スキップしてメイン コンテンツに移動

ケニア:難民条約締約国はダダーブを見捨てるな――MSFが速やかな行動を要請





国境なき医師団(MSF)日本発
 
 
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の第63回執行委員会が、2012年10月1日~5日の日程でスイスのジュネーブで開かれており、各国政府首脳が集まっている。その一方、世界最大の難民キャンプであるケニアのダダーブでは、現在もソマリア人難民が過酷な状況と不安の中にいる。

 国境なき医師団(MSF)は、難民条約締約国に対し、ソマリア人難民の受け入れ国であるケニア政府とUNHCRへ全面的に協力することでダダーブの難民に対する責任を履行するようにと要請している。難民保護・支援向上のために、果断な方策の実践が必要である。

 MSFは、ダダーブ難民キャンプ群を構成するであるダガレイで、ベッド数200床の病院を運営。成人・小児医療、産科ケア、外科、HIV/エイズ治療、結核治療などを提供。栄養治療プログラムでは、現時点で400人以上の重度栄養失調児を対象としている。
 MSFスタッフは月平均1万4000件の診療を行い、難民と地元住民の患者1000人を受け入れている。そのほか、診療所4ヵ所を運営し、産前ケア、予防接種、心理ケアなどの基礎的な医療を提供中である。

 9月末にダガレイを訪れたMSFスイスのブルーノ・ヨッフム事務局長は「MSFは、人びとに提供されている支援の水準に大きな疑問を感じている。治安の悪化で、基本的な公共サービスや援助が著しく阻害されているためである。

 その結果、ダダーブの人びとは、再びコレラが流行したり、新たにE型肝炎が発生したりする状況に直面している」と話す。

 2011年以降、国際社会からダダーブへの資金援助が40%以上縮減する一方、難民数は増加の一途をたどって来た。
 
 雨季の始まりが近づく中、MSFは住居と衛生設備の不足に懸念を抱いている。

 現時点の一時的な援助が不十分なことは明らかで、深刻な人道危機がまたキャンプを襲うのは時間の問題である。

 MSFは、人びとの保護が十分でないことも遺憾に思っている。

 ヨッフムは「新たに到着した難民の登録が行われていない現状は、まったく容認できない。難民条約と国際協定に対する明らかな違反である。ケニア政府とUNHCRの間で、この深刻な問題の解決を目指して協議が行われている。MSFはその進展を望んでいます。難民登録は速やかに再開されなければならない」と指摘する。

 ソマリアへの大規模な送還は非常に早まった決断である。ソマリアは現在も武力紛争の渦中にあり、十分な保護や援助の提供が望めない。

 ダダーブの治安はこの数ヵ月でやや改善されたものの、難民たちはキャンプ内で著しい暴力に直面している。本来あるべき“安全な避難地”になっていない。MSFを含む人道援助団体の活動にも大きな差し障りが生じている。援助スタッフを標的にした新たな安全上の問題が発生したため、7月以降、MSFの外国人スタッフがキャンプに常駐して活動を続けることができなくなった。突発的な健康危機に適切に対応し、質の高い医療援助を提供するためのMSFの活動能力は、現在、危機に瀕している。

 MSFは難民登録の速やかな再開と、人びとの保護を保証する政策の実行を要請している。住居や衛生設備をはじめとし、人びとの最低限のニーズを満たすための対策も緊急に講じる必要がある。ダダーブの人びとの健康が、難民条約締約国の最優先事項となるべきである。

 1年前の2011年10月、ダダーブ難民キャンプで、MSFの援助スタッフ、モンツェラット・セーラとブランカ・ティエボーが、ソマリア人を対象とした緊急援助の活動中に拉致された。2人は現在も解放されていない。

 MSFは突発的な危機への対応は継続するものの、2人が解放されるまで、ソマリアにおける緊急援助以外のプログラム開始を見送ることにしている。
特定非営利活動法人 国境なき医師団(MSF)日本

このブログの人気の投稿

宮崎県日南市で持ち上がった『イクボス』市長のセクハラ・パワハラ疑惑?

【追記:2017年2月24日午前11時45分
 2月24日午前、崎田恭平市長代理人の弁護士からの『文書削除申入書』を受け入れ、本文の一部を削除しております。





☆日南市とは


 宮崎県日南市は、宮崎県の南部に位置し、東に日向灘を臨み、西は都城市・三股町、南は串間市、北は宮崎市に隣接している。2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査で、人口は54,090人。平均気温は18.7度で、年間を通じ温暖な気候のため、日本プロ野球、広島東洋カープのキャンプ地として知られている。(データは日南市ホームページより


 この日南市と言えば、2013(平成25)年、日南市の中心市街地・油津商店街の再生を進めるために月収90万円で「現地在住型の日南市テナントミックスサポートマネージャー」を募集したことが話題になった。

2015年11月には核となる『多世代交流モール』がオープン、テナントミックスサポートマネージャーの公約である『商店街の中に20店舗誘致・出店』もほぼ達成され、この3月に任期を終える。
 また、油津港には大型クルーズ船が寄港するようになり、今年は12(すでに1船は寄港済み)の大型クルーズ船が寄港する予定である。


☆崎田恭平市長とは

 日南市は少しずつ活気を戻しつつあるが、この立役者の1人が崎田恭平市長である。

「イクボス」市長が配った1枚の紙

2017年2月23日に開会した平成29年第1回定例議会後、非公開で議員懇談会が行われた。そのなかで、日南市(総合戦略課)の名前で、『市職員の市長随行実績』というタイトルのA4版1枚の紙が、各議員に配られた。

その紙を独自に入手した。

 そこには、平成23年度から平成28年度までの市長の県外及び国外出張に随行した市職員の人数が書かれている。

 平成23年度、24年度は前市長で、崎田市長は平成25年度からということになるが、前市長との比較も見てほしい。


『市職員の市長随行実績』(データ)

【県外出張】(件) 平成23年度 男23 女3 随行なし0 計26 平成24年度 男18 女3 随行なし1 計22

Daily Yon-go Hin-go(第1362回)「【Divvee Socialというビジネス】人を騙すって、どんな気持ちなんだろう?」

Divvee Socialは、今週末システムメンテナンスで一時サイトを止めるようです。が、そのことを日本チームは伝えていませんね。どうしてでしょうか?

 これまで、いろいろとDivveeについて調べてきましたが、表向き普通の商売をして、裏ではネズミ講まがいのセミナーやって、人を騙すって、どんな気持ちなんでしょうね?

 でも、僕らも実際、人を騙したり、ウソをついたりすることはあるかと思いますが、商売人がウソをついたらダメですよね。

 あの、西田天香氏も言っています。

「誠実がなくなると商いはひからびる」

 このDivveeについての詳細は、下記のブログ記事をお読みください。


☆関連記事
【Divvee.Socialというビジネス1】Divvee.Socialはネズミ講か!?

【Divvee.Socialというビジネス2】なぜ「マイナンバー」が必要なのか?

【Divvee Socialというビジネス3】2017年1月8日東京での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス4】無事に?グランドオープンしたが

【Divvee Socialというビジネス5】2017年1月16日福岡での事業説明会

【Divvee.Socialというビジネス6】これで確定か!?

【Divvee.Socialというビジネス7】世界中から「詐欺!」の声

【Divvee Socialというビジネス8】日本幹部の1人は・・・

【Divvee Socialというビジネス9】なぜ日本はFacebookの情報を使わないのか?

【Divvee Socialというビジネス10】また、変わった。



【Divvee Socialというビジネス11】確かにアメリカ本社へ行ってはいるが。

【Divvee Socialというビジネス12】アメリカ本社幹部たちの過去

【Divvee Socialというビジネス13】やはり、「詐欺」確定

【Divvee Socialというビジネス14】最新情報を伝えなくなった日本チーム

【Divvee Socialというビジネス15】日本が「Launch国」にランクアップ?

【Divvee Socialというビジネス16】2月1日(ユタ時間)、アプリ発動!?

【Divvee Socialというビジネス17】それでも続けるセミナーとは・・・

【D…