修復前と並べて展示されているのが楽しい。
・古代から近代までの西洋絵画が忠実な色彩で再現され、これらを1箇所で見られる。1日で世界中を旅した気分になれて楽しい。

などのクチコミが寄せられた。忠実に絵画を等身大で再現した陶板と、館内のスケールの大きさに感嘆する人の多いことが伺えた。


 3位は東京都の「三鷹の森ジブリ美術館」。

 その名の通りスタジオジブリの作品をモチーフに作られた美術館。

 コメントからは

・ジブリ好きにはたまらない癒しの場所
・ジブリファンはもちろんのこと、映画を観たことのある人ならきっと一日中楽しめる場所
・何度行っても必ず新たな発見がある

など、工夫の凝らされた館内に大人も子ども楽しんでいるようだ。

 館内のカフェも人気が高く、このカフェならではのメニューを楽しむ人も多い。また、「入館チケットはジブリの映画のセル画。映画のワンシーンのフィルムが付いて思い出になる。」といった声もあがっており、細部までこだわった演出も人気の理由のひとつであることが伺えた。


 4位は、東京都の「国立西洋美術館」。

 訪れた人からは

・期間限定の特別展が開催されているが、常設展も有名な画家や彫刻家の作品が多数展示されているので、見ごえたえがある。
・毎月第2・第4土曜日は常設展が開放されており、無料で芸術に触れることができる。
・屋外に展示されている作品を無料で見ることができるのでよく訪れる。

といったクチコミが寄せられていた。芸術作品を気軽に楽しむことができることも人気の理由のひとつのようだ。

 また、この美術館のある上野公園内には「東京都美術館」「東京国立博物館」など数多くの美術館・博物館があり、それらと併せて複数の美術館・博物館を巡る人もいるようだ。
 

 5位は神奈川県の「箱根ガラスの森美術館」。

 コメントでは

・庭園、美術館、レストランと、一歩敷地に入ると外国のような雰囲気を存分に堪能できる
・ミュージアムコンサートがお勧め。館内に響く音色は非常に洗練されていて、とても素敵な時間を過ごすことができた。
・16万粒のクリスタルガラスを使った『光の回廊』が、日差しを浴びキラキラ輝く様子はとてもきれい
・思っていた以上に素敵な美術館で感動

などの声があがっており、多くの人が美しい庭園や館内に魅せられていた。

 また、カンツォーネの生演奏を聴きながら食事を楽しめる館内のレストランも人気が高く、訪れた人から満足の声が多く寄せられていた。

 6位以降は『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で三ツ星を獲得した庭園が有名な「足立美術館(島根県)」をはじめ、「国立新美術館(東京都)」「大原美術館(本館)(岡山県)」「地中美術館(香川県)」「彫刻の森美術館(神奈川県)」の順に、新旧問わず様々なジャンルの美術館がランクインする結果となった。



■国内の人気美術館ランキングベスト10のクチコミ、旅行記
1位 金沢21世紀美術館

2位 大塚国際美術館

3位 三鷹の森ジブリ美術館

4位 国立西洋美術館

5位 箱根ガラスの森美術館

6位 足立美術館

7位 国立新美術館

8位 大原美術館(本館)

9位 地中美術館

10位 彫刻の森美術館





PR TIMES


このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…